一本化って何?多重債務の借り換え

借金の一本化というのは、おまとめローンとも言われています。

多重債務になっている方が、一つの借金に借り換えする内容であり、現在消費者金融系の金融業者の商品があります。おまとめローン、借り換えローンとして紹介されることが多いです。

大手消費者金融でも取扱している

アイフル、アコム、プロミスなどではおまとめローンの取扱をしています。

消費者金融では、カードローンとして一般のキャッシングができます。フリーローンになりますが、こちらは規制があります。それが、限度額で年収3分の一となっています。

300万円の方がカードローンの申し込みしたときには、100万円しか借入ができません。多重債務のときに合算されることになります。総量規制範囲があり、必ずこの範囲内のキャッシングになっています。多重債務も可能ですが、それぞれの審査基準では借入件数も借入額、タイミングなどの審査があります。

おまとめローン、一本化では、普通のキャッシングとは違う内容の審査です。総量規制以上の借入も可能であり、カードローンの借入とは別物です。

金利も多少低くなる

一本化の特徴として、多重債務ですべて18%程度の金利が下がることがあります。その理由は、借入額が大きくなってしまうことで、利息制限法により上限金利が抑えられることがあります。これが一本化、借り換えの大きなメリットになります。

100万円の多重債務。それぞれが、18%程度のフリーローンの場合に借り換えで一本化してしまうと、100万円では自動的に15%が上限金利になります。

おまとめローンの紹介では、毎月の返済金額がこんなに違うと図解されていることが多いです。それが、金利低下によるものです。ですから、特に多重債務に関しては、思い切って借り換えで一本化することでお得になる借金になります。

オススメしたいのは、とにかく返済が今より少なくなって、ラクになる。完済時期が早まるということです。

既に大手消費者金融カードローンの多重債務になっている方は、まずは大手消費者金融のおまとめローンなどを参考にしてみてください。今より低金利になることで、返済負担が大きく減少することがあります。

デメリットもある

それは、低金利になったけれど、毎月の返済を少なくしたときです。

多重債務のときより、低金利だから毎月の支払いを下げることで、返済期間が長くなってしまうことがあります。この場合、毎月の負担は減少しますが、結果的に長期間の返済が続くことになります。

ここは返済シミュレーションを確認しないと、返って一本化が仇になってしまうことがあります。

銀行カードローンで借り換えは可能?

多重債務でなんとか金利を下げられないか?借り換えでは、上限金利を抑えることができます。数社の債務があるけれど、借金の一本化してしまうことがお得なことがあります。

毎月の返済が大変

あちこちの金融業者に支払いする手間を省きたい。まとまった金額になることでは、金利も下がることがあります。

一本化とは、おまとめローンなどです。しかし、消費者金融の多重債務者で、銀行カードローンの借り換えでも同様の一本化ができます。オリックス銀行カードローン、三菱UFJ銀行カードローンなどでは、限度額が大きいです。

もともと総量規制対象外の銀行カードローンでは、消費者金融より利用可能額が大きく低金利です。そこで、消費者金融の多重債務者が銀行カードローンで、新規フリーローンの申し込みではなく、借り換えの形で申し込みができます。

意外に知られていないことですが、消費者金融から銀行カードローンの借り換えでは普通に一本化が可能になります。

厳しい条件をクリアすることが必要

ちなみに、銀行カードローンの審査では大手消費者金融よりも厳しいとされています。しかも多重債務者とあれば、なかなか敷居が高いのは確かです。

ただし、多重債務者であっても、延滞遅滞もなく、きちんと返済ができている。安定収入の証明もでき、今回の銀行カードローンの借入が一本化だとすると話しは違います。

消費者金融もおまとめローンとして多重債務の一本化の商品はあります。しかし、銀行カードローンのほうが低金利の場合が多いので、申し込みの価値はあります。審査では、延滞遅滞なく、返済が完璧にできている点が重視されます。あとは、審査次第ですが。

