まとめるより債務整理が向いているケース

おまとめローンや借り換えをする方法では、借金の元本が減少することはありません。複数の金融業者から融資を受けていたのを一本化でき、月々の返済を1回にスリム化できたり、金額によっては金利を低下させられるなどのメリットがあります。

そこで、借金の問題に対処する方法はおまとめローンだけではありません。任意整理や自己破産などの債務整理をすれば、借金の元本を減額させられたり利息をゼロにしてもらえたり、返済義務がなくなるなどします。

例えば、借り入れをやめようと決めても意志が強くないので、また借金を繰り返してしまう方も少なくないでしょう。無駄遣いをするクセがある、お金のかかる趣味を持っている、ギャンブルがやめられない、お金をせがまれたら出してしまう、マネープランを立ててお金を使うことができない、クレジットカードで頻繁にリボ払いや分割払いをしているなどです。

これらにあてはまる方は、債務整理をした方がいいのではないでしょうか。債務整理をしてしまえば5~10年は新規のローンの審査に通過しませんので、無駄遣いをしたくても借りるところがありませんから、浪費癖を根本的に変えることができるはずです。

急に大きな出費があったり、収入が減少したときも債務整理をされることをおすすめします。例えば、ご両親などの介護費用がかかるようになった、妊娠したので教育資金や養育費などの出費がでるようになった、治療費や入院費用がかかる、一家の大黒柱だった配偶者が他界した、転職をしてこれまでより収入が激減したなどです。

キャッシングやカードローンなどを利用し始めた当初と事情が変わってしまい、病気や介護など予期せぬ出費は今後も膨らんでいく可能性がありますから、今抱えている借金は債務整理できれいにするのもいいのではないでしょうか。

あまりにもお金の苦労で精神を病むほどストレスに感じている場合も、勇気を出して債務整理を検討してください。一人で悩みを抱えすぎたり頑張り過ぎる前に、債務整理という助けを借りましょう。