まとめローンの審査は厳しい理由

まとめローンは審査を厳しくしていると言います。

最近は消費者金融の商品でも注目され始めていますが、金融機関側としてはあまり積極的ではないようです。それはなぜでしょうか?

厳しい審査はなぜ?

おまとめローンのメリットは借り入れする方としては、少しでも返済が少なくしたいからです。

これは消費者金融にしてみれば減収です。返済を少なくと言うのは、金利を低く設定しているからです。金利は低くしなければ商品価値はないですし、法律で100万円以上の借入に関しては、15%以下の設定にしなければならない様になっています。

多重債務を1つにするまとめローンの場合、100万円以上になることが多いため、必然的に低金利が実現します。だからこそ、多重債務者にしてみれば魅力なのです。

債務者に魅力なものは、消費者金融にしてみればリスクも抱える上に減収となると、審査も厳しくするのは当たり前です。

総量規制対象外の商品

総量規制は年収3分の一の消費者金融の借入ボーダーラインで、収入に対応した融資限度額ですが、まとめローンは総量規制対象外です。300万円の年収の方が100万円以上のまとめローンを組むことができます。

ということは、総量規制のフリーローン以上に審査は厳密に行うことになります。信用情報はもちろんですが、金融事故の有無、過去の借金の利用の仕方と返済状況などは、より細かに確認しなければならないのは当然のことです。

多重債務のためのまとめローンですが、借入先が多ければ審査に落ちますし、借入残高が多くてもNG。一体どの程度が良いのか?それは収入の高さ、借金返済が完済に至ることができるし判断された方のみ審査に通るようです。厳しさがまとめローンには存在しているのです。

下手なキャッシングが仇になる

多重債務をしたい方の中で、総量規制限界に近いときにしようと言うのは無茶なことです。利息が少しでも低くなるから、楽に返済をするために借入金が多いときに申込は、審査は通らないのです。

審査に通るポイントは、個人信用情報に金融事故がないだけではなく、余裕のある返済をしている方です。少なくとも、過去に完済の多い返済実績がある、十分な年収、クレジットカードの使い方で延滞などもないなどです。

属性に関しても、一定収入の会社勤め、勤続年数は少しでも長い方が良いですし、他社の借入で消費者金融ばかりではなく、銀行カードローンが含まれているのも良いとされています。

これは、銀行の審査に通った実績が評価されるからです。必要だからと短期間に複数の金融機関に借りまくっていたり、申込ブラックになっている場合は、審査は通らないようです。

返済状況は完璧にしておく

まず、延滞があると審査落ちです。担当者が信用情報以前に、現在延滞している状態での申込の場合、過去の分析前に審査落ちが決定します。

借入金額は年収を越えていないこともチェックポイントです。過去に3回以上の延滞もNGです。申込ブラックなども怪しいので、そのような過去がある方は、しばらく期間をおいて申込をすることです。その時に年収がアップしていると、審査に通りやすいと言います。申込のときの記録は残っているのですから。