この方法で、銀行カードローンに借り換えして、消費者金融の多重債務は完済して、信用されるために解約して、銀行カードローンで一本化が実現されている方もいます。原則的に金融事故もなく、安定収入でより多くの返済負担の表明が必要になりますが。

審査通過率が低いとされている融資ですが、それまでの信用情報で金融事故がない場合は対応できると言います。試しに、申し込みはオススメです。そのときには、銀行カードローンを新たに借りるのではなく、あくまでも借り換えを目的とすることが必要です。

ブラックリストになっていて、大手消費者金融のおまとめローン審査落ちでは借りれることはありません。ブラックリストになると、銀行カードローンの審査は通らないでしょう。ここだけは要注意になります。それまで、きちんと返済しているということがポイントになります。

消費者金融からの銀行カードローンでの一本化の内容でした。

一本化の借り換えではメリットはある?

おまとめローンをご存知ですか?大手消費者金融の公式サイトにもありますが、借り換えの1つです。既に債務がある方を対象にした商品ですが、お得になる場合があります。

多重債務対応

多重債務とは、数社の金融業者の借入がある場合です。大手消費者金融などでは、カードローンを数枚借入している状態です。

そこで、返済日も返済箇所も違うので、できれば一本化したい。なんとか借り換えしたいというときに、この多重債務の内容を1つの借金に借り換えできる商品があります。それがおまとめローンであり、債務の借り換えの形になっています。

金融業者としては、多い債務になることで、返済能力が高いことが必要になります。多い借入額になりますが、そのときには多重債務であること以外で、きちんとした内容が確認しなければならないでしょう。

借入では、利用可能額としては、消費者金融系では総量規制以上とされています。多い多重債務だとしても返済能力があるのなら、相談ができます。

審査では、返済額が多いとしても、多重債務でも返済が同じです。元金は同じですが、金利が多少低くなります。上限金利が、元金が大きくなることでは、低金利の商品になります。そのときに、金利では低くなることでお得になります。

審査は厳しい

フリーローンと比較して金利が低くなる。元金が大きいことで上限も低くなっていきますが、複数の借入の返済に面倒にならない。1つの債務になることで返済手間も省けることになります。

融資としては大きいことですが、それまでの返済実績がきちんとしていることで、借りれることになります。多重債務であることで、それが総量規制以上だとしても返済能力がある方だけは、審査通過になります。

大手消費者金融でも商品がありますが、審査は一応厳しいです。簡単に借入ができないとの口コミもあります。条件としては、高い確率で完済が可能であり、そこまでの安定収入が続く属性であるなどの条件が必要です。

おまとめローンの記事では、大手消費者金融ではなかなか借りれないけれど、多少低金利になることでは、おすすめの商品です。多重債務になっている場合では、是非検討してみてください。

多重債務でおまとめローンの審査落ちだとしても、それがブラックリストとはならないです。金融事故ではありませんので、申し込みをして審査にチャレンジしてみてください。

元金はそのままで、多少金利が低いことでは、全体の返済額が少なくなる。それが今までと変わらない返済の負担であれば、数%の低い金利になると、お得になります。

中小消費者金融の一本化商品のメリットとデメリット

 
多重債務の借り換えでは、一本化、おまとめローンがあります。大手消費者金融の消費者金融系でもありますが、多重債務の審査ですから、フリーローンよりは厳しいです。

大手消費者金融審査落ちでは中小消費者金融に行けばどうでしょう?

中小消費者金融でもおまとめローンはある

中小消費者金融も借り換えができます。多重債務の一本化ができますので、中小消費者金融では大手消費者金融の借入分のおまとめができます。

大手消費者金融で借入していて、中小消費者金融ではよく少額融資での借入申し込みが多いです。そのときに、数万円の借入ではなく、大手消費者金融の債務分だけを借りたいという申し込みです。申し込みでは、大手消費者金融の債務の借り換えです。

審査は柔軟?

