借金をまとめると金利を下げられる?

これまで、複数の金融業者から借り入れをしていたのを新規で申し込む別の1ヶ所にまとめるというのは、銀行のおまとめローンのCMなどで一度は聞いたことがあるでしょう。

おまとめローンや一本化をすると借金の総額は同じままなのですが、返済するときに加算しなければならない金利を下げられるケースがあります。もし、あなたが複数の金融機関から借り入れをしていて、金利の負担を減らしたいと考えているなら低金利になる条件にあてはまるかを確認してみてください。

そのケースは主に2つ。借金の合計金額が100万円を超える場合。今利用中のローンの金利と比較して、低い金利をつけているローンに乗り換える場合。この2つのどちらかに当てはまるでしょうか。

どうして100万円を超える場合なのかというと、利息制限法があるからです。利息制限法は上限金利を設けている法律です。貸し付け金額が100万円を超えるときの金利は、最高で15%までと定めています。まだ複数の金融業者からバラバラに借り入れている時に、いずれの金利も15%以上でしたら借金をまとめることによって金利をもっと低下させられるというわけです。

おまとめローンや借り換えをして、これまでより金利を下げることができたとしても、1つ注意点があります。それは、毎月の返済額を最少返済額にしていると、もしかしたら最終的に支払い終える利息の合計額が膨らみ過ぎて、支払う金額が借り換え前より超えてしまう場合があるのです。

金融業者によっては、毎月返済をしていき借金の残高が減少していくと、その時点での残高に対する最少返済額が適用されます。借金の残高が高いほど最少返済額は大きな金額になり、残高が少ないほど小さな額になります。

最少返済額が少なくなることで確かに毎月の負担は軽くなるのですが、元金が減少する割合も少なくなってしまうという落とし穴があります。この事態を回避するには、必ずしも最少返済額にしなくてもいいので、ご自分で返済額を指定することです。最少返済額より多く返済すれば、損をすることはなくなります。

借り換えを始める前は、おまとめローンなどのホームページに返済シミュレーションができる、お試し機能が設けられていますので試してみてください。具体的な金額を入力すると、最終的にいくらをどのくらいの期間で支払うことになるをすぐにはじき出してくれます。

したがって、返済シミュレーションを試してみてからおまとめローンの申し込みをすることによって、借り換えをするメリットを確実に得られるようになるでしょう。