おまとめローンはキャッシングではない返済専用

銀行と比較して審査の甘いノンバンク。おまとめローンもやっぱり審査が甘い?

審査は甘いが金利は高い

フリーローンと同様、銀行とノンバンクの比較はこういうことです。

消費者金融系の商品では、金利が高めですが比較的審査はOKだからこそ借りやすいのです。総量規制の関係から大金の借入はできないのですが、計画的なキャッシングをしたいのなら貸金業者はノンバンクと決めている方も多いです。銀行の審査落ちというのもありですが。

個人融資も事業融資も保証会社の保証が取れれば即日融資・おまとめローンも比較的早くに利用限度額が判明します。利息はフリーローンよりも低いのですが、ノンバンクでは、おまとめローンでは最高17%前後です。

はっきり言ってフリーローンは変わらない感もありますが、多重債務者であれば10%の低金利になります。まとめローンは、ある程度の金額がなければ行う意味がないということです。

ノンバンクで完済してもらう

ノンバンクのおまとめローンは基本的に返済専用です。申し込みをした時にフリーローンではなく、返済しかできないので追加融資はできません。もともと、フリーローンとは違う金利なので、区別して考えなければならないのです。

また、手元にキャッシングをする形ですと、別目的に使ってしまったというのは自己責任です。事業の資金調達手段にすることはできません。あくまでも個人融資です。

総量規制対象外

総量規制対象外のおまとめローンは、ノンバンクにしてみれば例外的な商品です。貸金業法にはない証券貸付になります。

これは、教育ローンのように目的があり、返済専用ローンということです。返済期間なども流動的ですが、企業にとってはハイリスクの商品。どうしても審査はきびしいのですが、優良利用者であれば、企業の利益にもなります。保証人や担保なしで、属性が良いほど審査通過率は高いです。

ちなみに、債務整理者などで個人信用情報機関に事故情報がある方はNGです。フリーローンとは違う厳しい審査です。

キャッシングとは違う

もともとおまとめローンはキャッシングではなく、多重債務解消だけのキャッシングです。契約者としては、それをきちんと踏まえ、カーローンなどをしている感覚にならなければダメでしょう。借りて返すのではなく、最初に借り切ってしまっていることから、キャッシングではないということです。

返済能力が高ければ、繰上返済に対応するノンバンクもあります。しかし、繰上返済で手数料があったり、金利が変化するノンバンクもあるようです。

消費者金融業者、おまとめローンの書類などの注意書きは要チェックです。すべてがフリーローンキャッシングとは違うようです。