大手消費者金融と中小消費者金融の借り換えローンの違いとは?

おまとめローンは、別名借り換えローンと言われています。

カードローンでは消費者金融では総量規制範囲内で多重債務になったり、何回も借入してしまい、債務が多くなります。その時に、持っている債務を違うローンに変える。それが、借り換えだったり、おまとめローンになります。

住宅ローンで経験者は多いはず

多額の借入住宅ローンの契約では、金利が1%違うだけでも総返済額が違います。変動金利にしたり、固定金利がありますが、ある程度返済をしていくと、借り換えのチャンスがあります。

そのときに、2000万円の住宅ローンで2%の金利で、借り換えができます、今度は2000万円で1%の金利になる。それは、審査に通れば、総返済額が大きく変わることになります。

住宅ローンでは、借り換えは一般的です。それが、消費者金融やキャッシング、銀行でも商品があります。

仕様は同じ

多重債務では、大手消費者金融3社でどれも18%の金利だとします。50万円以下の借入では18%になることでしょう。150万円の3社多重債務では18%です。

おまとめローンでは、150万円1つの債務になって、金利が15%になります。このときに3%の金利が下がることになります。住宅ローンの借り換えと同じであり、いかに低金利にして返済を少なくするかと言うことです。

消費者金融のおまとめローンはこれが大きなメリットとなっています。ちなみに、大手消費者金融にも中小消費者金融にもあります。

中小消費者金融では金利が高くなる?

金利では、利息制限法が決まっています。その点では、大手消費者金融も中小消費者金融も同じです。金利差でいうと、10万円未満では20%の金利になる差だけです。

要するに、大手消費者金融も中小消費者金融もおまとめローンでは内容が同じということ。審査に関しては、中小消費者金融では甘い事になり、お得キャッシングができることになります。

甘い審査のおまとめローンではこうした事実もあり、審査に通れば18%の大手消費者金融カードローンの返済も結果的に低金利になります。おまとめローンでは、債務が大きくなることを考えると、金利面では大手消費者金融と同様です。

最初から中小消費者金融の借り換えも

おまとめローンでは、少ない金額の方が審査は通りやすいです。

中小消費者金融の甘い審査の場合は、50万円から、100万円からとなっている場合が多いです。その時に、有利な金利と言えば、100万円以上のおまとめローンの方が、低金利になるだけではなく、お得になります。

そうではなく、50万円程度のおまとめローンであれば、金利が18%になります。大手消費者金融カードローンと同じ金利なので、メリットがないことになります。

ブラックリストでは借り換えは難しい

借り換えで最も審査に通りやすいのが、債務がある金融業者に改めて申し込みをすることです。

今債務があるところに借り換えをする。その時に、他社借入がある部分も一緒に多重債務のおまとめローンにする。審査が通りやすいとされているパターンです。

信用がある

この債務がある金融業者で借り換えとは、それまでに返済ができているという実績があることが信用です。他社借入があることも個人信用情報機関を確認したらわかります。順調に返済をしているのなら、この人はきちんと返済ができると信用されることになります。

例えば、大手消費者金融カードローン、中小消費者金融のキャッシングをしていて、中小消費者金融の借り換えローンの申し込みをするというイメージです。このときに、大手消費者金融カードローンも中小消費者金融のキャッシングも一緒に借り換えしてしまう。中小消費者金融の返済が順調であれば審査通過になります。

既に信用がある、取引している間に借り換えしてしまうこと。きちんと返済をしていることが証明できるのであれば、キャッシングができることになります。借り換えではこの方法がベストです。

甘い審査ですから

中小消費者金融そのものでは、甘い審査とされています。そこで、大手消費者金融審査落ちでも借りれる場合が多いです。このときに、おまとめローンでは、金融事故は危ないとされています。

ローンカードでは大手消費者金融しかないものですが、中小消費者金融ではブラックリストでも新規で借入ができます。ところが、おまとめローンではブラックリストでは審査が通らないことが多いと言います。

