まとめローンの審査基準について

消費者金融では、多重債務ができます。
大手消費者金融でも数社の貸金業者での契約ができますが、自身の利用限度額である総量規制範囲内で、延滞をしないことが条件になります。

金融業者の見方

多重債務を否定しないということは、返済能力があることが認められた方です。
借入件数がその消費者金融の許容範囲であり、順調な返済実績があれば良いのです。
その時に、その多重債務を解消するためのまとめローンの申し込みもできます。

個人信用情報機関の内容で金融事故もなく、過去の返済実績が証明された場合、まとめローンの契約ができる可能性は大きいです。金融業者としては、キャッシングと返済の仕方が良好であるということです。

債務者のキャッシング方法で問題がない方、これからもその良い返済ができるとわかれば、まとめローンができます。担当者談としても審査が厳しいというけれど、金融事故もない信用情報であれば審査が通るといいます。

まとめローンの審査が難しいということ

では、完済実績があれば、金融事故がない方は誰でもまとめローンの審査通過ができるか?というと、そうではないのです。

借入件数が多い、返済額が高すぎることもNG要因となりますが、収入の高さも関係します。
少なくとも、複数の消費者金融の借金が1社に集まります。それは、金融業者にしてみれば収益が大きいことになります。

今まで事故を起こしていない債務者は、少しでも金利の低いローンの借り換えですから、これだけの返済ができると思われることが必要です。それが収入の高さであり、返済能力がこれだけあると認められることです。

ですから、返済額が多額になってしまうまとめローンで、計画的な返済ができる。
その審査基準が業者のポイントにハマることで、審査通過ができます。

審査基準の公表はなし

例えば、収入の高さでは勤務先も関係します。
金融事故がない方、ブラックではない方は大原則ですが、借り入れをした多重債務も、余裕で返済している方が審査通過になると言われています。

要するに、返済が難しいまとめローンの申し込みは、信用情報と収入の内容でわかります。
公務員や高い収入で、現在も余裕で返済をしている方も、まとめローン申し込みは高い確率で契約可能です。

東京スター銀行、イオン銀行などの限度額が高い借り換えにしても、こうした申込者に関しては、本来信用情報的には多重債務ですが、借りられる場合があるといいます。高い収入であれば、きちんと返済ができるだろうという審査です。

具体的に、どのくらいなら審査が通るかなどの公表は一切ないのですが、余裕のある多重債務者のまとめローンは可能ということです。まとめローンは返済に困った方向けのものではなく、余裕のある返済ができる方のためのものです。

借入額と収入がポイント

消費者金融A、消費者金融Bの2社を同時に借り入れ。
借入先が複数になったとしても、消費者金融では総量規制範囲内の借入額であれば可能です。
大手消費者金融などでも、2社か3社(3社は難しい場合が多い)の多重債務は可能です。

しかし、そんな多重債務者のためのまとめローンの借り換えは、場合によっては有利なローンになります。

まとめローンとは?

多重債務を、1つのローンにまとめることをいいます。
商品としては、返済額をそのまま借入れて自分で返済をする場合は、金融業者が多重債務の借入先にすべて完済をして、まとめローンとして返済専用にする場合があります。

まとめローンのメリットとしては、フリーローンよりも低金利であることです。
まとめローンにして全体の金利が少なくなることで、借り換えする価値があります。

借り換えと言えば、住宅ローンも同じです。
長い返済期間の間に低金利のローンにすることで、返済額が軽減できます。
まとめローンも、内容的には同じことです。

審査は厳しい

多重債務は比較的簡単にできます。
総量規制範囲内であれば、信用情報で問題がないと借りられるのです。しかし、まとめローンは総量規制対象外であり、個人信用情報機関も一から確認することになります。

たいていの金融機関では、完済ができる保証がないと審査落ちにします。
多重債務に至る借り方なども、確認をするようです。
同時に、完済ができる見込みも確認されます。

例えば、不安定なパートやアルバイトですと、金融事故がないにしても審査落ちです。
正社員であり勤続年数が長い。出世やベースアップが見込める勤務先などの場合、まとめローンの審査が有利になるといわれています。

フリーローンの場合、具体的な年収の表記ないのですが、返済期間や最低◯◯万円以上という審査基準があります。ただ、多重債務の額が小さい場合は、ある程度の譲歩がある審査も期待できますが、それなりの借入額のまとめローンでは、収入と属性が大きなポイントになります。

