おまとめローンの審査に通る為に把握すべきポイント

おまとめローンといっても、審査は一般的なカードローンとほぼ違いはございません。おまとめローンの審査は柔軟と聞きますが、ある程度の条件が揃った方でないと審査には通過しません。

その為、ご自分が審査に通過するポイントを得ていなければいけません。
おまとめローンの審査基準を理解し、間違いなく審査に通過するようにしましょう。
おまとめローンの審査基準を、わかりやすくご紹介していきます。

他社債務状況では無く返済能力を評価される

カードローンの場合、他社からの借入状況の件数により通過するか否かとなります。
おまとめローンの場合も該当し、4社以上のご利用がある場合は審査に通らないと言われております。しかし、実際におまとめローンのご利用した方の口コミを拝見すると、4件以上の借入れでもおまとめローンの審査に通ったという声を多く目にします。

金融機関関係者のお話によると、他社からの借り入れ件数はあまり重視されていないようです。
他社からの借入件数よりも、どの金融機関からどれくらい借りているのか、おまとめ返済で間違いなく返済をしていくのか、この部分を重要視されて審査されていくようです。

借入れ件数が多い方は借入れ件数の上限を気にしてしまうかもしれませんが、そこはあまり気にする事はないポイントといえます。返済能力の方を重要視され、間違いなく返済していける人なのかを最重視されます。

もちろん他社からの仮入れ件数が少なければ少ない程、審査に有利になる事は間違いの無い事といえます。しかし、多すぎても気にする事無く申し込みをしてみるべきといえます。

事故情報が記載されている場合は審査に通りにくい

おまとめローンの審査に通るか否かの一番の大前提は、ブラックでないという事です。個人信用情報機関に事故情報が掲載されている場合、おまとめローンの審査には通らない場合が大半です。

過去に債務整理をしている、3か月以上の延滞事故を起こしている場合は、個人信用情報機関に記載されてしまいます。これらの事故情報は、事故内容により5~10年記録され残ってしまいます。この記録が個人信用情報機関に残っているうちは、おまとめローンの審査には通る確率は少なくなってしまいます。

ご自分が個人信用情報機関に事故情報が掲載されているかわからない場合は、個人信用情報機関を閲覧し確かめてみると良いでしょう。どなたでも簡単に確認が可能ですので、心配な方は事前に確認される事をオススメします。

申し込みブラックの場合は審査には通らない

申込みブラックは一般的なカードローンを同じであり、1か月以内に3社以上一気にお申し込みをしてしまうと、申し込みブラックとなってしまいます。

この様な申し込みブラックは、一度に多くの金融機関に申し込んでいる姿から「かなりお金に困っている人」と判断されてしまいます。お金に困っている方はまともな返済が出来ないと判断され、審査に通りにくい傾向があります金融機関によっては、多重申込みが発覚した時点でNGとし、審査から外してしまう傾向もございます。

申込みブラックとなってしまった場合は、個人信用情報に登録されてしまい6か月が過ぎるまでおまとめローンのお申し込みが出来なくなってしまいます。中には、直近1か月の間に多重申込みをしていなければ審査が通るおまとめローンもございますので、その場合はそのようなおまとめローンの金融機関を調べてご利用してみると良いでしょう。

安定した収入があるのか否か

収入面も一般的なカードローンと同様に、審査の大きなポイントとなります。
安定した収入がある事が大前提であり、会社員や公務員じゃなくても、安定していればアルバイトやパートでも審査の対象となります。それにプラスし、勤続年数も審査の対象となります。

勤続1年以上が条件となっている金融機関が大半であり、1年以内の場合は審査に通らない可能性もございます。その理由は、勤務歴が短い方はすぐに会社を辞めてしまい、安定した収入のある人とならない可能性があるからです。その為、数か月の勤務歴では信用出来ないとみなされてしまうのです。

1年以内の勤務歴の方は、1年以上となるように待ってからお申し込みをするようにしましょう。
また、一般的には、正社員ではあれば年収400万円以上あれば、間違いなく審査に合格すると言われております。パートやアルバイトの場合、年収200万円以下の場合は審査に通りにくい事も多いようです。

住環境と家族構成の良さ

住環境の良さへの評価というのは、基本的にはあまり重要視されていないようです。他の審査基準の中で満たしていない場合は、住環境の状態も加味されるといった流れのようです。

