おまとめローンの審査に落ちたらどうしようと思われる方の疑問を解決

おまとめローンの審査に落ちたらどうしようと思われている方は、おまとめローンに対し様々な疑問も多くお持ちだと思います。

その様な方の為に、おまとめローンに思う疑問をピックアップし詳しくご紹介していきます。

勤務状態はどのような状態が該当するのか

勤務状態というのは、金融業者の種類によりマチマチです。公務員や会社員であれば、銀行や大手消費者金融であっても間違いなくOKとなります。

パートやアルバイト、契約社員、派遣社員、自営業者、フリーターは、中小の消費者金融や街金であればOKとなります。

公的援助を受けている人はどうなるのか

年金や公的援助を受けている方の場合、年金や公的援助を安定収入としてとらえている金融業者であれば、審査の対象となります。

公的援助を受けている方はほとんどの金融機関では扱っておらず、ほんの一握りの金融機関でしか対応をしておりません。あらかじめ調べて、審査の対象としている金融機関にご相談をしてみると良いでしょう。

返済履歴の状態が良くないと審査に通りにくいのか

返済履歴に傷が付いていると、審査に通りにくい傾向がございます。

滞納や未納の記載があると、金融業者は嫌います。これは、銀行や大手消費者金融だけではなく、中小の消費者金融や街金も嫌います。延滞常習者で返済にルーズな方と判断され、融資をする事は危険とみなされるからです。

おまとめローンを検討されている方は返済に困った方も多くいらっしゃり、中には滞納や未納経験者の方もいらっしゃると思います。金融機関は滞納や延滞を1番嫌いますので、その記録が個人信用情報機関に掲載されているのかをチェックしてみると良いでしょう。

記載が無い場合は、延滞や滞納の影響で審査が通らないという事はございません。個人で調べる事が出来ますので、気になる方はあらかじめ調べておく事をオススメします。

借入総額とおまとめローンの融資限度額が合っていなければ利用できないのか

借入金額の総額とおまとめローンの融資限度額が合っていなければ、審査の対象とはなりません。

いくら属性が良くても、金融機関のご利用限度額を超えていれば審査の対象にはなりません。ご自分の借金の合計金額をきちんと把握して、その金額に似合った金融機関のおまとめローンをご利用しなくてはいけません。

審査に家庭環境は影響するのか

おまとめローンはあくまでローンですので、大きく家庭環境が影響するとは言われておりません。

しかし、未婚よりは既婚者の方の方が審査に通りやすいとは言われております。また、借家より持ち家の方の方が審査に通りやすいとも言われております。

おまとめローンの審査に不安な方は、1人暮らしでも住民票を実家にして審査を受ける方もいらっしゃいます。その方が、審査に通りやすいのかもと思われるからです。

無職でも専業主婦でも審査の対象となるのか

おまとめローンは一般的なローンと同じ基準ですので、安定した収入が無ければ審査の対象とはなりません。その為、無職の方や専業主婦の方は審査の対象とはなりません。

しかし、専業主婦の場合は配偶者貸付により審査の対象となる金融業者もございます。専業主婦は、配偶者貸付OKのおまとめローンのご利用を検討しましょう。その場合、配偶者の在籍確認が必要となる場合がございますので、おまとめローンのご利用は配偶者にバレてしまいます。

注意してほしいのが、無職でも専業主婦でもOKとうたっている金融機関のおまとめローンがあるという事です。一見柔軟そうで助かる存在に見えてしまいますが、これらの多くは悪徳業者等の闇金融の可能性が高いです。甘い言葉には惹かれてしまいますが、安心してご利用出来る業者ではありませんので、絶対に手を出してはいけません。

どうしても審査に通りたいのであれば

どうしてもおまとめローンの審査に通りたい場合は、銀行や大手消費者金融ではなく、中小消費者金融や街金のおまとめローンをご利用しましょう。その理由は、中小消費者や街金は審査の基準が低いからです。

おまとめローンの審査に通るのか不安な方には大変適しているので、是非検討をしてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンを初めてご利用しようと思われる方は、色々不安もあると思います。これらのポイントを把握すると、お申し込みをしてもようかなと思われたのではないでしょうか。

おまとめローンは今までの多くの他社の借入を1本に出来る、大変頼りになるローンです。月々の支払いがグンと楽になりますので、辛い思いをされているのであれば絶対にご利用すべきローンとなります。