審査に通る?債務整理に近いまとめローン

まとめローンは大手消費者金融や銀行などでは体金利の魅力的な商品です。しかし、申込はしたものの審査落ちかもしれない場合、その理由が借り入れ件数が多いのでまとめローンどころではなく、債務整理が必要な場合もあります。

そのような方は債務整理かまとめローン、究極の選択です。ここは債務整理をお勧めします。

問題はブラックリストだけ?

まとめローンの魅力は2つあります。それは、多重債務解消が出来ることと、低金利で返済を少なく出来ることです。

一方で、債務整理の魅力は、

  • 原則多重債務の圧縮
  • 利息額カットで返済減
  • 元金そのものカットで返済減

です。

比較をしてみると、断然債務整理の方が負担が小さくなります。

ただし、デメリットとしてブラックリスト入りというおまけが付きます。どうしても、ブラックは回避したいところで、まとめローンで月々返済額を小さくして、楽になりたいところです。

ところが、まとめローンを始めたけれど、やはり返済が大変で債務整理に至るケースもあることから、まとめローンと債務整理の天秤を考えている方は、債務整理が良いでしょう。

まとめローンの審査は厳しい

もともと債務整理を考えなければならない多重債務者は、まとめローンの審査は通らないでしょう。返済が困難でまとめローンは甘い考えです。

本来、少しだけ楽をしたい方のためのまとめローンです。余裕のある向けの商品です。

まとめローンNG項目として、

  • 借り入れ件数が多い
  • 返済トラブルを抱えている
  • 借入残高が多い
  • 勤続年数が短い
  • 年収が少ない

などです。

まとめローンに適した属性としては、安定した収入があることと今までに返済に困ったことがない方とされています。

多重債務で来月の返済ができないかもしれない、ヤミ金しか借りられないかも?、新規借入で審査落ちしてしまった。なんていう方は、全て審査落ちです。

貸金業者は甘くないけれど

ただし、貸金業者でまとめローンを勧めるところもいます。債務整理ではなく、うちでまとめローンにしましょうと言うところでは、返済期間を長く設定し、残高スライド方式でダラダラと返済額を決めます。

このダラダラは、返済額を小さくしてくれるので嬉しいのですが、元金が減少しないため、返済総額が倍増してしまうことも多いのです。要するに金融機関側が、長くまとめローンで引き止めることで儲けようという算段です。

一見月々返済額は小さくなりますが、実はその分多く返済していく結果になります。まとめローン詐欺と言われる手法です。

早く債務整理を

こうした詐欺まがいの金融機関の手法としては、返済が苦しい方への対策として取られることが多いです。返済が大変なら、返済期間を長くして負担を小さくしてあげましょうというのですが、そんな手に乗らないで債務整理をしますと言ってしまうことがお得なのです。

要するに、多重債務を解消してあげるためのまとめローンと語り、借入残高を多くして、長期間返済を迫ります。総量規制対象外で、年収に関係なく、多額の借金はできますが、実は大損していることになります。