おまとめローン 審査通りたい

もともと審査が厳しいおまとめローン

銀行や消費者金融に複数の借金がある方は、多重債務者といいます。
2社以上そう言われるのですが、計画的な借り入れなら何ら問題はないでしょう。

おまとめローンをご存知ですか?

おまとめローンとは、そんな多重債務者が1つのローンにまとめてしまうことを言います。
そのメリットは、たいていおまとめローンは、フリーローンよりも金利が低いことにあります。
多重債務の場合、返済額が金利も返済日も違うことでトラブルになったり、損をしている気分になっている方もいます。

1つのおまとめローン、そして金利が少しでも下がればと、多重債務者の共通する思いでしょう。おまとめローンは消費者金融などで取り扱っている金融商品です。

総量規制対象外

おまとめローンの特徴としては、総量規制対象外であることです。
多重債務者で返済額が大きいとしても、年収3分の一以上の借り入れができます。
ただ、銀行カードローンの借金はおまとめローンにすることができないので注意が必要です。

消費者金融A、消費者金融B、C銀行カードローンの多重債務者の場合、おまとめローン対象は、AとBの消費者金融の分だけです。これは、貸金業法と銀行法の違いもありますが、消費者金融の借り入れが総量規制範囲内だからです。

審査は厳しい

多くの金融業者のおまとめローンの審査基準は厳しく設定しています。それは、多額の内容だからです。可能性としては、1つのローンで金利が低く負担は小さくなる、返済的には楽なのですが、金融業者としても、契約金額が大きいのはリスクがあります。

フリーローン以上に厳しい属性があり、大手消費者金融のおまとめローンはなかなか審査通過ができないとの口コミも多いです。

多重債務者が審査落ちの原因

多重債務者だからおまとめローンの申込をしているのに、それが仇になります。
というのも、大手消費者金融などのおまとめローン審査では、せいぜい2社程度で、総量規制にも余裕があるか、総量規制以上の借り入れの場合は高い収入が求められます。

属性としても勤続年数が長い正社員や公務員などの収入が途切れないことなどが審査されることになります。ですから、3社、4社という多重債務の場合、大手消費者金融では審査落ちであり、それでは話が違うだろう?と感じられる方も、審査の厳しさの前に落ち込むだけです。

審査の甘い中小消費者金融にいくと、この審査基準も甘くなりますが、それでも中小消費者金融のフリーローンよりは厳しいです。また、中小消費者金融では高い金利設定になっていて、おまとめローンのメリットを感じられない方も多いです。ということで、多重債務者だからと簡単に審査通過ができる業者は少ないと思ったほうが良いです。

収入と返済能力の高さが問われるおまとめローン

銀行カードローンでは、おまとめローンの区分けはないです。
もともと利用限度額が高く、総量規制対象外の金融商品だからです。
消費者金融など総量規制が関係する場合の商品です。

多重債務の大きな味方

もともと多重債務者が低い金利の商品に借り換えをするのがおまとめローンです。このときの審査としては、金融業者としては、確実に返済ができる方なら、新しい契約も歓迎です。

担当者としても、個人信用情報機関の内容で金融事故がない、キャッシングの内容、総量規制内で返済事故もない。個人情報では、勤続年数も長いと信用情報全般で問題がなければ、審査は通ります。ただ、問題というのが、各消費者金融の審査の違いになります。

決め手は収入

返済能力の高さがポイントになります。
おまとめローンにしても多重債務のときと借入額は変わりません。

ただ、金利が低い分、返済額が違うのですが、過去の返済記録で一度も金融事故がない、1ヶ月に何回もキャッシングなどをしていない、カード利用歴が極端ではないなどの要因は必要です。
年間返済額、返済負担比率が低いほど、審査は通りやすいです。
要するに、収入が高いことが、おまとめローンには大切なことです。

今までだってブラック要因はない

アイフルなどの大手消費者金融のおまとめローンの審査で、事故情報がないのに、それなりの収入だけど、おまとめローンの審査落ちになる方も多いです。

これは、多重債務が新たにおまとめローンの契約をする難しさを物語っています。高い収入と言う審査ポイント、信用情報機関のどの内容を見るかなど、公表されない会社の基準があります。
実は銀行カードローンには多額の借り入れがある、なんていう場合は審査には通りません。

その他ローンは?