お住まいは、ご自身の持ち家、親の持ち家、賃貸住宅、公営住宅の順番に評価されます。
家族構成は、既婚者、ご両親と同居、単身住まいの順番に評価されます。他の審査基準で高評価の場合は、住環境と家族構成に対する評価はあまり影響しませんので、あまり気にしなくてもいいといえます。

いかがでしたでしょうか。
この様なポイントに該当していれば、おまとめローンの審査に合格する可能性が高いといえます。不適合なポイントがある場合は、それを改善してお申し込みをする事で審査に通る可能性を高くする事が出来ます。

おまとめローンの審査に通らない|審査に通る為に目を向けるべきポイント

おまとめローンの審査に落ちてしまうと、もう2度とおまとめローンをご利用出来ないのかと思荒れる方もいらっしゃると思います。でも、そんな事は一切ございません。

おまとめローンの審査に通らない、そのような方は審査に通らない原因がございます。
どのようなポイントにより審査に通らないのか、詳しくご紹介していきます。

おまとめローンの審査に通らない方はこんな方

何故おまとめローンの審査に落ちてしまったのだろう…そんな方は間違いの無い決定的な理由があります。何故おまとめローンの審査に落ちてしまったのか、これらの審査に落ちるポイントにより見直しをしてみましょう。

嘘をついている

おまとめローンで審査に落ちてしまう意外な理由の中に、お申し込み内容に嘘の内容がある事があります。なぜ嘘を?と思われるかもしれませんが、残念ながら多くある事実です。ご自分のお申し込み情報に不利な要素があり、それをマシな状態で申し込んで評価を高くしてもらおうという考えとなるようです。

例えば、このような嘘のお申し込み内容があります。

  • 他社からの借入れ件数を少なく報告してしまう
  • 他社からの借り入れ金額を少なく報告してしまう
  • 金融事故を隠して報告する
  • 年収を多く報告してしまう
  • 勤続年数を長く報告してしまう
  • 住まいの居住年数を長く報告してしまう
  • 勤務していないのに勤務しているように記載する

これらの虚偽の内容は、後にすぐにバレてしまいます。

他社からの借入れは、信用情報機関にてすぐに把握出来ますので、すぐに嘘がバレてしまいます。信用情報機関には債務者の細かい債務情報が記載されておりますので、返済実績をはじめ様々な情報が細かく管理されております。

この様な嘘というのは人として欠落していると判断され、その用な人は支払い能力が乏しいと判断されてしまいます。その為、審査に通る事はありません。

この様な嘘をついてしまう方は、その嘘をついた旨を信用情報機関に記載されてしまいますので、どの金融機関のローンにお申し込みをしても審査には通りません。一生ローンのご利用が出来なくなる事もございますので、絶対にしてはいけません。

債務状態が良くないと、ついつい良く書いてしまいたくなってしまうかもしれません。
しかし、その安易な行動で一生ローンの使用が出来ない可能性も発生してしまいます。
その際は、おまとめローンのご利用だけではなく、一般的なローン全てのご利用が出来なくなってしまう事もあります。ご自分の安易な嘘のおかげで、一生苦痛な人生を送って行く事は絶対にしてはいけません。

勤務年数が短い

勤続年数が短い方は、審査には通りません。
おまとめローンは、安定した収入がある方が審査の対象となります。今現在安定した収入を得ている方でも、勤続年数が短いかはすぐに辞めてしまうかもしれません。

それでは、安定した収入の有る方とはなりません。
その為、勤続年数が短すぎる方は、審査の対象から外れてしまいます。
一般的に、1年以上の勤務年数の方が審査の対象となります。

1年未満では審査の対象とならない場合がありますので、注意が必要となります。
勤続年数が1年未満の方は、このような対応を取るようにしてみましょう。

勤続1年以上になってから申し込む

1年未満の勤続年数の方は、勤続年数が1年以上になるまで待ってから申し込みをするようにしましょう。

勤続1年未満でも対象となる金融機関のおまとめローンをご利用する

1年未満でも審査の対象となる金融機関のおまとめローンをご利用すると良いでしょう。
1年未満でも審査の対象となる金融機関もあるようですが、条件が厳しいので大変ご利用しにくいと言われておりますので、あまりオススメ出来ません。

転職したばかりの場合は転職のメリットを伝える

転職したばかりでおまとめローンをご利用される場合は、転職した事で収入的に発生するメリットを金融機関側に伝えるようにしてみましょう。その内容に対し将来性が高いと判断されると、審査の対象となる場合があります。

