おまとめローンの審査が通らなかった方に必要な3つのポイント

おまとめローンが通らない方は、重要な3つのポイントが欠けている場合が大半です。これからご紹介する3つのポイントが1つでも欠けていると、おまとめローンの審査は通らない場合が多くあります。

どのようなポイントがおまとめローンの審査に大きな影響を与えるのか、詳しくご紹介致します。

債務への過去の返済履歴

返済履歴はとても重要な信用度の1つであり、審査基準の大きなポイントとなります。

過去に利用してきたカードローンのご利用の中で、滞納や未納が1度も無いというのが1番の理想となります。また、過去に滞納があったとしても、返済期日を守っている期間が長ければ、大きな評価となり信用度がUPします。

1日2日なら支払いが遅れても良いと思われる方も居るようですが、1日2日支払いが遅れても立派な延滞となり信用情報に傷として残ってしまいます。その傷が、信用度をグッと下げてしまいます。

現在の債務残高

現在の借金の残高は、少なければ少ない程審査に有利に影響します。目安としては年収の1/3以下が1つのポイントとなり、1/3以下であれば審査が通りやすい傾向があります。

おまとめローンの審査に通らない場合は、年収の1/3以上の借入がある場合があります。この場合、借金を返済等で減らすことで、おまとめローンの審査対象にする事が出来ます。

また、年収の1/3以上の借金があってもおまとめローンの審査が通る金融会社もありますので、口コミなどを参考にしてみると良いでしょう。

勤続年数の長さ

勤続年数の長さの評価は、初めてキャッシングをした日から継続して同じ会社で働いているか、が1つのポイントとなります。初めてのキャッシングの日から今まで同じ会社で働いているという事は、それだけ真面目にコツコツと働いてきているという評価となります。

同じ会社で長い間勤務し、役職が上がっているのであれば、更に審査へのポイントが高くなります。おまとめローンのお申し込みの際は役職が上がっている事も伝える事で、審査のポイントが上がり通りやすくなります。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンの審査が通らない方は、このような初歩的な3つのポイントが欠けている場合がほとんどです。この3つのポイントを満たす事で審査が通りやすくなりますので、どの部分が欠けているのかを見直して検討してみると良いでしょう。ちょっとしたポイントの欠けにより、簡単におまとめローンの審査に落ちてしまう事があります。