一見審査は甘いようだけど、実情はこういうこと

まとめローンで必要な要件は、年収と勤務実績です。一つの会社で長期間働いて、一定の収入を得ていることが大切なことです。最低でも、このラインは守らなくてはならないのですが、正社員じゃなくても大丈夫なところも少なくありません。

パートもアルバイトもOK、しかもまとめローンのボーダーラインとされる200万円以下の借り入れもできるという審査の甘いところもあります。ただし、条件として、このような方の場合、借り入れ限度額が少なくて、本来まとめローンのメリットの低金利の優遇が受けられないかも知れないことです。

低金利の恩恵は多額の融資の場合であり、低額の場合は現在のキャッシングの金利と大差がない場合は、まとめローンの意味がないこともあります。まとめローンは、借金を一つにして、借金額はそのままで金利を大きく下げて、返済額を小さくすることです。それが、借金を一つにできないくらいの金額であれば、多重債務に変わりはないことですから、考えものです。

普通のキャッシングとは違い総量規制も関係ないのですが、審査に関してはキャッシング同様に、年収の比例した借り入れ額の設定になってしまうのは仕方のないことです。自営業者にしても同じことで、ある程度の年収がなければまとめローンの意味すらないということです。