現在には厳しいまとめローン審査

銀行カードローンの自主規制が始まっています。借入額が大きい銀行カードローンでは、以前よりも利用限度額を小さくすることを決めたメガバンクもあります。

そんな中、まとめローンはどうなっているのでしょう?

まとめローンとカードローン

銀行にしても消費者金融にしても、カードローンは手軽な申し込みができ、利用も簡単です。

ATMは金融機関だけではなく、コンビニにもありますから、24時間いつでも借り入れができます。もろちん返済方法もコンビニ可能で、それが延滞防止にもなっています。

難点は審査です。

審査さえ通れば即日融資は当たり前、担保も要らない、身分証明書と勤務先での在籍確認があればOKです。

その審査で、多重債務があるとなかなか難しい方も多いですが、多重債務だからまとめローンという選択もあります。1つのローンに申込、新たな借り入れではなく、多重債務分の多額な金額になることで金利も減少します。

まとめローンは画期的な商品とされています。

ここで銀行の動き

銀行カードローンは、もともと融資限度額が大きいのがメリットです。まとめローンとして使えるだけではなく、消費者金融と比較をしても断然低金利。銀行カードローンと言うステイタスもありますが、金融機関側の収益にも貢献しています。

ところが、最近では契約者数の増加とともに、返済できない人たちの増加が目立ち始めています。もちろん審査はあり、消費者金融よりも厳しいと評判ですが、一度審査に通ると多額のキャッシングができる、それでまとめローンもできると評判になっていました。

しかし、ここにきて自主規制です。まとめローンになるだけの利用限度額がないばかりではなく、以前にはなかった信用情報の審査の厳しさが増しています。思わぬ展開に、まとめローンは消費者金融にと言う動きも始まっています。

消費者金融のまとめローンの審査

多重債務解消ができるまとめローンですが、信用情報に返済トラブルや金融事故がある、借り入れ件数が多い、借入残高が高いことで、信用が低い方は審査に通りません。

審査内容では、申込者の勤務先や勤務年数が長い、過去の返済実績が多い、年収が安定していて高いなどの注文が多いです。消費者金融にしても審査基準は上がります。個人信用情報機関の内容のスコアリングもフリーローンよりも断然上です。

多重債務の返済状況で汚点があるだけでも審査落ちというのですから、なかなか審査に通らないのが現状です。

多重債務の救済策ではない

金融業者にしみれば、まとめローンは信用が高い方にしか貸付ができない商品です。返済総額が大きくなってしまうことから、完済できる契約者を選ぶことになります。

消費者金融系のまとめローンにしてもなかなか審査が通らないのは確かなことです。多重債務でフリーローンの審査落ち、債務整理をしようという方が、まとめローンで多重債務解消と言うのは甘い考えなのです。