収入証明書しない

収入証明書の提出が無い事は、特に問題が無い場合もあります。
おまとめローンご利用の際は、借入金額によって収入証明書の有無が決まるからです。
例えば、借入金額300万円以上の場合は収入証明書が必要と記載がある場合は、300万円未満の借入れの場合は収入証明書は必要ないという事となります。

しかし、収入証明書が不要な場合でも、収入証明書を提出する事はとても大きなアピールとなります。収入証明書が必要ではない金額のおまとめローンの場合に収入証明書を提出する事で、おまとめローンに対し計画的に返済を考えている人と評価してもらう事が出来ます。

おまとめローンの審査では返済能力を再優先されますので、金銭面で明確な資料が出てくると大変評価が高くなります。また、直近のボーナスの明細書と一緒に提出すると、ますます評価が上がります。

過去に事故情報がある場合

過去に事故情報があると、おまとめローンは審査に通らない場合があります。
個人信用情報に記載されている場合は、おまとめローンの審査には通りません。
事故情報の内容によっては、10年間事故情報が消えないものもございます。
これらの状態が発生した場合は、要注意となります。

  • 長期的な滞納があった場合(3か月以上若しくは半年以上)
  • 金融機関より督促状が届き一括返済を求められた経歴がある場合
  • 債務整理の相談を行った事がある場合
  • 債務整理の手続きを行った事がある場合

これらの事が発生した事がある場合は、事故情報としてブラックリストに登録されている可能性があります。これらの事故情報の中には、最長10年消えない情報もございます。

かなり前の事と思っていても、いまだにブラックリストに記載されている事があります。
事故情報があるのか否かわからない場合は、個人情報の開示請求が出来ますので問い合わせてみましょう。

多重申込みをしている

これもよくある事なのですが、1社では間違いなく審査に通るのか不安になり、数多くの金融機関に短期間にお申し込みをしてしまうという事です。これを多重申込みといい、この場合おまとめローンの審査に通る可能性はとても低くなってしまいます。

多重申込みが良くない理由は、お金に困っているから一気に複数の金融機関に申し込んでいると思われてしまうからです。そこまでお金に困窮している方に、返済能力がある訳がないと断定されてしまうからです。

多重申込みは、申し込みブラックと言われております。
申込みブラックとなってしまうと、審査には通りません。
この場合は、1~2か月程待ってから申し込むようにしてみましょう。

申込みブラックも、事故情報として個人信用情報に6か月間記載されます。
しかし、1~2か月程度経てば審査の対象としてくれる金融機関は多いようです。
申込みブラックにならないよう、一度に数社にお申し込みをする事は絶対に避けましょう。
あくまで、1か月に3社が限度と言われておりますが、出来れば1社とする事が理想となります。

これらのポイントに1つでも当てはまっているようであれば、おまとめローンの審査に通過するのが難しくなってしまいます。

審査に落ちない為には何故落ちてしまうのかを把握しよう

おまとめローンの審査に落ちない為には、審査に通るポイントではなく審査に落ちるポイントを把握してお申し込みをする事がオススメとなります。じっくり考えて把握して申し込みをする事で、おまとめローンの審査がスムーズに進みます。

もし一度審査に落ちてしまった方も、これらのポイントを見直しして今度は絶対に審査に落ちないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
これらのポイントを見直す事で、おまとめローンの審査がスムーズに進んでいきます。
もともと一般的なローンよりも審査が通りやすいと言われておりますので、これらの問題がクリアしていればほぼ間違いなく審査が通ると言えるでしょう。

このような場合は審査に通る?|おまとめローンの審査の疑問

おまとめローンの審査の際、こんな場合は審査に通るの?と疑問にポイントもあると思います。
おまとめローンの審査にまつわる疑問を、詳しくご紹介していきます。

自営業は審査に通るの?

自営業であっても、大事なのは勤続年数です。
何年その自営業の仕事を行っているのかにより、審査に通るのか否かが決まります。
自営業者だから審査に通りにくいのではなく、どれだけの勤続年数で安定している企業の自営を行っているかがポイントとなります。自営業であっても、5年10年と続けて営業している自営業者であれば審査の対象となります。

アルバイトやパート、派遣のような非正規雇用は審査に通りにくいの?

