全然借りれないおまとめローンを通過させる3要素

おまとめローンに全然借りれないとしても、少しの改善をするだけで審査に通過しやすくなる可能性があります。主に以下の3つの要素を見直してみて、審査に通りにくい原因がないか確認してみてください。

おまとめローンだからといって借入件数が多過ぎると、審査落ちにつながります。4カ所以下なら審査に通ることが期待できますが、5カ所を超えてしまうと全然借りれない可能性が一気に高まります。

借金の完済はまだまだ先だという場合も、繰り上げ返済をすれば本来の期日より前倒しで支払うことができます。繰り上げ返済をして、借入先件数を4カ所以下にしてください。借金残高が大きいことより件数が多いことの方が、審査には不利に働きます。

安定した収入を得ているという申し込み条件は満たしていても、勤続年数が1年より短いと審査に通りにくくなります。今はまだ1年に達していなくても、このまま順調に月日が過ぎていけば必ず勤続年数の問題をクリアできるのですから、1年以上になる日まで少し待ってみてください。

審査に通過しやすい金融業者を選ぶことも忘れてはいけません。それは銀行ではなく消費者金融のおまとめローンを選ぶという単純なことです。

確かに銀行の方が安心感がありますし、金利が低いという魅力的なメリットもあります。消費者金融の金利の方が高めの設定ではありますが、このまま銀行で手続きをして全然借りれない日々を過ごしていくよりは、すぐに一本化できた方が精神的にいいのではないでしょうか。粘ったところで、銀行の審査にこの先通る保証はありません。

これらの3つの要素をすでに満たしているなら、審査落ちの別の原因を突き止める必要があります。まだ、これらの3要素に着手していないならとても基本的なことばかりですので、すぐに行ってください。

借金残高が年収の3分の1より膨らんでしまったので、貸金業法の総量規制に抵触することから、消費者金融のおまとめローンは契約できないと心配されている方もいるかもしれません。おまとめローンは、他のキャッシングなどと違い貸金業法の総量規制の対象外ですので、年収の3分の1以上の金額の借り入れも可能ですから、気にせず申し込みをしてみましょう。