複数の借金を1本化できるおまとめローンとは


カードローンや消費者金融など、複数の金融機関から融資を受けている方は多いことでしょう。人付き合いが忙しいときやイベントが重なる時期など、キャッシングができるととても助かりますよね。緊急事態の備えとしてとても頼りになる存在ですが、繰り返し利用していると気が付けば複数から借入をしている状態になっていることもあります。

融資を受けている箇所が複数あると、毎月その数だけの返済期日に追われるので精神的に負担に感じることはありませんか。おまとめローンで全ての借入を1ヶ所にまとめることができれば月々の返済が1つになって気持ちが落ち着きますし、今より利息が安くなる場合もあります。

金融機関が行う貸し付けには金利が発生しますが、借り入れをしている金額が割高になるほど、課せられる金利の上限はお得になります。複数の借入をおまとめローンによって一本化するだけで、金利が安くなる可能性があるのはそのためです。

おまとめローンに申し込みをして審査に通ると、おまとめローンの金融機関から他で借り入れ中の借金を完済します。そして、おまとめローンの金融機関1ヶ所のみに融資を受けている状態になり、毎月の返済も1回でよくなります。

利息制限法という法律が施行され、これにより上限金利が定められています。融資を受けた金額が100万円以上なら金利は最高15%まで、10万円以上100万円未満なら18%まで、10万円未満なら20%までです。

例えば、現在3ヶ所の金融機関からそれぞれ50万円ずつのお金を借りているとしましょう。50万円なので、金利が上限の18%です。これをおまとめローンを利用したところ、1ヶ所の金融機関から合計150万円の借金をすることになります。

150万円というと100万円以上の借入ということになり、上限金利は15%なので、おまとめローンによって金利を15%にダウンさせることができました。返済金額が150万円であることには変わりがありませんが、毎月の金利が安くなり1回の返済日さえ守っていれば延滞する心配もなくなりました。

このような借り入れ状況の方がおまとめローンを利用するなら、メリットが大きいといえるのではないでしょうか。

おまとめローンに一本化するメリットとデメリット


おまとめローンというと、多重債務者の方が今より楽になれるという漠然とした良いイメージを持たれているかもしれません。

これからおまとめローンの利用を考えているなら、もう一度具体的にメリットをおさらいしてみましょう。そして、メリットだけでなくデメリットにも目を向け、本当におまとめローンを利用した方がいいのかじっくり考えてみてください。

おまとめローンを利用するメリットは、多くの申し込み者の方は適用前に比べて金利が少なくなるので、借入している金融機関に返す総額を減らすことができます。

おまとめローンは一般的に多重債務をしている状態の助けになる手段ですが、債務整理でありません。信用情報の登録内容が変わることなく、金利を減少させられます。月々の返済日が1回のみにスリム化されますから、返済金額の管理に余裕も生まれるでしょう。

ただし、返済回数が多くなり返済に要する期間が長引くようになったり、さほどおまとめローンを利用する前より金利が下がらない場合などには、メリットとはいえなくなります。おまとめローンに移した意味をあまり感じられなかったり、人によってはむしろ増額になる可能性もありますので、シミュレーションをして良い結果になることを確認してから申し込むことが大切です。

おまとめローンを利用することのデメリットは、金利が減るとそれだけでお得になったように思いがちですが、利息が少なくなっただけで借金はそのままです。おまとめローンに限った話ではないのですが、融資の申し込みをすると審査が実施されます。少ない金額の融資の申し込みほど審査は甘くなり、まとまった金額になるにつれて審査は厳しさを増します。

貸し付けをする側としては、貸したお金が全額戻ってこなければビジネスとして成立しませんから、大金になるほど信頼できる人物であることを確認しなければなりません。そのため、おまとめローンの審査は金額などによって厳しいことを覚悟しておきましょう。

おまとめローンの利用がスタートしたら、完済するまでは別の借入を新規で行うことが困難になります。場合によっては、契約違反としておまとめローンの金融機関から一括返済を要求されることも考えられます。ご心配な場合は、おまとめローンに申し込むときの担当者の方に聞いて、納得できた上で申し込みを行うようにしましょう。

あなたに合ったおまとめローンの金融機関の選び方


おまとめローンは、現在いろいろな銀行や消費者金融で出している商品です。数が多い分だけ、どこも同じというわけではなくそれぞれの特徴を持っています。

せっかく、いくつもの選択肢がある中で決めるのですから、あなたにピッタリの商品を選ばなければ意味がありません。どのようなポイントに注目をすれば、あなたに適したおまとめローンが見つけられるのでしょうか。

おまとめローンを利用する目的は、基本的に現在の借入状況をより改善させることです。どのような状況になったら改善できたとみなすのかは、人それぞれ違います。

例えば、現在は1ヶ月に何回もの返済日に追われるような生活をしているので、ゆったりと返していきたいという方も多いでしょう。その場合は、金利ができるだけ低く、月々の返済金額が少ないおまとめローンが向いているのではないでしょうか。