中小消費者金融では、審査が甘いので、ブラックリストではフリーローンは大丈夫。しかし、おまとめローンに関しては、借入ができない可能性が高いといえるでしょう。

ブラックリストでは、さすがに多額のおまとめローンでは審査落ちになることが多いです。フリーローンしている消費者金融での借り換え、おまとめローンしたいときには、順調に返済している場合のみです。また、借り換えでは、総量規制以上というのですが、あまりに多いときにも審査落ちです。

ブラックリストでも借りれる甘い審査の中小消費者金融でもおまとめローン、借り換えでは慎重審査になってしまうというのが現状です。甘い審査だからと言っても、借り換えも簡単ではないようです。多額の借り換え、おまとめローンでは、そう簡単に審査は通らないことになります。

融資の借り換えでは、返済負担は元金が変わらない、金利が多少低いだけという内容です。甘い審査でも同様です。

借り換え商品は色々ある、銀行に存在している

カードローンは消費者金融も銀行もあります。新規の借入の方法ですが、カードローン会社では借り換えやおまとめローンがあります。銀行も新規のカードローンの借入ではなく、他社借入も一緒にした借り換えもあります。

多重債務ではおまとめローンになりますが、高い金利の債務を低い金利の債務にする。

金利が低くなること

借り換えのメリットは低金利になる部分です。多くの借り換えローンやおまとめローンでは、債務が多いほど低金利になります。高い金利での多重債務者では、借り換えで低金利になることを期待しています。

銀行カードローンなどでは、もともと低金利の商品です。それが、借り換え対応もしています。その時に、それほど低金利の実感がない場合があります。

高い金利のキャッシングなどを借り換えでは、銀行の審査では厳しい場合も多いです。銀行カードローンなどでは、消費者金融よりもずっと審査基準が厳しいこともあります。

ネットなどでは、銀行の融資で借り換え対応もしていますが、それほどメリットはない場合が多いです。信用情報が悪いだけではなく、返済能力の高さが要求されることになります。

消費者金融の借り換え

金利でいうと、それほどではないとの口コミがあります。利息制限法範囲内ですから、上限では100万円以上で15%、50万円未満で18%です。ですから、100万円以上の借入でやっと15%の金利になります。

このときに大手消費者金融カードローンで18%であるとしたら、100万円以上の債務がないと、借り換えの意味はないことになります。返済期間を長く設定すると、低金利のメリットがなくなるなどの指摘があります。

100万円以上の借入があるのなら、消費者金融系の借り換えができるということです。

甘い審査の中小消費者金融でも

100万円以上の借り換えでは、中小消費者金融も同様です。そこで、大手消費者金融や中小消費者金融の多重債務などで100万円以上の債務があるときには、借り換え検討が妥当です。借り換えでは甘い審査の中小消費者金融もしっかり対応しています。

おまとめローンとして多重債務の救世主的な存在ですが、返済期間は短期であればあるほどメリットが大きいです。審査では、信用情報で金融事故がないことが必要です。

甘い審査だけど

おまとめローン、借り換えに関しては金融事故がある、ブラックリストでは借入ができないといえるでしょう。また、多すぎる債務では、この借り換え対応はしていないです。

総量規制以上の借りれるというメリットがあるものの、その限界は大きいことでしょう。総量規制を少し多い程度で借りれるということになりますが、そんなにたくさんの借り換えでは返済リスクがとても大きいことになります。

ブラックリストで借り換えができた?

甘い審査の借り換えと言えば、中小消費者金融のおまとめローンなどです。借り換えができるとされていますが、審査は多少難しくなると言います。

中小消費者金融で審査甘いのはフリーローンだけ?

