まとめローンは消費者金融系の審査の方が甘い?

まとめローンは、銀行系よりも消費者金融系の方が審査は甘いと言われています。審査時間も短く、即日実行の可能性も高いのですが、若干金利が高めです。とはいっても、普通のカードローンや消費者金融のキャッシングよりももちろん低く、返済額を大きく減らすことができます。

ここでひとつだけ確認ですが、返済額が減るのは、元本ではなく利息分だけです。それでも、借金額が多額の場合は、毎月何千円何万円と変わってきますから、この減少分は大きな差になります。

審査が甘いと言っても、何の項目なのかというと、勤務年数がたん“多少”低くても大丈夫程度で、あと年収に関しても“多少”低くても良い程度です。そんなに変わらないと思うのは早計で、案外と勤務年数の1年とか、年収の20万円程度と言うのは、低い側にとってみれば大きな問題です。

両方の金融機関の審査で共通しているのは、過去に債務整理を返済の滞納や遅延の繰り返しをしている方の場合は、無条件で審査落ちです。この点では甘いということは決してありません。

ところで、口コミなどで銀行の方が審査は厳しいのですが、その銀行の中でも、オリックス銀行に関しては、審査の甘さが垣間見えるとのことです。おかしな表現ですが、それはまとめローンの金利の高さです。上限が他社と比較して高めの設定になっています。

低所得者向けなどにも対象を広げているとも言えますが、この高めの設定なら、わざわざまとめローンにすることもないかもしれません。しかし、将来のためのまとめローンのためにと考える方については、オリックス銀行のまとめローンの申し込みはしておいた方が使える時には便利かもしれません。