消費者金融のおまとめローンは審査が厳しい

巷で良く耳にするノンバンクとは、銀行以外でキャッシングやカードローンを扱うところです。ですから、◯◯銀行以外はすべてノンバンクと言ってもよいでしょう。プロミスやモビットなどの大手消費者金融、セゾンカードやライフ、カードの信販カード会社もノンバンクです。

ただし、最近は大手消費者金融のほとんどが大手銀行の傘下だったり、グループになっています。これは、キャッシング部門では銀行とノンバンクと別の業務になります。

金融機関の違いが審査の違い

ノンバンクは、銀行と比較をして審査が甘く借りやすいです。キャッシングの商品はほとんど同じで、銀行の方が若干金利が低いですが、おまとめローンは大差があります。

消費者金融のおまとめローンはあまり宣伝もしていないことから、フリーローンのような目玉商品ではないらしいのですが、銀行と比較をすると金利は高めで審査が厳しいものです。

総量規制対象外のおまとめローン

ノンバンクは、必ず総量規制範囲内のキャッシングしかできないのですが、おまとめローンは対象外です。それぞれの審査基準で、返済可能な金額の設定で審査通過をします。

要するに、簡単に審査ができないのがおまとめローンです。銀行、ノンバンクなどの消費者金融の審査通過率は極めて低く、なかなか借りられないと言います。

おまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローン利用者に求められるのは、完済ができるだけの収入です。そこで審査ポイントとして勤続年数です。返済額が大きいおまとめローンは、返済負担が大きくなっていくわけではありません。

ただし、途中で退職したり、転職などで返済ができなくなってしまうのは困ります。そこで、特に重要視するのは属性部分です。ここでは、ブラック、信用情報は関係ないと考えています。業者は、正社員であり、勤続年数が長いほどおまとめローンの審査は通りやすいです。

総量規制対象外といっても、年収に近い金額の契約はないですが、アルバイトやパート、個人事業主に関しては消費者金融系のおまとめローンは審査落ちすることが多いです。

会社経営者だという属性でも、審査は厳しいです。これは銀行のおまとめローンも同じで低金利は良いのですが、収入の安定がないと審査は通りません。

貸金業法例外のおまとめローン

ノンバンクでは、貸金業法対象外のおまとめローンには消極的です。信販系ではない商品ですが、高い年収、確かな属性であったとしても、個人信用情報機関で金融事故が1つでも見つかると審査落ちです。返済能力が高くないとダメですが、元ブラックリストというだけでもおまとめローンはできないと思って下さい。

融資審査の基準はフリーローンよりも謎であり、利用限度額が大きいほど審査基準は厳しいようです。多重債務者にとっては嬉しいおまとめローンですが、そう簡単なことではないようです。