総量規制対象外のまとめローンもある

消費者金融や銀行カードローンは、一度審査が通ると、簡単にキャッシングなどができます。金利などについても、利息制限法により暴利なこともなく利用している方も多いですが、これが複数の多重債務になってしまうと返済額は大きくなってしまいます。

利息制限法と言っても、キャッシングでは10%以上の利息が当たり前ですから、それが複数となると、どうしても返済が高くなります。そこで、提案としてまとめローンがあります。まとめローンは、比較的多額のキャッシングが可能ですが、注目なのが金利の安さです。

少ない場合ですと普通のカードローンと変わらないのですが、多額なキャッシングの場合、10%以下の利息がほとんどです。銀行などでまとめローンとしての商品は、総量規制対象外になっているものが多く、多重債務者の方でも審査さえ通れば利用ができます。

では、早速まとめローンの申し込みという場合、条件としては年収です。総量規制対象外とは言っても、一定収入であったり正社員であることが必要です。これは多額の借入になりますから、当然の条件でしょう。

金融機関では、審査の段階でその方の借入状況を調べます。当然、借金があり多重債務者で、このまとめローンでの完済をすることは承知しています。これが普通の消費者金融やカードローンなら審査に通らないのですが、総量規制対象外の場合は、これまでの返済状況や年収によって審査が通ります。

そして、多重債務から借り換えができ、まとめローン返済をしていくことになります。多額であるほど金利は安くなって、返済額が軽減されることになります。これこそが賢いまとめローンの方法ですが、審査そのものは結構厳しく、低所得者や非正規雇用の方の場合、銀行の審査が通らない、借り換えができない場合もありますので注意してください。