年収3分の一以上のキャッシングは無理

総量規制とは貸金業法でいう借入限度額のことです。年収3分の一がその範囲です。

貸金業法が適用されるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングであり、銀行カードローンではその範囲内ではないです。

総量規制範囲しか借りられない

例えば、大手消費者金融の借入ですが、申込をするとカードローンのキャッシングができます。振込でも良いのですが、その時にあなたが借りられる限度額が提示されます。その間は何度でも借りれる、返済をしたら、再び限度額が元に戻ります。

この要領で、他社、2社目の申込をしたとします。大手消費者金融でも総量規制範囲内であれば、多重債務者はOKです。A社で10万円、B社で20万円。総量規制範囲内であれば、2社程度の多重債務なら大手消費者金融はOKです。

銀行カードローンの分は総量規制に入らないです。こうして、上手に総量規制範囲内の借入をしている限り、審査には支障がないです。現在、多重債務者は案外多いようです。

審査基準の目安

大手消費者金融やカードローンの審査では、総量規制だけが注目されるのではないですが、審査基準としては大きなポイントです。大手消費者金融で借入ができない場合、甘い審査の中小消費者金融業者で借入ができることがあります。

ただし、中小消費者金融も貸金業法の金融業者なので、総量規制以上の申込では審査に通らないことになります。一応、年収3分の一の範囲内で借りているかを確認してください。

審査はそればかりではないのですが、多重債務に関しては中小消費者金融では4社程度は許容範囲です。気をつけるのは総量規制ということになります。

総量規制以上借りたい

以前は銀行系カードローンでは総量規制以上のキャッシングができましたが、現在は無理です。フリーローン等もありますが、消費者金融の借入があると困難です。中小消費者金融では甘い審査が売りですが、総量規制は絶対に範囲内になってしまうことが多いです。

稀に中小消費者金融の顔をしたヤミ金などが、総量規制以上の借入ができると宣伝しています。ここは金融業者ではなく、闇金です街金とは違うので、審査はないですが、法外な金利で付きまとわれることになりますので、利用は厳禁です。

まとめローンだけは総量規制対象外ですが、こちらの審査はカードローンよりも厳しいので、なかなか借りられないのが現状です。多重債務者になって、総量規制以上のキャッシングというのはない話しですから、どこも借りられないのは当然です。

総量規制は守るべき限度額 返済ができない時はどうする?

カードローンでもキャッシング、教育ローン等でも、審査の基準になるのは年収です。

ちなみに無収入では、審査要件にもならないです。必ず収入があることで、返済ができる申込者であることが必要です。

限度額の話し

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、多重債務も合わせて年収3分の一です。300万円の年収では100万円がキャッシングの枠です。この限度額は総量規制と言って、それ以上の現金の借入は禁じられています。

返済ができない限度とされていますが、貸金業法の改正で債務者にとっては厳しい内容になりました。甘い審査の中小消費者金融でも総量規制は守ってしまうので、以前のように困った時の大量借入ができないです。借入をする際に、収入証明書がないのも困り者であり、無職もキャッシングができないです。

サラ金時代とはずいぶん内容が違うキャッシング事情ですが、総量規制で守られてからの債務整理者は激減したといいます。その一方で、ヤミ金は増加傾向です。

多重債務者になったら

大手消費者金融、銀行カードローンでも総量規制範囲内で、少額のキャッシングであれば多重債務ができます。審査上で返済能力があるのなら、金融業者としては様子をみている状態です。

大手消費者金融等の多重債務では、無利息期間のはしごなどで、得するキャッシングをしている場合もあります。お金のことは、キャッシングの審査が簡単になっていることから、多重債務も申込もすぐにできます。そして、総量規制範囲内で上手に返済ができるのなら、問題はないと言う判断です。

中小消費者金融業者の審査の柔軟さは、借入件数4件、そこまでで少額のキャッシングができることが多いです。10万円未満の借入で20%の金利。返済負担が少なく3,000円からの返済。こんなプランも少なくないですが、それでも借りたい方にとっては助かる内容です。

