審査落ちしやすいといわれるおまとめローンの特徴

キャッシングやカードローンなどに申し込むと、最初に審査が行われて通過した人のみが利用できるようになります。

おまとめローンも同様に審査が実施されるのですが、さまざまなローン商品の中でも特に審査落ちしやすいといわれています。しかし、どうしておまとめローンは、審査落ちしやすいといわれるほど厳しいのでしょうか。

一般的な消費者金融や銀行カードローンなどでも、おまとめローンの場合と同様に申し込んだ人の審査が行われます。もし、その人に融資をしたら、きちんと返済日にお金を返してくれるかを審査で判断します。なので、返済能力が高いとみなされた人ほどスムーズに契約ができ、借り入れをすることができます。

審査では、その申し込み者に関する信用情報機関のデータベースを照会して、これまで返済で延滞した履歴がないかなどがチェックされます。延滞などの過去がなく、債務整理などの事故歴もなければ、その分融資を受けやすくなります。

おまとめローンに申し込みをする人は、その時点で複数のキャッシングなどの抱えており、ある程度の借金を抱えています。おまとめローンで融資する借金の金額は、これまで複数の金融業者で借り入れをしてきた総額ということになりますので、かなり大きな金額に達していることも予想されます。

よって、複数の金融業者からの借金の総額になります。おまとめローンの希望融資額は、100万円以上になることも珍しくありません。

一般的なカードローンに申し込みをした人が「希望額より最終的に少ない金額になってしまったけれど契約はできた」といっているのを、耳にしたことはありませんか。少ない金額なら十分な返済能力を備えていそうな人であっても、おまとめローンのように100万円を超える高額となると、審査落ちしやすいのも納得できます。

消費者金融などは貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。年収の3分の1までしか貸し付けをすることができません。しかし、おまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を上回る借金でも可能になります。それだけ大口の融資を求めることがおまとめローンにはあるので、審査のハードルも高くなって当然でしょう。

貸し付けをする側としては、本来ならば借金の残高が少ない人ほど、融資の対象として魅力的なはずです。このようなことから、おまとめローンの申し込みをするという時点で、本来のローンならば審査に通りにくい要素があることが、審査が厳しいといわれる理由でしょう。

おまとめローンに無事契約をし一本化できたとしても、これからも返済が困難な状況をまぬがれないと思ったら、債務整理などを申請して立て直すのも、選択肢の一つです。この先のこともじっくり考えてから、どうすべきか検討してみてください。