銀行のまとめローンは諦めたほうが良い?

借金返済が楽になるまとめローンを知っていますか?

まとめローン

消費者金融の金融商品の一つで、多重債務者対象の借り換えローンです。その目的は、多重債務を1つのローンにすることで、元金は変わらないのですが、金利が低くなって返済額を小さくすることです。

多重債務というだけで、それぞれ金利が違って返済額と返済日がまちまち。どの借金がどうなっているかの把握ができない方も多いです。

それを1つのローンにすることで、毎月の返済金額の把握もできますし、金利が小さくなることで、利息部分も減少します。多重債務解消と低金利返済の2大メリットが大きな魅力です。

審査が通らない?

最新情報なのですが、まとめローンは銀行などでも推奨している商品でした。

銀行カードローンは、限度額が大きいことから、まとめローンとしての使い方ができると宣伝していました。ところが、ここ最近それができない、審査が通らないと話題になっています。

銀行のキャッシングは、消費者金融と違い最初から融資限度額が任意で決めることができました。審査が厳しい分、300万円とか500万円というワイドな金額が売りでしたが、ここにきて金融庁から、過剰融資が問題なっています。

そこで、銀行でのカードローンの限度額の抑制が始まっています。今まで審査が通っていた方も、以前と比較して審査がもっと厳しくなったようです。銀行カードローンでのまとめローンはなかなかできなくなってきたのです。

キャッシング業界の異変

銀行の貸付残高が消費者金融よりも大幅に増加していることが発表になってから、銀行での借り入れ環境に引き締めが始まっています。借金返済が大変になって、債務整理も自己破産者の増加が問題視されています。

信用情報機関の照会で、もともと銀行カードローンは審査も厳しいとされてきましたが、返済能力のある方に着いてしては、実はザルのように融資を続けていたという現状が露呈しています。

まとめローンに関しては、最初から多額キャッシングをすることが前提の商品ですから、銀行でのまとめローン、フリーローンにしても限度額の見直しが始まっているのです。

だから、消費者金融でのまとめローン

じゃ、銀行カードローンよりも審査の甘い消費者金融のまとめローンに着目です。金融会社として審査が銀行よりも甘い大手消費者金融では、一部の金融業者でのまとめローンを出しています。

もともと総量規制が決まっていて、年収3分の一限度額がベースの消費者金融ですが、まとめローンは総量規制対象外です。ですから、多重債務でも対応できます。これからのまとめローンについては、消費者金融を中心に考える時代に突入したといえるでしょう。

月々返済額は小さくなるのが魅力だけど

消費者金融のまとめローンの審査は、フリーローンよりも厳しいです。保証会社の保証を受けるため、個人信用情報も細かく見られます。

そして、借り入れ件数が多いとダメ、年収に対して金額が大きいとダメ、借入先によっては、審査そのもの対象外など、とにかく細かいです。

まとめローンは多重債務救済策ではないといいう金融専門家もいます。多重債務は悪者という見方もあるのに、解消のために多額の融資を簡単にするわけがないと言うのが理由の一つです。まとめローンの現実は厳しいと言うことです。