おまとめローンはメリットばかりではない?

多重債務でお悩みの方で、おまとめローンの選択を検討されている方もいます。

このときに注意点がいくつかありますが、メリットとデメリットの理解をしてからの申し込みが妥当でしょう。おまとめローンにも意外な落とし穴があります。

メリット

例えば、3社の多重債務者でいずれも18%の金利のカードローンだとします。おまとめローン1つのまとめたときに、元金が100万円以上になるのなら、金利が15%になります。

実は、おまとめローンのメリットとしては1つのローンにできる。多重債務が解消される、金利が多少低下する点にあります。3%程度の金利が下がるにしても毎回返済していくことでは、お得になります。今まで数社の借入ではなく1つになることで返済も楽になり、精神的にも良いことでしょう。

多重債務解消という点だけではなく、全体の金利低下の点ではメリットがあります。100万円程度のおまとめローンでは、15%の金利になって返済負担が小さくなりますというのが最大のメリットです。

デメリットとして

おまとめローンの場合、審査基準が多少厳しいです。それは、数社で分散していた返済リスクが1社に集中します。

おまとめローンの場合、総量規制以上の借入でもまとめられることになりますが、これはメリットですが同時におまとめ後の新規キャッシングができないこともあります。

先におまとめローンは審査が厳しいと言いましたが、基本的には多重債務者だけど余裕のある返済ができる方のための金融商品です。その時に総量規制に余裕があり、おまとめローンの審査も難なく通れば良いでしょう。

しかし、おまとめローンの借入が多額の場合は、その後の新規キャッシングはある程度返済してからでなければ、審査は通らないことになります。

100万円のおまとめローンの場合

これが、総量規制が200万円以上の方であれば、返済にも余裕があります。

たまたま借りすぎた3社のおまとめローン100万円してしまった。だけど、まだ100万円程度リ総量規制の余裕があるときには、おまとめローンの返済がある程度している場合は借りれるかもしれません。

ただし、それはその時の審査次第であり、おまとめ後の新規キャッシングは結構厳しいでしょう。また、100万円以下の総量規制でやっとおまとめローンが総量規制対象外で借りれた場合の新規の借入は当分できないでしょう。

おまとめローンの残額もかなり少なくなっていない。またはおまとめローン完済していなければ、キャッシングができないことになります。ここは要注意であり、デメリットも含めて検討することが必要です。

おまとめローンの意外な厳しい契約内容

おまとめローンに関しては、多重債務者の救済策としての役割があります。本当は、多重債務で大変な状態である。それを1つの金融機関、金融業者が面倒見ることで借金解決する方法です。

総量規制対象外の金融商品

総量規制とは、貸金業法のキャッシングができる限度額です。銀行カードローン以外の消費者金融系、クレジットカードのキャッシングの部分では総量規制が関係したキャッシングになります。

ですが、消費者金融のおまとめローンでは総量規制対象外の商品になっています。これは、債務者に有利な特例として、金融業者にとってはリスキーなことです。ですから、新規キャッシングと比較して審査基準を上げています。

一種の借り換えローンですが、総量規制以上の借入だとしても審査次第では借りれる無担保ローンです。ちなみに総量規制は申込者の年収3分の一ですが、おまとめローンでは年収3分の一以上であったとしても借りれることになります。

そこで、注意として

こうした金融業者には不利なローン商品ですが、おまとめローンの契約のときに他社借入を禁止している事項がある場合があります。絶対でもなく、全ての金融業者の対応ではありませんが、カードローン会社などではおまとめローンの契約したときには他の借入したときには、契約違反ということです。

たまたまおまとめローンで多重債務も解消した。スッキリとしたけれど、新規の借入したいときにそのおまとめローンが他社借入禁止の場合は、おまとめローンの一括返済をしなければならない事態になります。ここは要注意です。

