全国対応の金融業者では、インターネットや電話を使いキャッシングが可能

大手消費者金融、ネット銀行、大手銀行や地方銀行などでもむカードローンの申し込みができます。

ブラックリスト者のための街金

そして、忘れてならないのが中堅クラスの消費者金融です。
ブラック対応とされる消費者金融は、中小消費者金融とか街金と呼ばれています。

人気の金融業者といっても、世間的には名前も知られていないのですが、口コミ情報などでは、ブラックでも借りられる貸金業者として、全国対応の街金などが紹介されています。
信用情報で金融事故があってもキャッシングができるなど評判になっています。
ブラックでも借りられる、これがポイントです。

返済日が1回?総量規制対象外のおまとめローン

多重債務を1つのローンに借り換えすることができるおまとめローンは、融資額は大きくなりますが、多重債務は解消されます。

また、総量規制対象外の商品ですから、消費者金融でも多額の借入が可能です。本来、多重債務でも総量規制以上の借入ができないのですが、おまとめローンはそれが可能です。

例えば、300万円の方が3社借入で90万円のキャッシングをしていてのおまとめローンをしたいといます。この時、一時的に180万円の借金を背負うことになります。他社借り入れ90万円とおまとめローン90万円です。

例え一時的だとしても、180万円は総量規制以上の借入ですが、このあとからの借入がおまとめローンとわかったものなら有効。それがおまとめローンが総量規制対象外になる理由です。おまとめローンとして申し込みをすると、自身で行うのは、おまとめローンの返済だけのローンになり、多重債務部分は解消されることになります。

街金でも取り扱うおまとめローン

中堅消費者金融と言われる街金は、審査の甘い消費者金融のことを言います。
大手消費者金融と比較をした審査基準はとても低く、総量規制範囲内なら、多重債務も債務整理経験者もキャッシングができます。そして、おまとめローンも審査通過可能性が大きいのです。

上記の90万円の多重債務者で、信用情報に金融事故がある場合は、大手消費者金融、大手の銀行のおまとめローンは審査は通らないでしょう。

しかし、街金の口コミ情報から行くと、借入ができたという実績が多く聞かれます。実際、返済日か1回になり、返済額がわかりやすい。借入件数が1件になって、気持ちに余裕ができる。などの評判も多いです。90万円という元金は変わらないのですが、返済済みの金額がわかりやすいです。

ネットで簡単に申し込める

街金のおまとめローンはネット申し込みができます。審査もそのままの状態で可能です。
多額のキャッシングの形になりますが、担保や保証人は不要です。
完済できるだけの収入があり、勤務先への在籍確認などの基本的な審査で、借入ができます。

自営業者もOKですが、金融事故の中に延滞はNGです。
自己破産などは大丈夫ですが、破産後数年経っていることは必要です。
中小業者でもフリーローンよりは審査が厳しくなってしまうとされていますが、
ブラックリストでも借入ができるとされています。