まとめローンの性質とは?


まとめローンは、原則的に総量規制対象外の商品として消費者金融でも取り扱っています。銀行などでも、多額の限度額を設定したカードローンなどで、“まとめローン”としての利用ができますと表現しています。

総量規制対象外ということは、消費者金融などでは多重債務ありきの商品として扱われています。ですから、実際の融資は消費者金融が多重債務解消のためだけに貸付を行うことから、手元には1円も残りません。そして、多重債務を解消したくれた分だけ金融機関に返済をしていく方法を取ります。

銀行などのフリーローン以外のまとめローンでも同じで、融資額は希望額ではなく多重債務の金額だけの設定になります。それぞれに必ず審査がありますが、銀行の方が厳しいのは確かです。まとめローンにしても細かくチェックが入り、消費者金融の方が借りやすいと思ってください。

普通のキャッシングよりも審査基準は高いとされていて、キャッシングでは審査は通るけれど、まとめローンの審査は通らないということもよくあります。これは、まとめローンの額が大きすぎたり、現在の収入では返済能力に不安があるためです。

そうした場合、数ヶ月返済を頑張ってから、改めてまとめローンの申し込みをしてみると、審査が通ることもあります。この時に注意したいのが、あちこちの金融機関に申し込みを立ち続けに行うことです。金融機関へのキャッシングの申し込みも全て個人信用情報機関に情報が行きますから、あまり目立った行為はしない方が良いということです。

総量規制は関係ないからこそ審査基準は高い


まとめローンは、多重債務で困っている方の返済額の減少を促すものです。商品としてあらかじめ低金利の設定により、いま返済よりも楽に返せることで、返済総額が小さくなる場合に利用価値があるものです。

まとめローンの審査は案外と厳しくて、最初から多重債務であることはもちろん承知です。金融機関のキャッシングなどで、この多重債務と言うのはマイナスの大きなポイントですが、まとめローンの場合はそれがあったとしても、きちんと返済ができる能力を確認します。

ですから、返済額が小さくなるから年収などは低くても良いのではなく、反対に安定した年収がなければ貸せないと判断されます。

これは、多重債務を1つにするということは、多額の借り入れになります。総量規制対象外となるまとめローンは、年収3分の一しか借り入れできない人にも、それ以上の貸付を行うことになります。

ということは、よほど返済がしっかりできる方でなければ金融機関としても不安です。それで、審査はどうしても厳しくなってしまうのです。

銀行と消費者金融を比較すると、消費者金融の方が断然借りやすいです。しかし、全体的な金利に関しては、銀行の方が低く限度額も高いです。実際にまとめローンの金額にもよりますが、一応年収や勤務体系などが大きく左右される審査が待っていますから、申し込みをする前にリサーチしてから行うことをオススメします。

住信SBIネット銀行でまとめローンができる


住信SBIネット銀行のカードローンは魅力の低金利です。現在最高限度額が1200万円となっていて、金利は最低で1%以下で最高金利が7.99%になっています。

これはもう、ほかのまとめローンやカードローンではない低金利です。現在14%前後でのキャッシングをしている方にとってみれば、夢のようなローンです。

誰でも利用できるかと言うと、それは審査次第ですが、ホームページでは安定した年収というのがポイントになります。最低が200万円と言われていますが、この年収で1000万円借りたいと言うのは無謀です。しかし、総量規制対象外の住信SBIネット銀行のカードローンの場合は、少しだけ審査が甘い点もあるとのことです。

総量規制では、200万円の年収の場合、60万円程度しか借りることは出来ません。しかし、現在まとめローンとして100万円程度融資が欲しい場合は、すぐに審査落ちにならないというのです。

それにはいくつか条件があります。

正社員であること

パートやアルバイトでもOKとありますが、年収の半分の融資の場合では、パートなどは審査には厳しいようです。

過去に金融事故がない

これが絶対条件です。返済が遅れたり、滞納がある方はその時点で審査は通りません。携帯電話の機種代返済なども対象になります。

申し込み入力の間違いがない

入力ミスで審査落ちもありますが、借入件数を少なくしたり、年収を高くするなど故意的なものは一切ダメです。

このようなことで、200万円の年収で100万円の借り入れが絶対にできると保証はありませんが、まっさらな信用情報できちんと返済をしてきた方の場合、総量規制以上の借り入れが可能になることもあると言われています。

