審査通過ができる人とできない人

ノンバンクのおまとめローンは、フリーローンよりも審査が厳しいです。

多重債務者であること

多重債務も3件が限界です。返済能力が高いのはもちろんですが、4件以上の信用情報ではおまとめローンは難しいです。

総量規制に関しては、貸金業法の総量規制対象外の商品ですから、気にしなくても良いのですが、年収に近い借入額の場合審査落ちになることが多いです。

借り換えの一つですが、ここもある程度低くなければならないとされています。

延滞と事故情報

延滞はフリーローンでも審査落ちですが、おまとめローンも同様です。おまとめローンにするから、返済をしなかったと言うのは理由としては通らないです。

延滞は、返済能力が低いと見られることから、現在はもちろんですが、個人信用情報で延滞記録があるだけでおまとめローンの審査通過はできないです。金融会社としては、おまとめローンの融資審査で延滞がある時点で、全てNGになります。事故情報としては最悪です。

その他の事故情報としては、4件以上の多重債務、債務整理などが挙げられます。大手消費者金融の場合、2件の多重債務がほとんどOKラインで、3件は危険です。

おまとめローンに通る方は、高い収入か返済期間を短くできる人、フリーローンの利用限度額に余裕がある方です。ここも厳しい審査といえるでしょう。

属性について

アルバイトやパートでも、おまとめローンは対応しています。

ノンバンクの商品では10万円から使えますが、10万円程度のおまとめローンは、フリーローンと金利が変わりません。おまとめローンの恩恵としては、100万円以上で15%程度の金利になる時だと言われています。

ですから、少ない収入の属性では、安易なおまとめローンはおすすめではないです。真面目にフリーローンの返済をしていくことでしょう。

つい借りすぎて金利がバラバラの多重債務3件程度を1つにしたい、返済は無理がなかったという方のキャッシングがおまとめローンです。

契約者は正社員、社会保険証の方が良く、勤続年数も長い属性であることが有利です。担保も保証人もなしのおまとめローンですが、当然ながら属性は高い方が良いです。信用情報にブラックの記録がない事も大切な要件です。

必ずシミュレーションを

多重債務の内容とおまとめローンの内容は確認が必要です。審査通過したとしても、返済総額が大きくなるのはいただけない結果です。また、おまとめローンにすることで、毎月の負担が減り、キャッシングの機会が増える方もいます。

それなら、最初からおまとめローンのメリットが少なくなってしまうため、シミュレーションをした上で、お得感がある場合、そして、しばらく完済するまではキャッシングをしない覚悟も必要ではないかと思われます。