おまとめローンで審査が通らない理由とは

複数のキャッシングやショッピングリボ、カードローン等を複数の業者から借入れして返済している場合、おまとめローンで借金を一本化したいと考える方も多くいらっしゃいます。

おまとめローンでの借金の一本化は、とても合理的な方法です。この様な、大きなメリットがあります。

支払先を1つに出来る

複数の借り入れ先がある場合、おまとめローンで支払先が1つになります。

1か月の返済金額を少なくする事が出来る

おまとめローンで支払先が1つになるので、1か月ごとの支払い金額が少なくなります。

金利を低くさせる事が出来る

おまとめローンは金利が低いので、低い金利での支払いとする事が出来ます。

このように、多重債務先があった人には、とても楽な返済とする事が出来るのが、おまとめローンです。しかし、残念ながら、おまとめローンは審査が通らない可能性もあります。

おまとめローンという事は高額の借入れを行う事となりますので、当然審査は厳しくなってしまいます。その為、誰でも審査がスムーズに通るローンではありません。

おまとめローンの審査が通るよう、様々なポイントを詳しくご紹介致します。

年収と借入れしたい金額をチェックしてみよう

消費者金融の場合年収の1/3以下、銀行などの金融機関の場合総量規制はかかりませんが、本人の収入に対する審査により決定しますので、収入と借入金額が似合っていなければ審査は通りません。

一般的には、年収の10~15%であれば、おまとめローンの審査が通る可能性が高いと言えます。年収の10~15%を既に借入されている場合は、おまとめローンの審査が通らない可能性があります。

年収が少なくてもおまとめローンが出来た銀行をチェックしてみよう

銀行系のおまとめローンの審査は、安定した収入を信用性とし重視しております。その為、多少年収が少なくてもおまとめローンの審査に通ったという銀行の口コミもございます。

したがって、そのような口コミ情報の銀行であれば、年収が低く手もおまとめローンの審査が通る可能性がありますので、チェックしてお問い合わせをしてみると良いでしょう。

銀行からのおまとめローンが厳しい場合は消費者金融で検討してみよう

年収に対し現在の借入が20%を超えている場合は、銀行のおまとめローンは厳しい可能性が高いです。その場合は、消費者金融のおまとめローンの方が審査が通る可能性があります。

消費者金融のおまとめローンは、総量規制の関係で年収の1/3まで融資が可能となっております。消費者金融が不安な方は、大手消費者金融ローンであれば銀行系のローンも多くあり、大手企業ですので安心してご利用が出来ます。

中でも、バンクイックは三菱UFJフィナンシャルグループであり、プロミスは三井住友銀行グループですので、オススメです。

今の借金額を少し減額してからおまとめローンを受ける

審査に落ちるという事は、現在の他社からの借金が多いという事となります。その場合は、今ある借金を減額した後におまとめローンを申し込むと、審査が通る可能性が高くなります。

1度に何社もおまとめローンのお申し込みをしない

おまとめローンの審査に通るか不安な方は、1度に何社ものおまとめローンにお申し込みをされる方がいらっしゃいます。

しかしながら、1度に複数のローンを申し込むとお金に困っている人と判断されてしまい、審査が通りにくくなってしまいます。この場合、申し込みブラックという扱いとなってしまいます。

1ヶ月の間に3社以上の借入れのお申し込みをしてしまうと事故情報となってしまい、信用情報に跡が残ってしまう可能性があり、おまとめローンの審査が一定期間通らなくなってしまいます。

限度額を高めに申し込んでいる

おまとめローンですので、多くのお金を借りる為のローンなのですが、お申込み金額を高く設定するとそれだけ審査が厳しくなってしまいます。その為、審査を通りやすくさせる為には、低い限度額のお申し込みの方が通りやすくなります。

多くの費用が必要であっても、最初は低い限度額でお申し込みをし、ご利用されている中で限度額を上げる事で多くの費用の借り入れとする事が出来ますので、最初は低い限度額でのお申し込みをするようにしてみましょう。最初から欲張らずに、少ない限度額から始めてコツコツと信用を重ねていき、融資を大きく引き出す事が大事となります。

他社からの借り入れ等審査で嘘をついて報告してしまう

おまとめローンお申し込みの際、間違って記載してしまうと審査が通らない可能性があります。

中でも間違って記載すると審査が通りにくいのは、これらの3つです。

  • 他社からの借り入れ件数
  • 他社からの借り入れ金額
  • 勤続年数を長く嘘をつく(5年なのに10年など)

この様な情報は、例え嘘をついても信用情報機関で確認した際にすぐにバレてしまいます。例え誤入力であっても、借金に対し嘘をついたという判断をされてしまいます。

この様な嘘をついたとなると、審査が通らない場合があります。間違いのないように、正確にご報告するようにしましょう。

うそつきは、絶対に審査に通らないのが金融機関の審査の鉄則となっております。審査の際は不安ではありますが、正直に申告する事が審査が通る近道と思う様にしましょう。

過去に信用情報に傷がついている

過去に任意整理や自己破産を行っている場合、その情報が信用情報に残っており、金融機関側はその情報を元にする事で審査が通らない場合があります。過去の信用情報は10年で消えますので、該当するのか気になる場合は信用情報組合に問い合わせてみると良いでしょう。

これらのケースがある場合は、信用情報に大きな傷となってしまい審査が通らない場合があります。

  • 半年以上滞納を行った経歴がある
  • 滞納により督促状が来た事がある
  • 債務整理を行った事がある

この3つの場合、信用情報にブラックリストとして登録されている可能性があります。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンの審査が通らない場合は、これらのどれかに問題がある可能性があります。細かくチェックして考えて、借入審査に通る状態にしておまとめローンで融資をご利用出来るようにしましょう。おまとめローンは複数の借入れを1本化に出来ますので、今の生活が変わって数段楽になりますよ。