フリーローンよりは厳しいと言うのですが、中小消費者金融のおまとめローンでは平均的に金利が高めです。上限金利だけは、利息制限法の100万円以上では15%となっています。

ただし、それ以上低い金利になることはありません。それが、キャッシングに関しては、おまとめローンにしたけれど、そんなにお得感がない場合も少なくないです。

要するに、多重債務を借り換えするけれど、そんなに低い金利にならない。そこでメリットがあまりないことになります。

中小消費者金融に関しては

中小消費者金融では、優良な多重債務者であれば、多額の借り換えで一本化することで、多い債務で長期間の返済を拘束することができます。

長期間というのは、返済負担が少なくしたりすると長期の総返済額は多くなります。それを中小消費者金融として、安定的な収益になり、返って勧誘することがあります。安定収入で完済可能な方を中小消費者金融の借り換え推奨ですが、時と場合によっては、考えものです。

きちんと完済を目指すのなら、そして、毎月負担が大きくできるのなら、中小消費者金融のおまとめローン、一本化も考えても良いでしょう。ただし、負担は長期間続くことがあり、たいした低金利にならない場合も多いです。

公式サイトだけではわからない

借り換え、一本化の情報は、必ず情報サイトで確認してください。多い債務のおまとめローンでは、低金利になる商品があります。

また、返済期間が長期化では、中小消費者金融では10年間でゆっくり返せるというのですが、それは到底大変な返済になります。そのまま多重債務で完済していくことも同時に検討ですが、多重債務も返済が困難な場合は、債務整理も同時に検討してください。

ブラックリストに関しては、最初から中小消費者金融でも借り換えができない場合が多いです。

借り換え一本化というと中央リテール

中央リテールは中小消費者金融ですが、おまとめローン、借り換え専門の中小消費者金融です。

中小消費者金融というのは大手消費者金融ではなく、ブラックリストでも借りれるとされています。

ブラックリストでも行ける一本化

中小消費者金融でも、他の金融業者ではブラックリストの借入では借り換えは難しいです。

中央リテールでは、ブラックリストが集中してしまうようですが、ブラックリストでも借りれるけれど、審査基準では別の部分で厳しいです。中央リテールに関しては、多額借り換え、借入件数が多い場合しか審査は通らないです。

では、問題としては、高い返済能力が必要であり、完済まで確かな収入が続くこと。そして、毎月高い返済額の支払いができることが必要です。

返済期間が長くすることでなく、どんどんと返済ができる。ブラックリストでは単に債務が多い点だけが問題です。

金利が低い

中央リテールが注目されるのは、そんな条件はありますが、おまとめローンの金利がとても低いことです。大手消費者金融よりも低い金利の借り換えになりますので、きちっと返済ができるのなら、中央リテールはおすすめになります。

借入条件は色々ありますが、異色の存在として、低金利借り換えができるのは嬉しいことです。口コミもとても多いですし、ブラックリスト対応とか、低金利の借り換えの点では一本化の商品としては話題になります。

ただし地域限定

中央リテールの審査では、会社で担当者と対峙して行うことになります。東京に会社がありますので、遠方からの申し込みでは最初から断られることがあります。

会社の審査では、絶対借りれるものではありませんので、確かなことはありません。そこで、必ず会社に行ったとしても借りれるとは保証はありません。

中央リテール審査通過後

すべてのキャッシング、クレジットカードも解約しなければならない。これは、他の金融業者では言われないことです。

中央リテールでは、ここだけの債務にすることが条件です。ですから、借入ができたとしても、クレジットなどが出来ないことでは困ってしまうことがあります。意外にこの点では中央リテールのデメリットとしてますが、ブラックリストでも一本化ができる。その条件を差し引いたとしても微妙な点です。

それでも1年間程度で多重債務も完済ができる。その間のクレジットカードの解約が我慢できるのであれば、中央リテールの利用はおすすめです。ブラックリスト対応の中小消費者金融としてのおまとめローン。それが低金利になっていますので、多重債務者は是非検討の1つになります。

ただし、毎月高い支払いがしなくてはならないことは必須です。公式サイトでの紹介はありませんが、口コミでは7万円程度の返済が出来ないとだめとも言われていますが。真偽は不明です。