おまとめローンにする前に

絶対に他社借入ができるかどうかの確認してください。

特に総量規制以上のおまとめローンでは、最初から金融業者では借入審査に通らないことがあります。それだけではなく、おまとめローンしている金融業者としては、個人信用情報機関の内容確認で他の審査を受けた、申し込みしたという事実の追跡ができます。そうしたことでは、おまとめローン完済までは他の借入ができないと思った方が良いでしょう。

それは困ると言うときには、多重債務者だけどおまとめローンはしない。他社借入の制限がないおまとめローンにするなどの工夫が必要です。

おまとめローンした金融業者にしても、完済してくれないことには話にならない。他者でキャッシングしているようでは、返済リスクが高すぎるということです。

債務者のためのおまとめローン

返済専用とされているおまとめローンです。金融業者に不利な内容と言えることでは、最初からおまとめローンをするのなら他者借入禁止が多いと言います。

おまとめ後のキャッシングなんて簡単じゃん 

消費者金融では、審査基準が違う金融業者が揃っています。大手消費者金融では厳しいとされていますが、中小消費者金融や街金では甘い審査となっています。そこで複雑な借入ができたりするのも事実です。

ブラック対応の中小消費者金融

中小消費者金融はブラックリストでも借りれると言います。債務整理者も多重債務者も新規キャッシングが出来ることで知られています。それは、ありがたいことです。

中小消費者金融の使い方としては、大手消費者金融で審査落ちだけど、あと数万円の借入したい。来月には完済できるだけの本当の緊急資金としてのキャッシングです。この使い方では、中小消費者金融としては安心して貸付ができることになります。

大手消費者金融審査落ちだとしても完済がで切るのなら借りれる点では、ブラック対応の中小消費者金融になります。

大手消費者金融でおまとめローン

大手消費者金融カードローン借入で数枚になってしまったときに、1つの大手消費者金融でおまとめローンに成功した。それまで、個人信用情報機関では数社の借入になっていたのが、それらの数社の完済記録が付き、1つのおまとめローン対応ということです。個人信用情報では1つのキャッシングしかしていないことになります。

実は、これはその後中小消費者金融などの甘い審査の金融業者では、1つのキャッシングで多少金額は高いけれど、完済記録が多いことで、新規の借入ができることがあります。

おまとめローンの金額、中小消費者金融の希望額にもよりますが、大手消費者金融おまとめローンの審査通過が高い評価に値することがあります。それは、中小消費者金融の審査ですから、良いことですが、おまとめローンと新規キャッシングの多重債務者ということになってしまうことは再認識が必要です。

このときに、大手消費者金融のおまとめローンで、新規キャッシングの禁止になっていないのであれば、そのまま返済が出来ますが。

中小消費者金融としての審査

結局甘い審査というのは、個人信用情報機関で返済能力があると簡単に借りれるということです。大手消費者金融でおまとめローンしようとも総量規制範囲内であり、延滞遅滞などがない時には借りれることもあります。

ただし、大手消費者金融の対応がどうなるか?ですが。大手消費者金融のおまとめローンの時に、完済までの借入しないと言う決まりがない場合のみ、この対応が出来ます。

中小消費者金融としては、事情を知っていたとしても、完済能力があれば貸してくれます。その後、大手消費者金融からの対応が怖いことになりますが。こわごわ新規で借りるのはおすすめしないですが。

おまとめローン後でも借りれる場合?

おまとめローンとは、多重債務の元金を1つにしてしまうことです。その内容として、消費者金融系の借入だけではなく、クレジットカードのキャッシングもショッピングも、銀行カードローンなども含まれる場合があります。

その金融業者の判断ですが、金額が大きなおまとめローンではより低金利になります。それは、申込者にとっても嬉しいことです。

おまとめローンで借金が減額されたのではない

これは大きな誤解ですが、今まで多重債務だったりあちこちの支払いが1つになります。それは、金利が多少下がることは予想されますが、元金は減っていません。単にまとめただけです。

