銀行と消費者金融のおまとめローン

銀行と消費者金融のおまとめローンは内容が少し違います。

銀行

ネット銀行などのフリーローンは、限度額が高めに設定されていて、キャッシングが多くなるほど金利負担は小さくなります。収入に応じて、限度額が変わりますが、あくまでもその方の限度額内での貸付けになります。

消費者金融

消費者金融では2つの方法があります。それは総量規制です。
商品としてのおまとめローンは総量規制対象外です。ですから、総量規制以上の借り入れのときには、返済専用のローンになります。したがって、カード発行がない形です。一度おまとめローンとして借りたとしたら、その後の借り入れは自由に出来ません。

総量規制範囲内でのおまとめローンができる場合は、カードを使ってまとめローン分(他社借り入れ金額)を借りることが出来ます。例えば、現在多重債務100万円の方が、総量規制が200万円あるとします。そうすると、総量規制の限度内100万円を借りて、多重債務完済をして、200万円の借り入れ1本になるという方法です。

こうすることでカードは使えますが、多重債務の額が大きいと新たな借り入れそのものは難しいです。ですから、消費者金融のおまとめローンで、返済だけができる形にした方が良いのです。

どちらにしても、多重債務の額が大きいほど審査は厳しいです。
公式サイトなどでは、金利負担の軽減、返済額が小さくなるとの情報で、利用価値が高いと書いてあります。実際にはなかなか審査が通らず、多重債務の解消にならないのが現状です。

ネット銀行などではフリーローンとして多額の限度額が宣伝されています。
例えば500万円とか300万円と言った内容ですが、その金額の借り入れをしようと思ったら、

  • 収入が高い
  • 信用情報でまったく金融事故がない
  • 現在の借り入れが2社程度で少ない
  • 安定した会社員

などです。
借金の内容も問題ですが、過去に何らかの返済トラブルを起こしていたり、2社の多重債務者は、少ない金額でなければ、あの高い限度額の銀行キャッシングは難しいです。
よって、銀行で多額のおまとめローンは出来ない可能性が高いです。

大手消費者金融でもおまとめローンは、業者を選ぶ必要があります。
借入額は少ないほど良く、総量規制対象外の商品ですが、返済が小さいほど審査には有利です。
職業でいうと、安定した会社員の方が良く、自営業者やアルバイトは審査が甘くなることはないでしょう。

過去に債務整理をしている、クレジットヒストリーが良くないなどのネガティブ情報があるキャッシング利用者などは、最初からおまとめローンはできないと思った方が得策です。