近年不景気のせいか、アルバイトやパート、派遣で働く方が大変増えております。
以前と比べると、正規雇用者というのは少なくなってきているのが現状です。その為、アルバイトやパート、派遣の方でも、おまとめローンのご利用を検討される方も大変多くいらっしゃいます。

原則的に、アルバイトやパート、派遣で働く方も、おまとめローンの審査の対象となります。
しかし、正社員のような正規雇用者の方と比べると、やや審査は厳しい傾向があります。
その理由は、正規雇用というレッテルがあるからではなく、このような内容からといえます。

勤続年数が短い

アルバイトやパート、派遣で働く方は、会社員やOLの方よりも勤続年数が短い傾向があります。
1年未満の場合は審査に通らない可能性が高く、そのようなアルバイトやパート、派遣で働く方は審査に通りにくいという事となります。

収入が少ない

アルバイトやパート、派遣で働く方は正規雇用の方よりは収入が少ない傾向がありますので、収入の少なさにより審査に通りにくい傾向があります。

このような2つのポイントにより、審査に通る確率が少なくなってしまう傾向があります。
アルバイトやパート、派遣で働く方でも、勤続年数が長がったり収入が多い場合は審査に通る可能性が高くなります。

年金を受けている場合は審査の対象となるの?

年金は安定収入と考えてくれる金融業者もおりますが、年金だけでは年収として低い収入としかなりませんので、収入に対する評価が低くなってしまいます。その為、年金受給者というよりも収入の低さで審査が通らない可能性があります。

おまとめローンは金額として大きくなってしまいますので、多くの年金収入が無いと審査は通らないといえるでしょう。しかし、年金収入の他に安定した収入を得ている場合は、年金収入と安定した収入を合算した収入が年収となりますので、収入は多くなります。その場合は、おまとめローンの審査が通る可能性が出てきます。

公的援助を受けている場合は審査に通るの?

公的援助は、援助の種類により大きく変わります。生活保護の場合はローンを組む事が出来ませんので、当然おまとめローンも組む事が出来ません。

しかし、生活保護なのにローンを組んで債務に困っている場合は、一般的な金融機関では審査が通らないので、悪徳業者による融資となっている可能性があります。
その場合は、公的機関にご相談をする事をオススメします。

おまとめローン利用中に年齢制限を超えてしまっても大丈夫?

おまとめローンは高額な融資となり、返済期間も長くなります。
その為、返済中に年齢制限を超えてしまう事も考えられます。

審査の際は、返済完了の年月も加味して審査をしますので、年齢制限の中で返済できるような審査となります。例えば、年齢制限が20~65歳のおまとめローンの場合、65歳まで返済が終わるように考えた上で審査を行います。10年の返済の場合は、逆算し55歳の方まで審査の対象となる場合が大半です。年齢制限の上限に近い方は審査に通りにくい可能性が発生してしまいますので、注意が必要となります。

65歳の方に10年計画のおまとめローンを提示してしまうと、返済終了が75歳となってしまいます。この様な高齢な年齢になってまで返済能力はあるとは想像できませんので、65歳が上限の年齢制限であっても審査には通りにくいという考え方となります。

既婚者の方が審査に通りやすいの?

家庭環境というのは、ローンの審査に対しとても重要なポイントとなります。
未婚よりも既婚者の方が審査に通りやすいという事は、実際にある事実です。
その理由は、既婚者の方は居住地に根を張って生活する可能性が高いからです。

また、持ち家の既婚者の方が、更に1か所に根を張るので信用性が高くなり審査のポイントが高くなります。その為、既婚者の方が夜逃げをする確率は少なく、万が一の事があっても逃げられにくい人と評価されるからです。

無職でもOKのおまとめローンって大丈夫?

おまとめローンを含むローンというのは、安定した収入がある人が大前提となります。
その為、無職では審査には通りません。

しかし、中には無職でもOKとうたっているおまとめローンもあるようです。
この言葉を見ると、無職の方でも希望が見えてとても良い感じがしますよね。

安定した収入が無いとローンを組むことが出来ないのに無職でもOKと記載されている理由は、一般的な金融機関ではない証拠となります。多くの場合が悪徳業者等のヤミ金融ですので、絶対に関わってはいけません。

一見良さそうに思えるかもしれませんが、このようなパターンには甘い罠が必ず潜んでいます。
絶対に面倒な状態に巻き込まれてしまい、せっかくのおまとめローンも台無しとなってしまいます。

おまとめローンには審査に通りやすい時期ってあるの?