債務が多い方には借り換えもできるとの説明があります。

200万円、300万円程度の限度額で、債務が多い方の審査をします。その時にブラックリストであれば、借りれない事態があります。

中小消費者金融ではブラックリストでも借りれるのは、債務がある場合では数万円の少額融資になります。そこでこんなに債務が多いけれど、借り換えしたい。その時には、全ての返済ができる可能性の審査ですが、ブラックリストでは厳しいことになります。

ブラックリストは返せないのに、こんなに借り換えで多額の借入では返済リスクが高いでしょう?ということに。そうなると、審査は通らないでしょう。

ブラックリストだから通らない。中小消費者金融の厳しい現実です。

ところが大逆転

銀行カードローンにしても、中小消費者金融も情報サイトを逸脱した口コミが存在しています。

情報サイトとして紹介されるのではありませんが、口コミとして借りれたという方が、ブラックリストの場合があります。そのときに、中小消費者金融では担当者と対峙して審査をしていくことになります。

その時に、ブラックリストだけど借り換えができる方がいます。口コミでは挙がらないのですが、中小消費者金融や甘い審査の金融業者では、高い収入が安定している方には、借り換えの勧誘をすることがあると言います。

借り換えの勧誘

本当は新規で借りたいけれど、借り換えすることで得になるという情報提供を行うことがあります。真意としては、完済ができる上客であれば、中小消費者金融としては収益が大きいことでしょう。

返済負担を小さくして、中小消費者金融では最長10年間という返済ができます。それは美味しい話しですが、返済の総額がとても大きくなってしまうことがあります。その勧誘もありますが、多重債務は解消されることになります。

信用情報ではブラックリストだとしても、高い収入がある場合では、こうした金融業者からの勧誘も存在しています。自分からの選択ではありませんが、甘い審査の金融業者ではパターンが多彩でしょう。

原則的にはブラックリストは借りれない

ブラックリストの場合は、借り換えができないと言っても良いでしょう。債務が大きくなってしまうことでは、完済は困難になるでしょう。信用情報で金融事故がある場合では、債務があるときには、おまとめローン、借り換えはできないと思ってください。

勧誘されたときには、よく検討されることです。裏もある話しの場合もあります。

借り換えはおまとめローン専用の中央リテール? 

甘い審査の借り換えといえば、おまとめローン専用の中央リテールでしょう。甘い審査には真偽がありますが、中小消費者金融の存在と実際にブラックリストでも借りれるので、甘いと言っても良いでしょう。

借りれる方限定の借り換え

限定というのは、おまとめローン専用ですが、ブラックリストでも借りれるとしても条件がたくさんあります。

一番は、とても多い債務であり、借入件数も多いこと。これはありがたいことですが、延滞遅滞もなく、7万円以上の返済を毎月行うことができることが必要です。

要するに、とても債務が多いけれど、確実に返済ができている。しかも、返済額が高くなければならないというのが条件です。

債務が多い時点だけでブラックリストの部分です。延滞遅滞者、債務整理者だけど借りれるという甘い審査ではありません。

人気は高い

中央リテールの難しい借り換えですが、ブラックリストでも借りれるのは甘い審査です。

しかし、実際には上限金利13%という低金利ではとても人が高いです。条件が多いけれど、消費者金融系でこの低金利では返済総額がとにかく小さくなります。この口コミであっという間に、完済できることが期待できます。

大手消費者金融カードローンでは5%も下がる点では、借り換えでもメリットが大きいことになります。しかも、完済のためにたくさんの返済ができるのなら、完済が早いです。

中央リテールでは完済ができる可能性が大きいと言うのは、メリットであり、人気です。毎月返済額を大きくすることでは、10万円程度の返済ができるのなら、借り換えが良いでしょう。

もう一つのデメリット

大型の債務の借り換えが可能な中央リテールです。原則的に個人信用情報機関的には、新規の借入もできないことになります。それは、申し込みしてみて審査落ちということでしょう。

ところが中央リテールでは、全てのキャッシングもクレジットカードも解約しなければならないです。解約強制がありますので、抵抗がある方もいます。

メリットとデメリット

中小消費者金融の甘い審査の中小消費者金融は低金利がメリットです。

デメリットとしては、条件がとても限定的です。信用情報で金融事故があっても借りれるのですが、延滞遅滞では審査落ちです。

中央リテールの金融事故では、債務が大きい程度です。あとの金融事故では借りれないことになります。審査では、東京の来店審査で行うことになります。地域限定のキャッシングになりますが、その点も実はデメリットになります。