銀行側の都合?おまとめローンの厳しい審査

おまとめローンを考えるとき、銀行系から行くことをおすすめします。それは低金利が魅力です。

スピード審査ではない場合が多いですが、大手銀行、イオン銀行や楽天銀行のネット銀行などは特におすすめです。東京スター銀行のおまとめローンは、借入総額もワイドで低金利で好評です。

しかし、口コミでは多分数%の通過率と噂されています。

厳しくなった銀行の審査基準

総量規制のない銀行キャッシングでは、最近債務整理や返済不能者が続出し、最近になって自主規制がしかれています。ですから、審査基準は一段と上がり、おまとめローンも多額のキャッシングですから、審査はより厳しくなっています。

低金利の借り換えとしては、銀行がベストチョイスですが、審査落ちしてしまうかもしれません。しかし、金融業界では低金利、返済が少ないことが理想ですから、申込だけはしてみて下さい。

審査結果が1週間以上かかってしまうことがありイライラですが、一応審査落ちを見てから次を考えてみましょう。申込ブラックにならないよう、一度落ちたとしたら期間を空けて申込をするか、大手消費者金融などに鞍替えです。

大手消費者金融のおまとめローンも審査は厳しい

フリーローンと比較して審査が厳しいのは、総量規制対象外の多額の金融商品だからです。

事故情報があるだけで審査落ちですし、クレジットカードの事故なども禁物です。個人信用情報機関での異動情報がある方は、フリーローンも審査落ちしてしまうこともありますが、おまとめローンはそれ以上きついです。

事故情報がないとして、現在3社のおまとめローン審査落ちの場合は2社にすることも必要です。致命的なのが、勤続年数が問われる場合です。転職したてなどの場合は、おまとめローンはきついです。事故もそうですが、勤続年数もおまとめローンではかなりポイントが高いようです。

借入額も低いほうが良い

総量規制対象外ですが、高い借入額では審査落ちです。よほど高い年収が問われるのですが、ここは厳しいです。

中小消費者金融のおまとめローンの場合は、多重債務解消だけで、金利が高い商品になってしまう場合がありますから、何でも良いということではないようです。シミュレーションをしてみて、返済総額が高くなるようでしたら、今はしない方が良い場合もあります。

何かとネガティブ情報が多いおまとめローン

本来低金利で負担が小さくなるおまとめローンですが、審査は厳しいですし、返済額も多くなってしまうというもの。銀行のおまとめローンの低金利だけが実はお得中のお得ということなのです。

そして、金融業者としては、おまとめローンは返済余裕がある方のみ審査通過をしているのも現状です。ですから、おまとめローンの審査に落ちたとしても、仕方ないと思うことです。