おまとめローンの審査は、お金の流れが良くなる時期に審査に通りやすいと言われております。
3月や4月は新年度に関わりますので、お金の流れが良くなります。

また、長期連休の時期やボーナス時期、年末もお金の流れが良くなります。
審査に通りやすくしたい場合は、このようなタイミングを狙ってみると良いでしょう。

銀行のおまとめローンは審査が通りにくいのか

一般的なローンと同様で、銀行よりもノンバンク系の方が審査に通りやすい傾向があります。
おまとめローンを取り扱っている銀行は少ないのですが、中でもオススメなのインターネットを使った銀行です。イオン銀行や東京スター銀行、三井住友銀行のおまとめローンは、銀行のおまとめローンんの中でも審査が通りやすいと言われております。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンに対する疑問を、まとめてみました。
これらの疑問を踏まえて仮入先を選び、間違いの無い快適なおまとめローンとするようにしてみましょう。

おまとめローンの審査に通りやすい「アコムのおまとめローン」

審査に通りやすいおまとめローンとしてオススメなのが、アコムのおまとめローンです。
TVCMでも有名なアコムのおまとめローンであり、審査が柔軟という事で多くの方に親しまれているおまとめローンです。大手消費者金融ですので、安心感がある貸金業者です。
どのようなおまとめローンなのか、詳しくご紹介していきます。

総量規制対象外のアコムのおまとめローン「借換え専用ローン」

アコムのおまとめローンは、借り換え専用ローンという名称の金融商品です。

アコムは大手消費者金融であり総量規制の対象となりますが、おまとめローンは総量規制に該当しません。その為、総量規制を気にせずにご利用が可能となります。

多数の債務を一本化するローンですので、新たなローンという捉え方をされません。
その為、総量規制に引っかかりそうな方でも安心してご利用が可能となります。

過去にアコムのご利用がある方は審査に通りやすい

過去にアコムのご利用があった方は、アコムのおまとめローンの審査が通りやすくなります。
アコムをご利用されたことが無い方と比べると確率が高くなりますので、オススメとなります。

しかし、過去にアコムのキャッシングをご利用した際に、長期延滞等の事故情報がある場合は審査に通らない場合があります。そのような事故情報はアコムに記録が残っている場合があり、その記録が残っている場合は審査に通りません。

限度額が高く返済期間が長い

アコム借換えローンの借入限度額は、300万円となっております。
300万円なら、あらゆる方の複数の借入れのおまとめが可能となります。借入金額が多いと気になるのは返済期間ですが、アコムの借り換えローンは返済回数が最高162回となっております。

多くのおまとめローンとなっても支払い回数が多いので、毎月の返済が少なく済みます。
今までの複数の返済の場合は月に多くの支払いをしていた方でも、アコムの借り換えローンであれば月々少ない返済額で済みます。返済しやすい金額となりますので、お金に余裕が出来て生活が楽になります。

金利は高く審査が甘め

アコムの借り換えローンは、金利の上限は18.0%とやや高めです。
金融機関というのは、金利が高い場合はそれだけ審査が柔軟という事となります。
その為、柔軟な審査で通過率が高いおまとめローンといえます

おまとめローンにも一般的なカードローンの様に審査がございますので、金利が高く審査が柔軟というのは、審査に通りやすく助かる存在となります。

審査時間が短い

アコムの借り換えローンはアコム独自の審査方法を採用しておりますので、本家アコムのキャッシングと同様に審査から融資までの時間が短く済みます。その為、急いで支払いがある方でも柔軟な対応が可能となります。

審査を急ぐ場合は、必要書類を店舗に直接持って行く方法と、無人契約機に持参して手続きする方法がございます。この2つの方法は待ち時間が少なく済みますので、大変オススメとなります。まずはアコムのコールセンターにお電話をし、借り換えローンに申し込む旨を伝えて説明を受けて対応しましょう。

アコムのおまとめローンの申し込みの流れ

アコムのおまとめローンの申し込みの流れは、このような内容となります。

アコムのコールセンターに電話を掛ける

アコムのおまとめローンはインターネットより申し込む事は不可であり、コールセンターに直接電話をしてお申し込みをします。その際、手続きに必要な書類等の説明を受けます。

必要書類を持参し手続きを行う

必要書類を準備し、アコムの店舗か無人契約機に出向き申し込みを行います。
もし近くに店舗や無人契約機が無い場合は郵送にて申し込む事も可能ですが、この場合郵送に時間がかかる事を踏まえて対応しましょう。

