まとめローンの審査 こんなことでも通らない


まとめローンの審査は基本的にキャッシングやカードローンなどと同じですが、その基準は高くなります。

本来、まとめローンは今よりも返済額の軽減を目的に借り換えする商品と思っている方も多いですが、金融機関としては少し意味合いが違います。

銀行系、消費者金融などのまとめローンの多くは、貸金業法のひとつである総量規制と関係なく多額の貸付をすることが多いです。まとめですから、多重債務者であることを承知で新たな借り入れするのですから、審査はより慎重に行われるのは当然です。

多重債務で苦しい方向けの商品ではなく、余裕のある方に対してのまとめローンと認識をすることが必要です。金融機関と消費する側も思惑が違うことから、審査の厳しさが強調されるのです。

審査の基準は、現在の収入と信用情報です。十分な収入があり過去に金融事故がない方は、当然まとめローンの審査は通ると思います。

しかし、銀行系ではそれでもダメなことがあります。その理由は、多重債務の借り方です。個人信用情報機関で今までの借入と返済の状況が記録されていますが、多重債務の部分で立て続けに利用を繰り返していたり、返済はしていたのにも関わらず借入癖のある方にはまとめローンの契約は難しいとされています。

ですが、消費者金融の場合は、このあたりの審査は銀行系ほど厳しくないのですが、金利が高め設定になるなどのデメリットがあります。それでも、現在の返済よりも少しでも負担が小さくなるのなら、まとめローンをした方が良いこともあります。

手元にお金が残らないまとめローン


消費者金融では、普通のキャッシングは総量規制が関係し年収の3分の一の借入しかできませんが、まとめローンは別の商品です。ですから、一応年収の審査はありますが、限度額が設定され現在の多重債務の解消が可能です。

最大返済期間と限度額が決まっていて、自分に入金されるのではなく消費者金融が多重債務を返済していく形のものもあります。この際に新たな借り入れはできず、まとめローンは返済専用になります。

まとめローンを考える時、多重債務の金額が180万円だけど200万円一応借りておくというような事ができないシステムになっています。これは、消費者金融の方が多重債務の状況を確認することができますから、絶対にごまかしがきかないことです。

あくまでも事務的なローンになってしまいますが、本気でまとめローンをしたい方には最適な方法でしょう。その際の審査で重要になるのは、年収です。まとめローンにした場合、その消費者金融に返済をする能力がどのくらいあるかを審査されます。

このような形のまとめローンでは、◯◯万円借りたら最低◯万円以上の返済と決まっていることが多いです。ですから、その◯万円の返済ができるかどうか、借入額によっても変わりますが、きちんと可能かどうかの審査は厳しいものになります。

まとめローンをしたけれど、手元には一切も残らず金融業者が変わっただけ。でも、返済は以前より楽になりましたというのが、この場合のまとめローンの最大のメリットになります。

考え方一つですが、きちんと返済したい方にしてみれば、この方法が妥当でしょう。下手に手元にお金が残ってしまうと、再び多重債務者になってしまう恐れは大きいです。

出世にも関係する?まとめローンの審査


まとめローンの審査で、ここはポイントと言う部分があります。

最初に銀行カードローンを使用、次に消費者金融、そして信販会社のカードなどで、いつの間にか多重債務になってしまうことがあります。

総量規制内の借入で返済も順調ですが、ある時まとめローンがあることを知った時、少しでも返済が減るのならと利用を考える方は多いです。月に2000円程度の減額だとしても、それが長い年月の返済なら総利息の金額では大差が付きます、

では、申し込みをしたいという時に、以前の借金のときと現在の経済状態がどう変わっているか?ここが肝心です。まとめローンの場合、信用情報を含むパーソナルデータも上がっていないと審査に通らないのです。

要するに、年収、勤務年数、順調な返済、完済経験などで信用情報のアップがないと、まとめローンの審査が通らないのです。多重債務者で年収も下がって、とにかく苦しいからまとめローンという場合の審査は通らないものだと思った方が良いかもしれません。

金融機関としては、多重債務でも返済をしていく過程で真面目に返済をしているのは当然ですが、収入もアッブしている、金融事故も起こしていないなどの事実で、多額の融資実行をしてくれるのです。

苦しいからまとめローンというのは消費する側の都合ですが、そんなに簡単なことではないと言うのは、厳しい審査でもわかる通りです。多重債務の多額の借入額を一手に引き受けるのですから、返済能力の高さはどうしても求められることになります。

したがって、普通のキャッシングなどよりも審査が厳しくなってしまうのは当然のことと言えるでしょう。

こうなったらまとめローンの審査は通りやすい


多重債務でまとめローンをしたいときには、1つでも債務先を減らすほうが良いと言われています。

金融機関の信用では、3社で90万円と2社で100万円の多重債務者では、信用度が高いのは2社で100万円だと言います。借入額は高いのですが、2つの金融機関からしか借りていないことが審査対象になるのです。ですから、まとめローンに申し込みをする前に、できるだけ借入先を少なくしておくことが審査のコツです。

最近では、銀行でも消費者金融でもパートやアルバイトなど一定の収入があれば、借入ができます。そこで、まとめローンに至る場合は、このような不安定な立場ではなく正社員にランクアップしたタイミングでの申し込みが良いと言われています。

ただし、転職の場合は別です。勤務年数も審査対象として大きいポイントになりますから、たとえ年収が上がったとしても、転職してすぐの場合はまとめローンは少し待ちましょう。年収が300万円から1000万円になったとしても、一応勤務年数はポイントになってしまいます。せめて、1年くらい経ってからの申し込みの方が審査は通りやすいです。

日常的な良い変化として、結婚した、固定電話を付けたということでも審査が通りやすいと言われています。固定電話と言うのはきちんと家庭に入り、出費が少なくなるという希望で結婚は落ち着いたと判断される要因になります。

審査内容の公表はないのですが、様々なデータからここは好転している点が多いこと、生活や身分の良い変化がまとめローンの審査には好印象を与えるのです。反対に、会社がクビになったり、年収が下がる、離婚などがあると、まとめローンの審査は厳しくなってしまうとも言われています。

過去の返済の信用情報ばかりではなく、今の自分の生活そのものも審査で細かく見られてしまうこともあるようです。

銀行カードローンとまとめローン どちらもお得?


消費者金融のまとめローンに関しては、あまり宣伝をしていないこともあります。また、銀行でも総量規制対象外の多額の借入が可能で、まとめローンに使ってみませんか?という商品も多いです。

多重債務を1つにまとめるのは別にまとめローンでなくとも良くて、借り換えの感覚でキャッシングをしても意味としては同じです。また、借り換えの場合は自分の手元に入金されることから、まとめるかどうかは自由選択になります。そこが落とし穴になってしまうデメリットです。

銀行カードローンなどでは、最初から総量規制対象外で300万円とか500万円と言った借入が可能になります。それを全てまとめローンにするのではなく、一部だけは使ってしまうということになると、単なる多重債務者になってしまうのです。

しかし、消費者金融などでのまとめローンの商品は、入金なしで返済専用のローンになります。ですから、自動的に多重債務が完済される形になります。自分次第の部分はありますが、借り換えで多重債務が解消できるのならそれで良いのです。

普通のキャッシングよりもまとめローンとなると審査も厳しいですから、選択肢としてはいろいろ存在するということです。

まとめローンは普通のキャッシングよりも低金利ですが、銀行カードローンの最高限度額に関しては、まとめローン同様の低金利になっています。ですから、銀行カードローンの審査に通る方は、わざわざまとめローンとの契約をしなくても良いということになりますが、お金の管理に自信があればの話です。