おまとめローンの審査が通らない場合は信用情報をUPさせよう

おまとめローンは、信用状態が良くないと審査が通りにくい傾向があります。

おまとめローンの審査が通らないと思ったら、今より信用状態をUPさせる事も大きなポイントとなります。以前より信用状態がUPした事を信用機関に残す事で、グッと信用度が増します。

この様に信用状態を高めて、おまとめローンの審査に通るようにしてみましょう。

アルバイトから正社員になる

アルバイトでも借り入れは可能ですが、残念ながら信用性は低いです。アルバイトでおまとめローンの審査が通らない場合は、正社員になって信用情報をUPさせてみる事をオススメします。

この場合、正社員になって間もなくても、正社員というだけで信用性が増します。

勤続年数を積み重ねる

正社員なのにおまとめローンが通らなかった方は、勤続年数が短かった可能性があります。特に、勤続年数1年未満ですと、正社員であっても信用状態が低くなってしまいます。

2年目となると信用性もグッと上がりますので、2年以上に勤続年数を積み重ねていく事をオススメします。まだ1年目の会社員の場合は、2年目になるまで待ってお申し込みをしてみると良いでしょう。

もし、転職の可能性がある際におまとめローンを検討している場合は、転職前に審査を受けるようにした方が審査が通りやすくなります。既に転職した後におまとめローンを検討される場合は、転職をした事でのメリットを細かく伝えると良いでしょう。

審査にプラスになるポイントは、前職に比べて収入が上がったという部分です。収入が明らかに増えたのであれば、プラス評価に繋がる可能性があります。

年収を高くする

年収が高くなったという情報となると、信用度がグッと上がります。同じ会社に所属している場合、ご自分の力で収入を上げる事は難しいとも言えますが、景気の問題で収入が上がったり、収入の高い会社に転職する等で収入を高くすると、信用度が上がります。

結婚する

結婚すると人としての信用度が上がりますので、審査が通りやすくなる傾向があります。

固定電話の設置

近年携帯電話が普及しており、ご自宅に固定電話が無いお宅も増えました。ローンを組む場合は固定電話の有る無しはとても重要となり、信用度がグッとあがります。

不動産の相続

家を相続した、土地を相続した等、不動産の相続があった場合は、固定した資産があって信用度が増すので、審査が通りやすくなります。

複数の債務を完済

複数の債務があったとしても、それをきちんと完済したという事実が信用情報として残っていると、返済能力が十分にあると認められ、審査が通りやすくなります。1つでもいいので、完済実績があるとかなりの好印象となります。

おまとめローンの審査は、過去の返済履歴はとても重視されます。特に銀行のおまとめローンの場合、完済実績はとても大きく重視される傾向があります。完済出来るカードローンがあるのであれば、先に完済して審査を申し込むと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
このようなポイントにより、おまとめローンの審査の際の信用度を上げる事が出来ます。おまとめローンの審査に通らず困ってしまった時は、これらの項目をチェックして、改善出来る部分は改善してみる事をオススメします。