まとめローンなら中央リテールとあるけれど

消費者金融や銀行カードローンの審査には通らない。しかし、お金がどうしても必要。中小消費者金融があるか?と審査の甘い金融業者を調べていると、いろいろな審査内容があることがわかります。

世の中の消費者金融では、ネームバリューのあるところだけではないんだと感心していると、中央リテールというまとめローン専門業者があります。

まとめローンができるということ

まとめローンとは、多重債務を1つの金融業者の融資で完済をして1つだけのローンにすることです。返済先が1つになるばかりではなく、たいていまとめローンになると金利が低くなります(そうでなければまとめローンの意味がない)。返済額が少なくなるというのが最大のメリットです。

大手消費者金融でもありますが、審査が厳しいです。それが、審査の甘い中小消費者金融の中央リテールでまとめローン專門というのですから、期待をしてしまいます。

中央リテールの審査

原則的にブラックであることが必要です。ここからして、普通の中小消費者金融とは違います。中小消費者金融では、ブラックではない方が良いのです。

あえて、ブラックでも対応しますというスタンスです。それなのに中央リテールでは、ブラックも他社の中小消費者金融では審査に通らない内容であることが必要です。

多重債務者

多重債務であることは当然ですが、他社借入5社以上、200万円程度の借金所有者でなければならないです。これは簡易診断などで、他社借入2社100万円程度の内容ではすぐに申込ができないのです。

中小消費者金融のまとめローンとしてはせいぜい4社程度で、金額も少なければ少ない利用者が契約ができるのですが、中央リテールでは他社審査落ちの多重債務者の受け入れが期待できます。他にないまとめローンができます。

とはいっても、実は審査落ちが多い理由

多重債務と言っても、5社の他社借入の方はあまり多くはないでしょう。

そして、中央リテールでは、本審査が東京渋谷の会社に平日の昼間に出向くことが必要です。対面審査の部分で限定的になり、本審査は決定ではなく会社で担当者が改めて審査をするという金融会社なのです。電話やインターネットで仮審査に通ったとしても、では会社にお越しくださいは審査通過ではないのです。

また、多重債務の状態は内容的にはすでにブラックですが、延滞をしていない、収入がしっかりとあるなどの審査が待っています。5社の多重債務で延滞しているから、中央リテールでまとめローンということはできないのです。

ですから、案外と審査通過率は低いとされ、よほどのギリギリのブラック状態で延滞しそうだけど、そこだけは守っている方限定のブラックまとめローンということに。アルバイトやパートなどの収入ではなかなか審査も難しいのは、審査要件として7万円程度の返済をしている、それができる方という項目もあります。