消費者金融と銀行、総量規制の扱いについて


キャッシングしたいと思っていろいろ調べていくと、お金を借りられるところは銀行と消費者金融があることがわかります。どちらも同じようですが、実は相違点が多いです。一番違うとされるのは、総量規制の存在でしょう。

総量規制とは、これだけしか借りらませんという限度額が決められていることを言います。銀行はその決まりがなく(銀行内で決められる)、消費者金融では存在しています。

総量規制は、年収の3分の一という数字です。ですから、300万円の年収の方は、100万円のキャッシングしかできないことになります。これは消費者金融内の限度額ですが、もちろん銀行カードローンの借金がある場合は、消費者金融では合算されています。

多重債務者の場合は、全ての合算で考えられていることから、あちこちの消費者金融などの金融機関での総量規制というと、合計金額になります。一つの消費者金融だけの措置ではなく、あちこちで借りると、いつの間にか総量規制限度になってしまうということです。

一方、銀行の場合は、最初から総量規制の決められた数字ではなく、銀行でその方の限度額を決めます。では、多重債務者である場合は、総量規制無関係だから良いか?というと、審査として、限度額と返済能力を審査した上で、借りられないこともあります。要するに、多重債務はできないことも多いです。

ただし、銀行のカードローンでは審査さえ通れば多額の融資額が可能になり、まとめローンとしても使用できることもあります。この場合、多重債務を解消するためのまとめローンとしての位置づけであり、多重債務の上に新たに多額の借入が可能ということではありません。

銀行カードローンでまとめローン 総量規制対象外だけど、審査が


銀行のカードローンの場合、金額が大きく低金利です。まとまった資金として、多重債務者にはまとめローンとしても使用することができます。このまとめローンですが、多重債務が1つのローンにまとめることを言います。

借入件数や金額、その方の返済能力などの審査が案外と厳しいのですが、うまく行けば低金利の返済で、借金の返済総額が大きく減ります。銀行の借入は、原則的に総量規制は対象外ですから、多重債務に応じた金額設定ができます。ただし、それを行うのは金融機関であり、審査の判断が大きいです。

総量規制云々と言うのは消費者金融などの話です。銀行は最初から年収にこだわりはないのですが、独自の審査は必要になります。それがきびしいという口コミが多いのは、「結局、多額の多重債務を解消しようとしたけれど、全然ダメ、どんだけ年収があればいいんだよ」という内容です。これだけでも銀行のまとめローンの審査の厳しさを物語っていますが、一応なかなか厳しい事は言ってきます。

銀行は総量規制は無関係ですから、年収に近い程度の貸付も行ってくれます。まとめローンということで言えば、すでに債務者であることは承知の上で、これからカードローンとして借金をする際に、きちんと返済をしてくれるかを調べ上げます。

銀行カードローンは、金額が高いほど低金利で、最高でも消費者金融よりは少し低い程度です。現在の多重債務が金利が高ければ、少しでも低金利にしたいところです。銀行では、これからの年収の増加見込み(正社員や公務員など)、多重債務以外の借金の有無、過去の金融事故歴、現在の経済状態までを事細かく審査をした上で、結果を出します。

ちなみに、低年収と自覚をしている方でも、多重債務の金額が比較的少なく、一部上場企業の正社員や公務員歴が長い方は、審査に通りやすいと言われています。あくまでも一部口コミですが。

消費者金融のまとめローン


消費者金融では何がなんでも総量規制が関係してきます。限度額は年収の3分の一までが決まりです。多重債務でも合算されます。

ところが、一部の消費者金融では、この総量規制対象外のまとめローンの商品を別に扱っている場合があります。大手消費者金融も中堅消費者金融も一部ですが、ホームページなどに記載があります。

この消費者金融のまとめローンの場合、よくある即日融資とか、審査30分で最短融資の商品ではありません。ホームページの最初にある簡易審査は無関係で、きちんと申込を別にしなければならないものです。その時にもちろん審査を行うのですが、一般的なキャッシングよりも審査は厳しいです。多重債務者であることは良いのですが、年収や金融事故歴など、調べるのに時間がかかります。

