多重債務がやっぱりネック

まとめローン専用のサイトでは、普通のキャッシング以上に提出書類が増えます。それが所得証明書です。

多重債務ということは、各社それぞれに返済をしている状態ですが、借金をまとめる事ができれば1社に多額の借入をすることになります。そこで、決め手となるのが所得証明書の内容です。もちろん高ければ高いほど良いのですが、同時に勤続年数なども関係します。ということは、個人事業主などは審査がより厳しくなってしまうとされています。

勤続年数が長い、給与が上がることが予想されるのですが、個人事業主の場合は毎年が勝負です。一応、借金をまとめる事の審査は厳しさが増すと思って良いかもしれません。

大手消費者金融などでは、まとめローンを用意しています。多額になるほど低金利ですが、総量規制は対象外の金融商品です。借り換えとして、当社で多く借り入れがあれば利息収益が高くなるのですが、審査は厳しくなってしまいます。過去に信用情報で事故情報がある利用者はそれだけでも審査落ちです。延滞や債務整理がある方については、まとめローンは難関です。

まとめローンと言っても何十万円という規模だとしても、一応審査は厳しいですが、まとめる意味がある?と考える方もいますが、これが大きな意味があります。たとえ、多重債務何十万円であったとしても、1社と2社、3社では、新たな借り入れには大きな影響を与えます。

1社でも少ない多重債務が審査で焦点になりますが、まとめローンで何十万円というのもありなのです。本当に少ない場合はさっさと完済するのもありですが。

まとめローンの審査に通ったと言うのに、そのことが自信がついて余裕ができ、再び借りてしまう方もいます。このようなまとめることで、また借りたくなってしまう借り癖がある方については、まとめローンは勧められないのですが、審査にも通らないことが多いです。

借入額だけではなく、申し込みを何回も行う申し込みブラックや過去の借り方でズルズルと完済ができない方の場合、まとめローンの審査に引っかかってしまうことが多いようです。

借金をまとめる審査の場合、多重債務であることが条件になっています。それを分かっていての審査ですから、何かと厳しく細かくなってしまうのですが、基本的に事故情報がなく、3社以内の借入件数などで通ることもあります。1度審査落ちの場合は、しばらくしてから申込をするようにしてください。