銀行カードローンのおまとめローン

銀行カードローンというと、低金利で銀行という安心感があることからとても人気があります。

銀行カードローンもおまとめローンを扱っているところがあり人気がありますので、これからおまとめローンに申し込むなら銀行カードローンから検討することをおすすめします。しかし、おまとめローンを利用する前と後とで金利を比べた場合、もしかしたら返って返済金額が割高になってしまうケースもありますので注意が必要です。

複数の借入を返済していて、早く支払わなければ滞納になり、このままでは信用情報に事故歴が登録されてしまうというところが1ヶ所でもあるなら、損をしてでも別の金融機関から返済できるようになることが、事故歴回避につながることはあります。

信用情報に登録されてしまうと、何年かは自動車ローンや住宅ローンが組めなくなるなどのリスクが発生します。おまとめローンは返済をラクにするだけでなく、そういった活用方法もあるのですね。

信用情報に載ってしまうという危機的状況でなく、いくら複数で借入をしているといっても問題なく返済ができているなら、おまとめローンを利用すると返済総額が高くなってしまうだけということもあります。おまとめローンにすればなんでも低金利になっていいというわけではないことを認識し、注意してください。

例えば、融資を3カ所の金融機関から受けていて、それぞれ10,000円ずつ毎月順調に返しているとしましょう。おまとめローンにすると1ヶ月の返済負担を減らしてくれますから、仮に月々20,000円にできたとします。

ということは、30,000円から20,000円になったので毎月の出費は10,000円安くなるのですが、返済期間が長くなってしまいます。月々の金利が低くなったとしても、長い期間かかることにより、トータルの支払金額がむしろ大きくふくらんでしまう結果となります。このようなことがあっては、意味がありません。

おまとめローンを検討するときは、低金利になることより最終的な支払総額を比較することが重要です。低金利と言うととても得をするように勘違いしてしまうのですが、毎月の負担額ではなく、総額の負担で比べなくてはいけないということを忘れないでください。