おまとめローンの宣伝では、こんなに返済負担が小さくなるとあります。しかし、内容としては、元金はそのままです。

債務が多いということ

おまとめローンの落とし穴として、多額の借入になったので返済期間が長期化することがあります。

この時に多重債務者でおとなしく返していたら、1年で完済出来たものがおまとめローンで1年半かかったとします。その時に金利が下がったと言っても、結局総返済額がとても多くなってしまうことがあります。

案外気が付かないのですが、金利が下がるけれど返済が長期化してしまうともっと多くの返済していることになります。

おまとめローン後の新規借入

これも問題となっています。

おまとめローンでは、返済負担が楽になります。消費者金融で言うと、総量規制に余裕ができると中小消費者金融などでは、おまとめローンでも返済が続いていると借りれる余裕が出ます。

中小消費者金融としては、個人信用情報機関のデータだけでの判断ですが、おまとめローンとして多い元金と利息の返済中です。それでも、延滞遅滞なく借入していることでは甘い審査のキャッシングでは借りれることもあります。

大手消費者金融では多分無理

大手消費者金融では審査が厳しい点では、おまとめローンで返済中では新規の借入が出来ない可能性が高いでしょう。

大手消費者金融カードローンの借入を他でおまとめローンをする。完済はしているものの、個人信用情報機関では確認されることです。

そこで、大手消費者金融の新規キャッシングというのは出来ないことが多いです。それは、審査が厳しいからであり、おまとめ後は審査は不利になります。

ただし、おまとめローンと言っても、少ない金額でガンガン返している。既に残債が少ない場合では借りれることもあるというのですが。このあたりの審査内容では、残債だけではなく申込者の収入や属性などの加味されるので、一般論として口コミには挙がってこないことです。

中央リテールは正しいのではないか?

おまとめローンを利用した多重債務者。審査通過したのですから、金融業者としても完済してくれたのなら文句はありません。

おまとめローンの審査は新規キャッシングよりも厳しい内容であり、大手消費者金融などでは簡単ではありません。

おまとめローンは厳しいはず

しかし、甘いとされる中小消費者金融でもおまとめローンの取扱をしています。その内容としては、利息制限法範囲内の金利であり、決して大手消費者金融のおまとめローンと遜色はありません。

もし、数%の金利下げで、今だけ苦しいけれど楽して返済したい多重債務者にはおすすめです。ただ、普通の中小消費者金融の新規借入よりも当然審査は厳しいですが、ブラックリストでも借りれる可能性があります。審査は厳しいと言っても大手消費者金融よりは借りれる可能性は高いです。

銀行カードローンは?

銀行カードローンに関しては、大手消費者金融と大きく違うのは総量規制対象外の部分です。大手消費者金融で年収3分の一とされていますが、銀行カードローンでは限度額は銀行で決めた金額です。そこで、おまとめローンにも含まれないこともあります。

ただ、おまとめローンの借入後では、銀行カードローンの新規借入ができるか?というとそれは出来ないことが多いです。個人信用情報機関での債務が多いことが原因だからです。

おまとめローン後のキャッシングでは、中小消費者金融でできるかどうかです。債務が多い時には、さすがに中小消費者金融でも審査落ちです。

中小消費者金融のおまとめローン専用の中央リテール

東京にある中小消費者金融中央リテールは、おまとめローン専門の金融業者です。しかも、大手消費者金融よりずっと低金利の商品であり、注目されています。

さらに、多額の借入も対応していて、多重債務の件数も他のおまとめローンよりも有利です。返済能力のあるブラックリストのためのおまとめローンになっています。月に10万円程度返済ができるブラックリストにはおすすめです。

ところが、契約後には凄い儀式が待っています。

中央リテールが正しいのかも?

儀式というのは、中央リテールに契約したときには全てのキャッシング、クレジットカードの解約の義務があります。それをしなければ、中央リテールのおまとめローンができません。

中央リテールでは、全ての借入を禁止を実力行使をすることになります。乱暴な方法ですが、多重債務者でおまとめローンでなんとか完済したい。そんな借金があるというのなら、他者借入しないという強い意思が必要でしょう。それを強制解約という中央リテールの手段は正しいかも?と思ってしまいます。