パートやアルバイトは難しい

その額にもよりますが、多重債務である信用情報から確認になります。

総量規制限度に近い借り入れで、改めてまとめローンに申し込み。
その時に不安定な収入ですし、金融業者として完済の可能性を疑います。
ですから、少しでも返済額を小さくしてからの申し込みが有効です。

まとめローンの金額と収入のバランスが取れることが大切で、返済負担率が小さいほど審査に通りやすいです。パートなどはNGではなく、まとめローンの審査基準としては、少ない借り入れが審査通過の可能性が高いということです。

中小消費者金融のまとめローンはすぐに審査が通りそう

まとめローンは、審査の違う大手消費者金融や中小消費者金融で扱っています。多重債務者を対象にした金融商品ですが、一般に大手消費者金融の審査は厳しいと言われています。

では、中小消費者金融で簡単にまとめローンで、多重債務を解消したい方も多いですが、オススメできないこともあります。

ブラックでも大丈夫?

中小消費者金融は、大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの原因が金融事故であったとしても、審査通過ができる方が多いです。

ブラック融資と言われることが多いですが、まとめローンは少し審査の甘さが軽減。
大手消費者金融よりは甘いですが、すぐにまとめローン契約にならない場合があります。

ブラックであったとしても高い返済能力が必要であり、金融事故の種類(延滞など)では、中小消費者金融のまとめローン契約はできません。

金利の問題

中小消費者金融のまとめローンのオススメできない原因の一つに、金利の高さがあります。
大手消費者金融などのまとめローンの金利は、フリーローン割も低いからこそ借り換えのメリットがあります。

ところが、多重債務の金利よりまとめローンの金利が変わらないのであれば、または高い場合は申込者にとっては不利な契約になります。返済額の元金は変わりませんから、高い金利で借りたのなら単に多重債務解消であり、返済負担率が高くなります。

返済専用になることが多いですが、10年間という期限が決まっていることが多いです。
高い金利で10年間の返済と言うのは、借金の額が莫大な数字になります。

損得は必ず考える

10年間のまとめローン。今債務整理をしたら、10年間ほどのブラックリスト。
中小消費者金融のまとめローンを考えるときには、この2つのことを検討してみてください。

まとめローンそのものはブラックではないことですが、返済負担は大きいままです。
総量規制対象外のまとめローンですが、返済が延々と続きます。

債務整理はすぐにブラックになり、借り入れができないのですが、中小消費者金融のまとめローン返済している間も、新規キャッシングができないです。と考えると、キャッシング事情としては同じ内容といえるでしょう。

審査は通りやすい

中小消費者金融でのまとめローンで、大手消費者金融の多重債務は解消することはできるでしょう。延滞なしの安定した収入で、年収に近くない返済額であれば、借り換えを勧められることも多いです。

しかし、シミュレーションをした上で、消費者金融A、消費者金融Bの多重債務より、中小消費者金融の金利が高いのは、まとめローンとして不利です。

ただ、担当者談として、月々の返済が楽になる、金融事故回避、多重債務解消など、美味しい話をされます。ここは、いくら借りて総返済額がどのようになるか、返済期間などを確認してください。

中小消費者金融のまとめローン審査落ちの場合は、今の状態ですでに金融事故者がある可能性が高いです。

まとめローンと債務整理について

借入額が多くなってしまう多重債務者は、まとめローンの低金利が魅力に映ります。
おまとめローンだけではなく、銀行カードローンに借り換えができることで、金利が少しでも低くなる誘惑があります。

ただし、まとめローンができるから、それは良いことだと言えない場合もあります。
金融業者としても担当者談では、確実に返済ができる方へのまとめローンの契約は推進しているということ。しかし、現実には業者にとってもハイリスクハイリターンのローンであり、審査現場においてはなかなか難しい選択をしているようです。

返済期間の長さと返済負担率

100万円のまとめローンを2年で返済するのと5年で返済するのでは、5年の方が月々の返済額を小さくすることができます。そして、総返済額も多くなってしまいます。

毎月少ない金額負担であれば、最終的に金融業者に支払う金額が多くなります。
まとめローンの死角は、ここにあります。

毎月少ない金額で完済ができますと言うのは、その分多く支払う計算です。
リボ払いも同じですが、その内容は業者にしてみれば戦略の一つです。
確実に長期間の返済ができるためには、慎重な審査が必要です。