または、正反対に少しでも早く借金を完済させたい、そのためなら毎月の負担額は支払える範囲内で高くなっても構わないという場合、金利が高く月々の返済金額が高いおまとめローンを選んでください。ご自分がこれからどのようになっていきたいかを明確化できれば、おまとめローンを取り入れてよかったと思える商品に出会えるはずです。

現在の消費者金融やカードローンの借り入れ状況を把握するには、一度書き出してみるといいかもしれません。返済日・金利・毎月支払ってきた残り借金・完済の予定日・おまとめローン利用前に月々支払っている金額・借金を全て支払い終えた場合の総額・全て返済できた場合の利息の合計金額です。

完済の予定日は金融機関によってバラバラでしょう。表に書き出してみるかエクセルに入力してみると一目瞭然になり、把握しやすくなります。

おまとめローンによって、選んでよかったと思えるところもあれば、逆に返済総額が増えてしまうミスもあります。金融機関によって得意分野や強みもさまざまですので、特徴を理解した上でベストな選択をしてください。

おまとめローンを実行前後の変化


おまとめローンをこれから実行したら、現在とその後とではどのような変化が得られるでしょうか。シミュレーションをしてみれば、場合によってはおまとめローンをしたことで返済総額が高くなってしまうミスを回避することができます。

現在、3ヶ所の金融機関から融資を受けているとします。1ヶ所から50万円ずつ借り入れをしているとすると、3カ所の合計金額は150万円です。金利はそれぞれ18%とし、60ヶ月(5年間)で毎月返済していきます。

すると、借金の元本に金利をプラスした金額を返済しますので、1ヶ月の出費は38,088円となります。このまま順調に返済していった場合、支払うことになる利息の合計額は785,343円、総合計額は2,285,343円となります。

このような借り入れをしている状況でおまとめローンに借り換えた場合、どのように変化するのでしょう。まず、借り入れ先の金融機関が3社から1社になり、毎月の返済期日が1日のみですむようになります。3回はとても多く感じますので、1回になれば精神的な負担が大幅に軽減されるはずです。10日に1回借金の返済があり、この他に家賃やスマホ代なども支払うのですから、気持ちに余裕がなくなってしまいかねません。

1ヶ所から合計150万円の融資を受けることになりますので、借り入れ金額が高いことから金利が安くなります。金利が15%まで改定されます。金利が3%も有利になったことから、1ヶ月の出費は35,684円まで安くなりました。こちらも60ヶ月(5年間)かけて返していくとします。

おまとめローンを実行してから支払う利息の合計額は641,075円に安くなり、総合計額は2,141,075円になります。おまとめローンを利用した結果、利息が144,268円も浮いてしまいました。14万4千円以上も支払う必要がなくなったら、かなりお得になりますよね。

返済にかかる期間はおまとめローンの担当者との話し合いで決められるそうです。どのくらいの期間をかけていきたいか、ご自身の意思を伝えてください。早く完済させたいか、毎月の負担を抑え目にしてもじっくり確実に返済していきたいかなど、まずはあなたの気持ちを明確にしましょう。

悪徳業者のおまとめローンを回避するためのチェックポイント


おまとめローンは現在多くの金融機関で扱っている商品なので、中には悪徳業者が紛れ込んでいることも考えられます。悪徳業者だとは知らずに申し込みをしてしまうと、高額な金利で貸し付けられるなどのトラブルに見舞われかねません。悪徳業者のおまとめローンを見破るためのチェックポイントをご紹介します。

しっかりしている業者なら、貸金業として都道府県(知事)や国(財務局長)に登録されています。利息制限法が施行されている現在では、20%を上回るような高い年利は課せられない法律になっているのですが、守られていないところは登録されていない可能性があります。

登録を行っていなければ登録番号が付与されないので、全く表示が無いか、いい加減な番号を表示しているでしょう。営業所などの管轄である各都道府県の賃金業担当課、または財務局に確認すれば、登録番号を知ることができます。

その業者の設立年数を確認してみて、1年以内のところは注意が必要です。このような歴史の浅い業者は違法な高い金利で融資をする傾向がありますから、別のおまとめローンを探してください。

UFJ、三井、みずほ、三菱など、いかにも大手についていそうなワードを複数組み合わせた社名の業者は、大手だと勘違いしそうになります。本当に大手の金融機関でそんなところがあるのか、検索するなどして確認してみてください。

業者の連絡先を見ると固定電話の表示がなく携帯電話のみだとしたら、その行為が法律違反ですので利用しないようにしましょう。信頼できる業者を選ぶためには、電話番号も大切なチェックポイントとなります。

おまとめローンやカードローン、キャッシングに関するダイレクトメールが届いたり、チラシが投函されていたり、電話がかかってきたことはないでしょうか。「融資の審査に落ちた人でも借り入れができる!」「融資枠を確保しています」などの宣伝文句で誘ってくるところは要注意です。

申し込み手続きのときに、保証人ではなく家族の連絡先を聞いてくるところは、後日取り立てに来るなどの危険性がある悪徳業者だと疑った方が無難です。これらの特徴にあてはまる業者は避け、安心できるところを選んでおまとめローンの申し込みをしてください。