返済総額は多いですが、完済ができる範囲内、総量規制範囲内でのキャッシングをすることです。

総量規制ギリギリになったら

返済が苦しい状態で、まだ借りたいと言う場合は、2つの方法を模索してみてください。

1つはまとめローンです。借り換えの形で、多重債務を1つのローンとして、低金利のまとめローンに借り換えです。条件としては、返済ができるだけの安定した収入があることです。
その際に、勤続年数や会社などが審査対象になりますが、なんと総量規制以上の借入でもOKです。

もう1つの方法は、返済ができないと判断しての債務整理です。弁護士等に相談した上で、適切な債務整理をしましょう。総量規制範囲内で着実に完済ができるのなら良いですが、1円でもオーバーで金融事故者になります。

実は延滞遅滞と繰り返していくことで、金融事故の内容も重くなってしまいます。債務整理の金融事故ですが、前向きのブラックリストであり、しばらくはキャッシングができないですが、総量規制以上の借入するよりはマシです。

2つの方法で、総量規制の範囲内での返済をしてみてください。

申し込みブラックになったらどうする?

中小消費者金融業者の審査は甘いです。アコムやプロミスのようにネームバリューがないのですが、全国には街金等の名称で金貸し業を行なっています。現在は、インターネットで情報入手ができますが、キャッシング機関としては大手消費者金融と同じです。

何かと便利な中小消費者金融

中小消費者金融の存在では、是非検討してほしいのが、申し込みブラックの方たちです。申し込みブラックとは、大手消費者金融等に短期間に続けて申し込みをすることを言います。

個人信用情報機関では、申し込みをしていることが、お金がない、焦っている=返済が危ないと見られます。最初の申し込みで審査落ちになった場合は、今は借りられないという判断です。それなのに、同等の審査基準の大手消費者金融に申し込みをしたことで、危険な行動として金融事故者になってしまいます。

ところが、中小消費者金融では原則的に申し込みブラックリストに関しては、寛容な審査で対応します。続けて申し込みをした事実ではなく、普通の審査が行われることになります。

大手消費者金融の審査落ちの原因

中小消費者金融とは違うので、大手でダメでも中小消費者金融では借入ができる方は少なくないです。

ただし、総量規制範囲内であることが大原則です。甘い審査の内容では、借入件数だったり、債務整理からの期間で審査通過です。

でも、総量規制以上の借入したいと中小消費者金融に行くのはかえって逆効果です。絶対に審査落ちになってしまうので、借り過ぎている場合だけは、どうしても中小消費者金融にいくのは回避されることをオススメします。

申し込みブラックの時だけに有効な甘い審査であることを認識してください。

申し込みブラック

申し込みブラックになると、半年間の申し込み審査落ちになります。大手消費者金融では、一度審査落ちになると1ヶ月以上は絶対に申し込みはしないことです。簡易診断はOKですが、きちんと住所氏名の入力がある申し込みには対応しないことです。

申し込みブラックで、総量規制範囲内である場合だけ中小消費者金融での審査を受けることができます。これだけの審査ではないのですが、消費者金融では審査の甘さに関係なく総量規制には厳しい対応になります。多重債務者でも総量規制範囲内であればなんとかなることがあるのですが。

また、当然ながら、借りるためには返済ができると判断できる収入証明書が必要です。キャッシングに不可欠な収入証明書がなければならないです。原則パートやアルバイトでも対応していますが、年収3分の一範囲内でしか借りられないので、ここは要注意です。

まとめローンは総量規制対象外だけど審査は厳しい

返済に問題がない方に対してですが、現在多重債務者であるのなら、まとめローンを検討してみてはいかがでしょうか?

総量規制範囲内の多重債務者

多重債務者とは復数の金融業者からの借入で同時に返済をしている人です。この多重債務者の中身では、消費者金融系の借入しか対応していないので、銀行カードローン、教育ローン等の目的ローンは含まれないです。

プロミスやアコム、アイフル等の大手消費者金融、クレジットカードのキャッシング部分だけが、多重債務の対象借金になります。まとめローンの申し込みは、この多重債務の部分を1つのローンに借り換えをすることが目的です。

多重債務者よりまとめローンが良い理由

多重債務者では、1つ1つのキャッシングで高い金利を払っています。まとめローンでは、まとめた金額を一度に借入することになりますので、利息制限法によって金利が下がることがあります。

