おまとめローンの審査基準はとても厳しい

銀行や消費者金融のカードローン。申込が簡単ですぐに借入ができるのはフリーローンです。それとは別に、おまとめローンがありますが、あまり大々的な宣伝はしていません。

おまとめローンとは?

多重債務者限定のローンで、申込は借入金額が多重債務の合計金額になります。

消費者金融の場合は、銀行カードローン以外の金額です。その分の借入をして金融機関で完済して返済、こちらからの申告分を借りて、自分で完済をしておまとめローンの返済をするのパターンがあります。

いずれにしても、多重債務が1つのおまとめローンになることで、返済日は1日になり、混乱することもなくなります。各金融機関へは完済実績ができることで、個人信用情報機関的にもメリットがあります。

おまとめローンの審査は厳しい

メリットは、フリーローンよりおまとめローンの方が金利が低いことにあります。

金融機関では、高い返済能力がある方に対して、おまとめローンの契約をしてもらうことで多額の借入をしてもらえます。消費者金融では総量規制対象外ですから、年収3分の一以上のおまとめローンもOKです。限度額が大きくなるのですが、その分当然金利は小さくなります。

返済日1日、低金利と言えば、多重債務者にとっては高値の花。金融機関にしてみれば金利は低いですが、その分の収益は大きいキャッシングです。

ということで、返済額が大きいおまとめローンの審査は、かなり厳しいです。フリーローンにはない収入証明書は絶対に必要です。ここで、個人事業主などはかなり厳しい審査になるのは当然で、この先の収入見込まで審査内容に入ってきます。

転職したての勤続年数が短いとか、おまとめローンの額が収入の返済負担を圧迫してしまうようであれば、すぐに審査落ちです。金利は銀行の方が低いですが、審査もより厳しいものになります。

個人信用情報機関の内容

1つでも事故情報があると難しいと言われています。多重債務の借入件数もせいぜい3社。4社ですと、大手消費者金融も銀行カードローン審査もブラックですし、借入額も多いと敬遠されます。高い返済能力があったとしても、個人信用情報機関の事故情報があるとNGになってしまうようです。

任意整理、自己破産、個人再生などの債務整理経験者は、文句なく事故情報ありとしておまとめローンの対象外です。借入額が少ないとしても、支払いが負担なくとも、債務整理経験者は、おまとめローンができないと思って下さい。

おまとめローンのポイント

勤続年数は良く見られます。属性が良いに越したことはないのですが、パートやアルバイトでも利用できますが、収入に対応することを考えるとあくまでも少額です。

ただし、パート歴20年とあれば、正社員2年目よりずっと信用が高いといえます。魅力的な金融商品ですが、複数の借入が1つになって低金利。実際に審査通過する方は少ないとの口コミも多いです。