一方で、住信SBIネット銀行の審査は厳しいと言われる口コミもない分けではありません。希望金額や属性にも関係することですが、一応個人信用情報機関で金融事故が1つでもある方に関しては、審査は難しいでしょう。銀行の中でも借りやすいと言われていますが、実際に申し込みをしてみないわからないのですが。

そのまとめローンは本当にお得?


消費者金融でもまとめローンの商品はありますが、審査は厳しいです。まとめローンは借り入れと言うよりは、返済の肩代わりをしてもらう形での借り入れになります。

100万円のまとめローンなら、100万円の借り入れでキャッシングとして手元に入るのではなく、多重債務を解消してもらいます。そして、100万円を利息を付けて返済していくのですが、消費者金融の場合金利が高いこともあるようです。

それも、多重債務の内容によって左右されるのですが、とても多い借入件数であったり多額の場合、年収が低い、返済回数など、様々な条件によって違います。口コミでは、交渉で金利が下がった方もいます。店舗がある消費者金融の場合、直接話をして説明を聞いて交渉をしてみたら、1%禅語の下げが可能だったそうです。

いろいろな見方はできますが、誠意を伝えたり、年収が上がることをアピールするなどの努力は必要です。これも年収がしっかりしていることが条件になりますが、パートなどでも毎月定期収入がある場合は、強気にでても大丈夫とのことです。

まとめローンは、いまよりも返済が少なくなることが必要です。そうでなければする意味がないのですが、多重債務の金額がない場合は金利上限になってしまい、あまり恩恵がない場合もあります。その時の交渉と言うのは意味がないことですから、注意が必要です。

まとめローンのときには、必ず見た目だけで判断をせず内容を確認することが大切です。電話やインターネットでも可能ですが、直接話ができる方が納得行く契約になります。現在、明らかに高金利の多重債務である場合には、消費者金融のまとめローンはお得な場合も多いです。

このくらいの多重債務ですが、まとめローンした方が良いでしょうか?そんな質問をした場合、金融機関としてはお得感が少なくとも契約したがることもありますから、質問ではなく自分でまとめローンをした時のシミュレーションをしてからの申し込みが良いでしょう。

まとめローンは借りやすくない!


大手銀行を始め、カードローンなどは最高限度額が多額のフリーローンやまとめローンがあります。

この銀行のキャッシングは、基本的に総量規制対象外なので、多額な一方で専業主婦も借りられる融通の利く商品です。審査は厳しいのですが、専業主婦もOKということで、多重債務の方にとっては、まとめローンの大チャンスです。

ホームページを見ても、300万円までなら所得証明書不要など、美味しい言葉が並んでいます。多額な融資で上限金利も低く、返済が楽になるのは目に見えます。

ところが、です。実際に、多重債務解消のために申し込みをしてみると、審査が厳しいのが現実です。専業主婦が上限限度額20万円をキャッシングするのとは話が違います。

銀行の審査としては、

  • 多重債務
  • 信用情報
  • 現在の年収

などを細かく調べます。

即日OKのキャッシングでは違い、審査には時間もかかり、あの借りやすいホームページの内容とは全く違うことに憤慨する方もいます。高い年収だとしても、多重債務の件数や金額が大きいだけで、審査落ちになる場合もあり、実は審査は通りにくい場合もあります。

では、消費者金融はどうかというと、こちらも審査は普通のキャッシングよりも厳しいようです。多重債務解消のためのまとめローンなのに、借入件数が多いだけで審査は通りませんし、金額も多すぎるとダメなのです。

それではまとめローンの意味はないと思うのですが、金融機関の真意としては、一応返済ができると保証されないとなかなか契約しないのがスタンスとしてあるようです。まとめローン、宣伝はしていますが、実際には審査が厳しく借りやすい商品とは言えないのが現状です。