審査通らないおまとめローンは正確に申告を

おまとめローンに申し込みをしたけれど審査通らないという方は、どんな原因で落ちてしまったのでしょうか。申し込みをするときに注意したいポイントを、いくつかご紹介します。

おまとめローンは多重債務を一本化する商品ですが、審査に通過するためにはあまり多くの金融会社から借り入れをしていない方が有利だといわれています。3カ所までが理想的で、5カ所以上になってしまうと審査通らない可能性が高まるというのです。

もし、多くの金融機関から借り入れをしているなら、おまとめローンの申し込みフォームに虚偽の申告をするのではなく、借り入れ件数を減らす努力をすべきです。審査するときに個人信用情報機関のデータベースを確認しますから、どこの金融機関からいくらの融資を受けているか、返済はとどこおっていないかなど簡単に把握されてしまうからです。

融資の審査を受けるとき、返済能力が十分にあると思ってもらうために、年収を事実より高めに申告する方もいます。しかし、提出書類の源泉徴収票や所得証明書、収入証明書などによって事実と違うことがすぐ明らかになりますから、誠実に申請した方が審査の印象が悪くなりません。

おまとめローンはさまざまな金融会社が扱っていますが、もし消費者金融会社に申し込みをする場合、借り換えしたい借金の総残高が年収の3分の1より高いことで審査通らないのではと、心配されるかもしれませんね。

しかしながら、おまとめローンは他のキャッシングなどとは異なり、消費者金融などの貸金業者であっても貸金業法の総量規制の対象になっていません。ということは、つまり年収に関係なく契約を交わすことが可能なので、年収の3分の1以上の借り入れもすることができます。虚偽の申告などしなくても契約可能ですので、そのままの年収を伝えるようにしてください。

融資をもし受けられるなら、必要な金額より少し余裕を持って手元に残しておきたいと思われるかもしれません。しかし、審査に通過しておまとめローンを利用したければ、借り入れ金額が少なければ少ないほど貸し付けする側としてはリスクが少ないので、審査に通る可能性がアップします。確実に融資を受ける必要があるときほど、必要最低限の希望額を申請することが審査通過のコツですよ。