おまとめローンに落ちたら考えるべきポイント

一度おまとめローンの審査に落ちてしまうと、もう自己破産しか方法が無いのかと思われる方もいらっしゃると思います。

実は、そんな事はございません。一度、おまとめローンの審査に通らなくても、まだ手段が残っております。おまとめローンの審査はあくまでその業者の審査ですので、他にもまだ手段があるといえます。

一度おまとめローンの審査に落ちてしまっても、このような方法を検討してみると良いでしょう。

審査が甘い中小の消費者金融のおまとめローンに申し込む

おまとめローンの審査に落ちてしまった方は、銀行や大手消費者金融等の大手のカード会社の審査に通らなかったという方も多くいらっしゃると思います。

それらの金融会社は審査の基準が高いので、普通の属性の方でも審査に通らない事があります。銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまったら、それよりグレードの低い中小の消費者金融に目を向けてみましょう。

中小の消費者金融というのは、アコムやアイフル、レイク、プロミスのような大手のスーパー消費者金融ではなく、その他の消費者金融を指します。
これらの大手消費者金融とは違う、知名度が無い分審査が柔軟です。多くの中小の消費者金融で、おまとめローンの金融商品を取り扱っております。

また、おまとめローンという名称の商品が無くても、一般的なキャッシングローンにて大口融資でおまとめローンとしてご利用出来る場合もございます。中小の消費者金融はかなり間口が広がりますので、審査通過の望みが出てきます。

街金のおまとめローンをご利用してみる

街金というのは、中堅の消費者金融よりも規模が小さい金融業者で、地元に密着した対応をしてくれる業者です。

街金というと不安に思える方も多いと思いますが、貸金業法の許可を持っておりますので安心してご利用いただけます。街金で柔軟に審査をしてもらえたという体験談も多いので、目の付け所といえます。

街金の数というのは想像以上に多いので、地元にある街金を調べてリサーチしてみると良いでしょう。意外と柔軟な対応に、あっさり審査が通ったという声も多く挙がっております。街金は規模が小さいので、気になる場合はまずお電話でお問い合わせをしてみると良いでしょう。

もしもおまとめローンの審査にことごとく落ちてしまったら

あらゆるタイプの金融会社に申し込んでも審査に落ちてしまう場合は、債務整理を視野に入れてみてはどうでしょうか。おまとめローンの審査に通らないと、自己破産しか方法が無いのではと思われる方もいるようですが、そんな事ございません。

債務整理で、今の状況を抑える事を考えてみましょう。債務整理といっても、自己破産とは何ら変わらず大きなリスクを背負うのではと思われる方も多いと思います。しかし、債務整理というのはそれほどペナルティも無く、手続きも難しくありません。

厳しいなと思ったら、債務整理を視野に入れる事も考えてみましょう。オススメの債務整理方法は、個人再生です。

個人再生とは

個人再生とは、借金額の合計金額を5~10分の1に減額して、3~5年の間で完済する方法です。

どれ位の減額になるのかは、お客様や業者により異なるのですが、1番多いケースは5分の1です。減額すれば生活に支障なく返済が出来るようになる、というのが目的となっております。

500万円の借入総額の場合、5分の1であれば100万円まで借金総額が減るという流れとなります。100万円を5年で返済するという事は一年間で20万円となりますので、支払いが大変楽となります。

多少費用がかかるけれど借金が減額になる

弁護士や司法書士に手数料を支払うので別途費用は多少かかりますが、借金の総額が何百万円も減るという事は大変理想的な判断といえます。

自己破産とは違い資産を手放す事無く済む

個人再生は自己破産とは違い、資産となる住宅を手放す必要がありません。その為、審査を減らす事無く借金のみを減らす事が出来るのです。

個人再生手続き開始後には債権者からの強制執行も出来なくなりますので、今の借金除遺体が苦しいのであればすぐに検討する事をオススメします。

個人再生というのは、裁判所を通して債務の減額をする手続きとなります。債務整理が得意な弁護士や司法書士に相談をして、どうしたらよいのかをご相談してみると良いでしょう。どの弁護士も司法書士も気軽にお話を聞いてくれますので、引け目なくご相談をされる事をオススメします。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンの審査に落ちても、これらの方法で他の金融機関へ申し込みをしてみる事をオススメします。どうしてもどこの金融業者の審査にも通らない場合は、債務整理も視野に入れると良いでしょう。

おまとめローンを考えていた方は、借金の一本化が出来ないとガッカリしてしまうと思います。しかし、いざ債務整理となっても後ろめたくはありませんので、是非検討をされる事をオススメします。