おまとめローン消費者金融で借入金を一本化!

複数の金融機関に契約をして融資を受けている人は、その数だけ毎月返済回数がありますのでとても大変です。しかし、借金ができる金融機関は銀行や消費者金融などがありますが、どちらで借入れをするのが有利なのでしょうか。

銀行カードローンは安定感があり信頼されていて、消費者金融に比べ金利が低めという特徴があります。一方で消費者金融は、銀行よりも金利が高めということになりますが、申込みをした日に審査が開始され即日融資を可能にしてくれるなどスピーディさが魅力です。

借り換えをするということは、金利が低くなって利息を少なくできるというメリットがあります。そうなると、低金利である銀行の方が魅力的な商品ということになりそうですよね。しかし、残高スライドリボルビング返済方式のような最低返済額が少ないことで利息総額が高くなってしまう商品をうっかり利用してしまうなら、おまとめローン消費者金融の方がいいということになります。

おまとめローンといえば、東京スター銀行のテレビCMなどが効果的に流れていますので、たとえ借金に無縁の人でも商品名は耳にしたことがあるでしょう。多重債務を1カ所の金融機関の貸付けに一本化するわけですから、かなり高い返済金額になることが予想されます。

借金ができる金融会社は、銀行や消費者金融などがありますが、消費者金融などの貸金業者は貸金業法の総量規制の対象となりますので、年収の3分の1の限度額までしか融資ができない制限が設けられています。

しかし、そもそも貸金業法の総量規制は利用者を借金地獄になることから守ることを目的として制定されたものです。おまとめローンは、利用者の負担を軽減させる性質を持った商品であることから、総量規制の対象外です。ですから、年収の3分の1を上回る借金の返済総額を抱えている人でも、おまとめローン消費者金融を利用することが可能です。

おまとめローン消費者金融に借り換えすれば、毎月の返済日を1回にできますので、精神的な負担が随分とラクになるでしょう。さらに、一本化前よりも月々の最少返済額を減らすことができますので、支払いと収入のバランスがよくなかった人も支払いやすくなるはずです。

自己破産などの債務整理を検討していた方も、おまとめローン消費者金融への借り換えで回避できるかもしれません。最少返済額より高い金額を返すこともできますので、ご自身の家計にあわせて調整してみてはいかがでしょう。