審査

申込みを行うと、その場で審査をされます。審査が通過した場合、契約手続きに進みます。

契約

アコムと契約をし、おまとめローンのご利用が可能となります。

融資後他社への支払いを行う

融資を受けたら、すぐに他社への支払いを全額返済します。
この場合、アコムから他社へ振込を行います。

ご自分で他社に振込を行う事も可能ですが、その場合は間違いなく返済したのかを確認する為に、清算書類が必要となります。その為、アコムに直接返済をしてもらった方がベストとなります。

いかがでしたでしょうか。
特に、過去にアコムでキャッシング経験がある方には、とてもオススメのおまとめローンとなります。アコムのご利用があった方は、是非目を向けてみましょう。
もちろん、属性が一般的な方であれば、審査に通る可能性がありますので、是非検討をしてほしい金融機関の商品のおまとめローンとなります。消費者金融大手の安心感で、快適なおまとめローンとしてみましょう。

おまとめローンの審査が通る前に考えてほしい!盲点になっているデメリット

おまとめローンというのは、メリットばかりではありません。
時にはデメリットとなってしまう事もある事を、ご存じでしょうか。
デメリットを起こさないように、慎重に金融業者を選ぶようにしなければいけません。
どのようなデメリットがあるのか、ご紹介していきます。

金利は低くなったのに利息が多くなってしまう事がある

不思議な話に聞こえるかもしれませんが、おまとめローンで金利が低くなったのに利息が高くなってしまう事があります。これは、金利が低い商品を長期間使う事で、結果としては利息を多く支払っているという状態です。

例えば、金利が3%下がって良かったなと思っていても、支払い期間が長くなる事で長く利息を払い続けてしまうので、結局は利息が10万円以上も多くなってしまうという流れです。
おまとめローンは支払う借入額が高いので、返済期間が長くなる事が大半です。
その為、このようなからくりが起きてしまうのです。

普通に考えると、多くの金融機関への返済で月々の支払金額が高かったので大変であり、おまとめローンで1つに借金をまとめる事で1つの支払いとなり毎月の返済額が少なくなる事で支払いが楽になっていきます。

その分利息の合計は高くなってしまうのですが、毎月柔軟に支払いが出来るのであれば、多少の利息の多さは仕方ないと思われる利用者も多いようです。

おまとめローンは借金が解決したわけではない

おまとめローンで今までの辛い借金を全額支払うと、借金が解決したようですがすがしくなるようです。しかし、借金の問題は1つも解決しておりません。

他の借金で今までの複数の借金を返済しただけで、多くの借金は1つになって手元に残っております。これから長期に渡り、それを返済していかなくてはいけません。多重債務者ではなくなりましたが、大きな借金を背負っている債務者です。

借金は1つも減っていないのに、なぜか借金が軽くなったと勘違いし他の金融機関からまた借入れをしてしまう方もいらっしゃるようです。それでは、また借金がふくれ上がっていきます。
複数の借金があった方は浪費癖がある方が多く、おまとめローンをしたのにもかかわらず結局は借り換えしても完済できなかったというパターンは少なくないようです。

そのような状態にはならないように、おまとめローンをご利用したらおまとめローンの支払いだけを考えて生活していくようにしなければいけません。
おまとめローンで借換えする事で、月々の支払いに余裕が出るはずです。
その為、他の金融機関から新たに借金しなくても、充分に暮らしていける要素があります。

おまとめローンで完済したカードローンのご利用は出来無くなる事もある

おまとめローンで完済したカードローンは、その後ご利用する事が出来なくなってしまう事があります。

金融機関により異なりますが、おまとめローンで返済をしたという情報が伝わってしまうと、対応を変えられてしまう事があります。その後ご利用しようとしても、限度額が制限されたりご利用自体が制限されてしまう事もございます。

おまとめローンを組むと、その後のキャッシングが難しくなってしまう可能性もあるという事を覚えておかなくてはいけません。

収入が少ない場合は審査が通らない可能性もある

おまとめローンは返済能力を大きく問われますので、収入が少ないと返済能力が乏しい人と断定されてしまい審査が通らない可能性があります。

収入が少ない方は審査に通らない事もありますので、申し込んでも解決しない場合もあります。
その場合は、債務整理等専門機関にご相談する事が大事となります。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンは大変便利なシステムなのですが、このように盲点も潜んでおります。
便利なシステムゆえ、仕方のない事とも言えます。おまとめローンをご利用される際は、これらのデメリットもしっかり把握した後ご利用するようにしましょう。