銀行とノンバンク ちょっと見ただけではわからないかも?

最近耳にすることが多いおまとめローンは、銀行系、ノンバンク系の金融機関の商品の一つです。おまとめとは、手持ちの借金を一つにすることを言います。

ところで、銀行とノンバンクですが、その違いは預金の有無です。ノンバンクは預金業務のない金融機関で、信販会社、消費者金融などが属しています。銀行系のローン会社もノンバンクに入りますが、「銀行”のおまとめローン」と「銀行系ローン会社のおまとめローン」は別ものと言えます。

少し複雑なのですが、ローン会社も消費者金融も取り出すと、それぞれ銀行系とノンバンクに分かれれます。ノンバンクと言えば、◯◯銀行傘下にはいっていないとか、街金、中小消費者金融などです。これらは総じて、貸金業者と言われる存在です。そして、この消費者金融の貸金業では、総量規制の規定により年収の3分の一以下の融資が対象となります。

ところが、まとめローンという商品になると、ノンバンクの消費者金融でも総量規制対象外になります。ただし、これは返済専用で、貸付ではないのが特徴です。

銀行とノンバンクの違いですが、おまとめローンで見てみると銀行からの方が融資額が大きく、金利がとても低いです。ただし、それだけ多くの融資をする代わりに審査が厳しいのは当然で、簡単におまとめローンができないのが現状です。

おまとめローンの場合、問題になるのが年収。総量規制は無関係ですが、返済問題になるとここがネックになります。ですから、銀行でおまとめローンをするときには、高い年収でなければできない、そこに審査の厳しさを感じる方は多いようです。