まとめローンと債務整理について 多重債務の悩みどころ

まとめローンや借り換えは、金利が低いことが条件です。

大手消費者金融でも借り換えの形でありますが、金額が大きいほど低金利です。しかし、新規キャッシングよりも審査は厳しいことで、簡単には借入ができないことが多いです。

まとめローンや借り換えは、金融業者にとってもリスクが高いローン商品です。不動産担保ローンのように担保があれば、回収もできますが、無担保のまとめローン、借り換えについては、審査は多少厳しさがあります。

中小消費者金融なのに?

まとめローン専門の金融業者の中央リテールでは、中小消費者金融なのに、大手消費者金融でも審査通過の方でも審査落ちすることがあります。まとめローンということで、審査基準が多少違います。

200万円以上の借入が必要の多重債務が申し込みができますが、年収が低いとNG。延滞は持っての他ですが、一定した収入があることが必要。個人事業主の不安定な収入では借入ができないとの指摘もあります。

最終的なまとめローン?

まとめローンをしたい時には、時として債務整理と天秤にかける方がいます。

中小消費者金融と聞けば、ブラック対応のキャッシングができます。中央リテールもそうだろうということですが、まとめローンができれば、債務整理も免れると言いたいところです。

実際に、それでうまく行く方も多いですが、中央リテールの場合は、ここでまとめローンができないと、債務整理なら債務整理の選択が正しい場合が多いです。誤解してはならないのは、借り換えもまとめローンも債務整理しそうな人がするものではないということです。

中央リテールも同様で、危ない債務整理手前の申し込みであれば、審査落ちになることもあります。低いと言っても10%以上の金利になりますから、債務整理をしなければならないほどのブラックにとっては、完済ができるかどうかの審査は微妙です。

ちなみに、中央リテールからの債務整理はなかなか大変だと言います。まとめローンや借り換えは、債務整理対象者は無関係。中小消費者金融の中央リテールの審査はそんなに甘くないということです。

どんな人がいいの?

多重債務で200万円もの返済額があるけれど、安定した収入がある方。絶対に完済したい、できる方です。それを審査されるので、簡単に借入ができないと思ってください。

審査が通れば、低金利のまとめローン、借り換えができます。それにより、返済額が大きく変わることになります。申込みをするのなら、借りれたら良いですが。