一見、債務者に有利な内容のようですが、実は金融機関としても大きな収益が見込まれます。
ですから、審査では完済の保証がないと審査落ちです。

人によっては返済額が多くなる

審査落ちで良かったという方も多いのですが、もし返済が大変な方の場合は、そのまま債務整理です。債務整理をしなくてはならない場合の、まとめローンの申し込みは、危険です。
審査通過とともに、返済額が大きくなってしまうことが多いのです。

案外と、そうしたことに気がつかないで、返済負担が小さくなったと喜んでいる方も多いです。
嬉しいのは消費者金融だけです。

しかし、個人信用情報機関では、多重債務者からまとめローンの1つの借金になり、返済が順調であれば金融事故もないです。今のこのまとめローンが完済をしたあとでも、ブラックリストにはならないです。

ブラックリストのデメリット

返済額が大きくなったとしても、ブラックリストにならないからよいと言う考え方もあります。
しかし、簡単にまとめローン契約をしてしまって、自己破産をしなくてはならない状態になることも。

低金利が売り物のまとめローンですが、必ず審査に通ったら得をすることはないのです。
それは、必ず確認することです。

多重債務の返済ではないから、まとめローンにしたい、あの低金利は魅力。
審査に通らないこともありますが、もし契約したとしても返済総額が多くなってしまう危険があります。また、金融業者で、そうした詐欺まがいのまとめローンの勧誘などもあります。

しかし、まとめローンをすることによって、ブラックリストにならないからという誘いについては、考えものです。負担の軽い返済でも長期に渡ることで、とんでもない負担になってしまうこともあります。まとめローンと債務整理に関しては、ブラックリストが必ずデメリットになるとは限らないのです。

まとめローン、簡単に通らないけれど、おすすめできない人もいる

どのキャッシングも同じですが、安定した一定の収入に勤務先がしっかりしていること。
個人信用情報機関の金融事故がないことは、有利なキャッシングができます。

まとめローンもその一つで、大手消費者金融では金融事故どころか、多重債務の借入件数も問題になります。信用が大きくなければ、審査通過がない商品です。

まとめローンの審査基準

どうしたら、まとめローンの審査が通るか?というと、ブラックではないことが大切です。
大手消費者金融ではブラックは対象外ですが、まとめローンになると勤続年数や属性も関係してきます。完済実績があるとか、過去の返済の状態は良好でなければならないです。
フリーローンよりも審査通過の確率はとても低く、なかなか借り入れができないと言います。

返済専用でまとめローンでは、新たなキャッシングができないことが多いです。
審査通過としては総量規制いっぱいだからではなく、借り換えをしてもまだ総量規制に余裕があるなどの条件が必要です。

要するに、大手消費者金融では余裕のある返済をしている方でなければ、まとめローンの審査は通らないのです。

中小消費者金融では?

中小消費者金融では甘い審査ですが、多重債務者では余った総量規制範囲内の契約で、小口融資が一般的です。ただし、最初からまとめローンの申し込みである場合、やはり返済能力の高さが必要になります。

返済専用になるのですが、ブラックだとしてもここでまとめローンにすることで、延滞などなく支払いができる計画であれば、審査が通るのです。一見いい感じの審査通過ですが、金利が高いまとめローンであれば、総返済額がとても大きくなってしまうことは多いです。

中小消費者金融としても、返済能力が高い方はこうした誘惑をしてくる場合も少なくないです。

まとめローンが絶対良いということではない

審査の甘い中小消費者金融だからこそ、まとめローンを大大的に宣伝している場合もありますが、まとめローンにした途端に債務整理になってしまうケースも多いです。金利が低くても返済期間が長くなることで、返済金額が返って多くなることが指摘されています。

もちろんこのまま多重債務を続けるのは大変ですが、今のままで頑張って返済を続けて行くか(借りた本人の責任ですから)、返済不能となれば債務整理が妥当です。無理に、中小消費者金融のまとめローンにいく必要がないでしょう。

大手消費者金融のまとめローンの審査落ちであるのなら、その先のまとめローン審査は通らないと思ってください。もともと、審査の厳しいローンですから、そう簡単に審査は通らないです。多くの方が審査落ちになっている商品です。