なお、現在あちこちの消費者金融の借金で、消費者金融でまとめローンをするときには、必ず金利などを計算してから申込をしてみてください。実質年率で1%以上の差がある場合は考えたほうが良いのですが、大した差がない時には返済総額があまり変わらないこともあります。

最も消費者金融でも多額のまとめローンになれば、10%以下の低金利になりますから、魅力あるのですが、審査でどうなるか結果が出るまでわかりません。返済金額が大きく変わらない場合は、そのまま返済していくほうが良いかもしれません。一概に全てのまとめローンが絶対にお得ということはないですから。

まとめローンの得は大きい


低金利の借り換えが可能なまとめローンは、商品としては総量規制が無関係です。ですから、審査では、総量規制ではなく、その方の返済能力を見ることになります。少なくとも今までの多重債務で、滞納や遅滞もなく返済をしていた場合、これからの年収の上げが期待できるなどのプラス要因が多いと。それだけまとめローンの審査は通ります。

年収300万円の方は、100万円が総量規制のラインですが、まとめローンでは100万円以上の融資ができます。ただし、まとめローンという商品は、そのまま多重債務完済にまわりますから、借金の借り換えで返済する金融会社が変わって、返済額が変わると思ってください。

自分の手元に大きなお金が来て、返済してというのではなく、金融会社で全て手続きをしてくれて、今度からの返済額はコレという形でのまとめローンになります。あまりにあっけない感じですが、その時に返済総額などを確認してみると感動です。

多重債務の額にもよりますが、1%の金利の違いは返済総額に大きな影響を与えることを実感することができます。それが月に数千円の減額だとしても、10ヶ月で数万円、100ヶ月で数十万円ですから、その差は大きいです。

まとめローンは、総量規制も無関係になりますから、時には借入額が大きくなってしまい事もあります。返済できる金額で長期間の返済が強いられることになりますが、それでも得です。元金は変わらないですが、利息の減り分だけでも違いは大きいです。審査は大変ですが、もし可能なら、まとめローンで利息を減らして、後はストイックに返済し続ける事です。

それぞれの金融業者のまとめローン


銀行の貸金業務は、消費者金融とは違います。ですから、それぞれのキャッシングにおいて、消費者金融は総量規制が関係してきますから、専業主婦にはお金を貸すことはできません。

しかし、銀行では最初から◯万円という限度額を設定した上で、専業主婦にもキャッシングサービスを提供しています。融資対象者からして違うのですから、当然審査内容も異なります。どちらも重視するのは、年収です。特に毎月の収入の安定と、在籍確認などです。

まとめローンの場合は、返済額が大きくなることもあり、在籍している会社も考慮されます。特に銀行などでは、この点の審査は厳しいです。ですから、自営業者などは、よほどの高収入でない限り、普通のキャッシングも審査が難しいです。

また、銀行と大手消費者金融では金融事故者に手厳しい審判を下します。一定年数経っていないと、絶対に審査は通りません。ただし、ここは中堅消費者金融などでは審査が通りますが、中堅消費者金融のまとめローンでは、金額によっては、金利が高い事もあります。

ただ、多額であれば、大手消費者金融、銀行並の低金利まとめローンもあります。この場合でも、消費者金融ですが、総量規制対象外です。年収と金融事故などがなければ大丈夫と思いたいのですが、多重債務でも3件以上は厳しいとか、総量規制限度に高いと危ないなど、口コミでも情報は錯綜している状態です。

ただ言えるのは、銀行カードローンでまとめローンは可能ですが、審査はきつめ。消費者金融のまとめローンは、比較的審査は銀行よりはゆるいですが、金額によっては金利が高め。中堅消費者金融に関しては、審査は甘いですが、金利が高い商品もあり、金融業者選びから始めましょうということです。