おまとめローンの審査に落ちた方が注目すべき審査に通りやすい時期とは

おまとめローンの審査に落ちた方は、様々な理由により審査に落ちてしまった可能性があります。

審査に落ちてしまった原因を改善し、再度チャレンジする事ももちろん大事ですが、もう1つ目を向けてもらいたいのが、審査が通りやすい時期があるという事です。万全な状態にして審査に通りやすいタイミングにお申し込みをすれば、審査に通る可能性を高くする事が出来ます。

どのような時期が審査に通りやすいタイミングなのか、ご紹介致します。

審査に通りやすいタイミングはあるといえる

ハッキリとした名言とはなりませんが、おまとめローンの審査に通りやすいタイミングはあるといえます。

金融業者は顧客を取ってくる事で営業成績となりますので、顧客ゲットに勤しみます。年間のタイミング毎に得に重要視される時期があり、そのようなタイミングにお申し込みをする事で審査の間口が広がっているという事となります。それらのタイミングにお申し込みをする事で、通常より緩めの審査を受ける事が出来るという事です。

審査が通りやすい傾向があるタイミング

おまとめローンの審査に通りやすいタイミングは、これらが挙げられます。

月末

月末は、その月の売り上げが少ない場合、躍起になって顧客をゲットしようとする傾向があります。

月の終わりというのは、売り上げが少ない場合焦って顧客を獲得しようと考えます。もう少し売り上げを上げたいと思うタイミングですので、緩めの審査になる傾向がございます。

3月、12月

3月や12月は企業の決算時期ですので、おまとめローンの金融業者も決算時期の可能性がございます。その様なタイミングは決算時期前に良い経営状態に持っていきたいので、顧客を多く募って実績を上げようとする傾向がございます。

特に金融機関というのは3月決算の企業が多いので、業績を上げる為に審査を柔軟にして多くの顧客をゲットしようと考える傾向がございます。

7月、8月、12月

この3つの月はボーナスが出る企業が多いので、おまとめローンを使っている金融機関でもボーナス前に実績を上げようと考え、審査が通りやすくなる傾向があるようです。

金融業者のキャンペーン中

各金融会社ではキャンペーンを行っている事があり、このようなタイミングは顧客をゲットしようとしている傾向がございますので、審査に通りやすいといえます。

この様なキャンペーンというのは、各金融業者のホームページにて記載をしております。細かくチェックし、キャンペーンを行っている業者な審査が通りやすい狙い目といえます。

まだ貸金業を行って5年以内の金融業者

開業からの期間が短ければ短い程、審査が通りやすいタイミングとなります。様々な金融業者をチェックしてみると、貸金業を始めて間もない金融機関は審査に通りやすい傾向があるようです。

閑散期も審査が通りやすい傾向がある

審査が通りやすいタイミングは、繁忙期だけではありません。閑散期も顧客が少なく営業成績が上がらないので、審査が柔軟になる傾向があります。

1年の中で1番の閑散期は、6月と言われております。6月は顧客が少ないので、申し込むとスムーズに審査に通る可能性もございます。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンの審査に落ちてしまった方は、お申し込みする時のタイミングも考えて再度チャレンジしてみると良いでしょう。以前審査に通らなかった時と何ら属性が変わっていないのに、お申し込みの時期を考えてお申し込んだだけで審査に通ったという声も多く挙がっております。

お申し込みをするタイミングにより意外と審査は左右されますので、意識してお申し込みを検討してみてはどうでしょうか。落ちる原因となった属性や債務性を集成して絶妙のタイミングに申し込めば、今度こそ審査に通る可能性は高くなりますよ。