おまとめローン審査落ちはよくあること?

おまとめローンの審査落ちはあまり気にしないで下さい。即ブラックではないので、安心してください。

審査落ち=ブラックではない

おまとめローンの審査は、利用者の個人情報などを深く掘り下げます。

宣伝しているフリーローンやキャッシングよりも審査内容が厳しいです。過去の返済実績がないとダメだったり、スーパーホワイトなどでは、おまとめローンはできないと言われています。

キャッシングの前にクレジットカード利用などをして借金しても、完済している証拠がないと難しいといいますが、おまとめローンはそれ以上の個人情報が必要です。

反対に、金融事故である異動情報があるだけで審査落ち。それはフリーローンではOKのものであったとしても、おまとめローンではNGになってしまう程です。

総量規制対象外がポイント

申し込み情報で、消費者金融では年収3分の一がフリーローンの限度額です。ただし、おまとめローンは、これをオーバーローンできます。

要するに、担当者が総量規制を越えたキャッシングを許可するわけです。借入額が大きくなるということは、それだけ返済リスクも高まり、審査が厳しくなるのは当然です。

消費者金融の場合、銀行カードローンはまとめる事ができないので、銀行カードローンの借入額が大きいことでも審査落ちの要件になります。返済能力が第一の問題になるところですが、信用情報機関の金融事故、異動情報は一つでもあると、おまとめローンも借り換えなどの金融商品は手にすることができないのです。

意外な盲点 年齢制限

おまとめローンが総量規制対象外が多額ということは、返済期間が長いこともあります。

キャッシング対象は20歳以上は大原則ですが、上限としては金融業者によっていろいろです。そこで、返済期間で上限の年齢を越えてしまう場合は審査落ちです。金融会社では、60代から70代と幅があります。

ここで年金で返済したいは審査落ちですが、その他の収入だとしても、年齢制限によって審査落ちしてしまう場合があります。金融会社に問い合わせることで申し込みを検討してみることは必要です。

また、パートやアルバイトですと、昇給の見込みがなく、審査落ちしてしまうことも考えられます。フリーローンなら大丈夫な審査内容でも、おまとめローンはなかなか厳しい面が多いです。

金融事故以外の審査落ち要件

事故者ではない債務者でも、おまとめローンは簡単に審査落ちをしてしまいます。

フリーローンなら審査通過する方でも、おまとめローンはNGが多いため、今回は諦めようと思って下さい。クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融などのおまとめローンができますが、本当にいつかしたいと思っているのなら、延滞はしない、事故者にならないことが肝要です。少しでも返済額を減らすことで、できる時が来ます。

おまとめローンの審査落ち、あまり落ち込まないで。