おまとめローンの審査に影響する過去の返済状況

銀行や大手消費者金融などのおまとめローンの審査を受けて通らなかった場合、中小消費者金融の方が審査が甘い可能性が期待できるといわれています。

しかし、いくら審査が甘いと評判だからといって、申し込みをしても誰もが落とされないわけではありません。おまとめローンの審査担当者は、申し込み者のどんなところを見ているかを知れば、適切な対策をして備えることができるでしょう。

どんなローン商品の申し込みでも共通していることですが、融資した資金が戻ってきてくれないと儲けが発生しませんので、そのためにこれまでの返済状況がチェックされます。年収が高い人の方がしっかり返済できそうなイメージがありますが、例えばギャンブル好きの人などは、どんなに高収入でも浪費癖がありますので、たくさん入ってもどんどん使い切ってしまいます。したがって、収入の高さと返済能力の有無は別なのです。

これまでキャッシングやカードローンを利用してきた場合は、そのときの返済履歴が確認されています。毎月の返済日はしっかり守られていたか、滞納が多かったり踏み倒すようなことはなかったかなどです。そして、一番理想的なのは未納や遅延がない方です。借り入れ残高が多い人と少ない人とでは、やはり少ない人ほど審査で高評価が得られます。

さらに、総量規制によって消費者金融などは年収の3分の1までしか融資が認められなくなりました。そのことを受けて、おまとめローンでも借り入れ残高が年収の3分の1より少ない方がより審査に有利だといわれています。

おまとめローンの申し込みフォームには、現在の職場での勤続年数の欄があります。金融機関から融資を受けた最初の日から現在まで、同じ職場に勤務し続けているかどうかがチェックされています。もちろん、同じところで長期的に従事していることが理想的です。

おまとめローンの審査でいい返答を得るために、初めて融資を受けた頃から現在までの間に、役職が1つでもアップしているでしょうか。もし昇進している方は、そのことを伝えると審査に有利だそうです。審査が甘いといわれている中小消費者金融のおまとめローンに申し込むときでも、できるだけ高評価につながるアプローチはしておきましょう。