おまとめローンと多重債務の利息

多重債務の場合、それぞれの借金の利息は異なることがほとんどです。それをノンバンクのおまとめローンにするときには、その違う利息の平均的な数字を出すことから始めましょう。

それぞれの利息総額から借金総額を割った数字で、加重平均金利が出ます。仮にこれが15%になった場合、おまとめローンは15%未満のものでなければ損をします。

全て18%の多重債務で、12%のおまとめローンとわかりやすい数字であれば良いのですが、それぞれ異なる場合には必ず利息は確認することです。1%以上の差がない、そして、借金残高も100万円以上ない場合には、おまとめローンは損をすることが多いようです。

ノンバンクの場合、即日キャッシングのように簡単にいかず、手続きが必要になる場合もあります。カード会社によってはその手続きが面倒になり、ノンバンクのおまとめローンは大変との口コミもありますが、全ての方が得をすることはないともいえます。

収入が安定し、会社勤めも長く、過去に金融事故がない方は、多額の多重債務者だとしても、ノンバンクよりも銀行系のおまとめローンが断然お得です。その理由は、加重平均利息を計算しなくても、多重債務が消費者金融の借金の場合、間違いなく銀行おまとめローンの方が低いからです。金額が多いほど、お得です。

借入額を見なくても、おまとめローンが良い金融業者は銀行なのです。ただし、審査は厳しいですが。