現在、18%での多重債務であり、100万円以上の残務があれば、100万円のまとめローンができます。利息制限法では100万円以上の借入では、金利が15%以下になります。要するに、まとめたローンの金利を下げることが可能になることで、まとめローンにすることで返済が減額されることになります。

総量規制以上になって良い

貸金業法のまとめローンですが、総量規制以上になっても良いです。これは、まとめローンの目的が借入ではなく返済が目的になるからです。新規の借入ではなく、金融業者に多重債務の完済をしてもらって、その借金を返済することになります。

新規キャッシングではないことから、総量規制以上になったとしても、審査に通ることになっています。総量規制の部分だけで、あとの審査要件次第ですが、金融業者としては、多額のまとめローンで完済見込みがあるのなら、審査に通ることになります。

甘い審査の中小消費者金融でも、利息制限法は発動されるので、まとめローンになると、低金利になります。

消費者系のまとめローンはオススメ

ベストなのは、今と変わらない毎月の返済額でまとめローンを行うことです。金利が下がることで、毎月元金の減り方が大きくなります。18%から15%と言う金利も、毎月のことが積み重ねることで、思ったよりもお得な内容です。

まとめローンでは、借りると言う感覚よりは、多重債務者を完済していくだけの返済専用のローンです。金融事故者にもならない、総量規制以上のキャッシングとなっても支障がないです。大手消費者金融でも専門業者もありますが、審査は一応厳しいです。

中小消費者金融でもまとめローンはありますが、返済期間が長期化してしまったりする場合もあります。正社員等の安定収入が条件になりますが、現在も返済ができるけれど、もっと楽したいという方に総量規制対象外のまとめローンはオススメです。

総量規制とブラックリスト 相談すべきはどこ?

消費者金融の中でも中小消費者金融業者や街金は、融資ブラックと入れています。カードローンはないところが多いですが、お金を借りる審査として甘いところが多いです。消費者金融系としては、銀行系よりも審査は甘めです。ただ、中小消費者金融の融資は、他とは違います。

ブラックリストでも借りれる

大手消費者金融審査落ちの多重債務者、申し込みブラック等、アコムやプロミス、レイク、アイフルなどでも借りられない方でも、中小消費者金融と街金では審査が開始されます。

無職はNGですが、年収額からの総量規制範囲内であれば、大手とは違う審査で少額のキャッシングができます。総量規制範囲内だけは厳守ですが、甘い審査の金融業者になります。

まとめローンもある

多重債務者では、それ以上のキャッシングができない方は多いです。借入件数では大手消費者金融では頑張っても3件です。中小消費者金融では4件程度ですが、総量規制からの逸脱はできないです。

ただし、まとめローンの審査では総量規制対象外として年収3分の一以上でも借入ができることがあります。この多く借入ができる点では、返済ができる証明が必要です。

ですから、多重債務者でも他に銀行カードローンの借入がある。教育ローンや住宅ローンの支払いをしている方は厳しいです。中小消費者金融でも返済期間を長くしての審査通過もありますが、この場合は安定した年収額であり、正社員などが対象になります。

中小消費者金融のまとめローンでも借入ができない。総量規制以上の借入ができない。返済が無理な場合は債務整理しかないです。

どんな状態でも弁護士等に相談を

弁護士や司法書士に総量規制以上の借入の可能性の時には、相談をしてください。この時に債務整理前提がベストです。相談している弁護士に依頼ではなく、どんな方法があるか教えてほしいが良いです。

必ず復数の弁護士に話しを聞いてもらい、自分で債務整理の内容を検討してください。言われるままではなく、信頼できる弁護士に話しを聞いてもらいましょう。

先の話しになりますが

実は無職だったり、収入が不安定。生活保護までに深刻な多重債務者、総量規制の融資ブラックの場合は、自治体等にいくのもありです。

払えないからどうしようではなく生活費がないのなら、民間で自分でどうにかしなければというよりは自治体から助けも受けてください。方法はいろいろですが、完全な借金から自立を促すためには、簡単に考えないほうが良いです。フラフラとヤミ金にいくようなことは絶対にありませんように。

無職と総量規制以上のキャッシングができる。生活保護に貸せるキャッシングはないです。闇金だけには引っかからないことです。