ローン審査の甘い所 多重債務者

銀行や消費者金融の審査時に重視される審査項目の中に、現在の借入額というものがあります。申込者が債務整理や自己破産、延滞などで金融事故を起こしていないかという点は一番重要視されますが、それと同じくらい借入額というのは大事になってきます。

1社から多く借りている場合はまだマシなのですが、数社から借りている場合、返済が大変になってくる多重債務者になってしまっているので、自社の返済をしっかりしてもらえるかという点で信用がなくなってしまいます。ですので、多重債務者に対しては、特に注意した審査を行うとのことです。

また、銀行は関係ありませんが、消費者金融は貸金業法の総量規制の範囲内で貸付けを行わなければいけません。他社借入総額が既に年収の3分の1程度あった場合などは貸付ける事ができません。

一見ケチな規制なようにも思えますが、消費者が借金を重ね過ぎて生活苦になってしまわないように考慮した規制ですので、これは貸金業者としては必ず遵守しなければいけない決まりになっています。

ただし、多重債務救済手段としてまとめローンがあります。まとめローンは、複数の借金を一本化して返済を楽にするローンです。もしも、多重債務で困っているのであれば、まとめローンを利用するのもひとつの方法です。

ただ、多重債務でひっ迫している状態の人に対して、銀行などの金融機関や大手消費者金融はあまり良い判定をしてくれませんので、いくらまとめローンでも審査に落ちてしまう場合もあります。そういう場合は、審査の甘い中小消費者金融でまとめローンの申し込みをするのがおすすめです。

まとめローンというと、みずほ銀行などのメガバンクなどが有名ですが、消費者金融でも利用する事ができ総量規制対象外となるので、消費者金融で気にする事なく申し込めます。さらに、その中でも中小は審査が甘いので、まとめローンを申し込むにはうってつけです。

大手消費者金融などでダメだった場合は、中小で申し込んでみてください。