一応、審査対象にならないと言われる住宅ローンやカーローン等も、おまとめローンのときにチェックされることがあります。同じ総量規制対象外の金融商品であり、返済負担の関係から、これらのローンが多いと審査落ちになってしまう方は多いです。

年収が高くても、借金が多いと、おまとめローンのハードルは一段と高くなってしまうのです。
このまま金融事故を起こすことなく完済されることが理想ですが、実は返済が苦しいからおまとめローンの選択をした場合、これも足元はみられています。

こうした動機のおまとめローンの審査はなかなか通りません。
すべて、個人信用情報機関の内容と借り方をチェックされることで、債務整理との天秤にかけるなおまとめローンの申し込みは審査落ち確実です。

銀行カードローンの魅力と中小消費者金融の便利さ

オリックス銀行やネット銀行では、少額のキャッシングに関しては比較的審査が甘いと言われています。専業主婦でも借りられるカードローンで、信用情報に金融事故がないのなら、すんなりと借りられたと言う口コミは多いです。ただし、利用限度額いっぱいの借り入れは難しいです。

銀行カードローン審査

銀行カードローンの特徴としては、高い借入可能額です。ネット銀行などでは、それを売りにしていますし、総量規制対象外であり、年収3分の一と言う制限もありません。

現在、多重債務であっても、それなりの年収と事故情報がゼロ。
そして、返済負担率が低く、銀行カードローンで多重債務を解消したいと言えば、可能です。
要するに、多重債務を銀行カードローンでおまとめローンにすることです。

少額では借りやすい銀行カードローンですが、おまとめローンとしての内容ですと、審査は厳しいです。高い年収とブラックではないことは当然です。

おまとめローンとして銀行カードローンが良いのは、10%を切る低金利の可能性があるからですが、多くの方はなかなか借りられないのが現状です。サイト、バナーで見かけるのですが、審査は厳しいです。

ブラックは審査落ち

銀行カードローン審査も大手消費者金融審査も、フリーローンでのブラック申し込みは却下です。ですから、おまとめローンなんていうのは最初からフリーローンよりも厳しい審査なのですから、相手にされないのは必至です。収入の安定はもちろんであり、額が大きくなるほど、金融業者としては簡単な借り入れは許可しないでしょう。

ブラックといえば、中小消費者金融ですが、こちらのおまとめローンも難しいです。
フリーローンで数万円のキャッシングではないのですが、収入が安定しているブラックの場合、相談をしてみてください。

中小消費者金融Aなどでは、ブラック多重債務の申し込みができると評判のところもあります。
金利で言うと、大手消費者金融より高いのですが、返済額が少し減ったと言う程度です。

返済額が変わらないことも

銀行カードローン、大手消費者金融のおまとめローンの低金利。
これがメリットですが、中小消費者金融ではおまとめローンでも高い金利が多いです。
ただ、個人信用情報機関では、多重債務者ではない記録がつきます。

大手消費者金融A、大手消費者金融Bの多重債務者が完済。
C消費者金融だけの1社のみの債務ということであれば、返済する契約者の気持ちが違います。
返済負担率は変わらないとしても、1つの中小消費者金融だけの返済が良いのなら、審査をうけてみてください。

フリーローンはブラックでも良いのですが、ブラックOKのおまとめローンがあれば、そんなに良いことはないでしょう。ただ、金利だけは確認してください。シミュレーションをした上で返済額を確認してから決定することです。

おまとめローンと銀行カードローン どちらも厳しい審査

メガバンクD、ネット銀行E、イオン銀行などでは、低金利でワイドな限度額ですが、銀行カードローンは総量規制が関係ないです。ですから、年収3分の一以上の借り入れができます。

最近は、少し審査が厳しくなってきたのですが、消費者金融より多く借りれるのです。
なので、おまとめローンとしての役割もあります。

多重債務者で銀行カードローン

多重債務は2社以上の金融業者から借り入れがある方を指します。
すべて個人信用情報機関に記録されていて、銀行カードローン審査のときに信用情報の確認で多重債務はバレます。これは決して金融事故ではないのですが、銀行カードローン審査は落ちることが多いです。

ただし、銀行カードローンで完済をしたいというおまとめローン的な借り方をすることを申し出てください。審査内容が変わることがあります。

多重債務とおまとめローン

要するに、多重債務で新規キャッシングではなく、ここで低金利の銀行カードローンで多重債務を解消したいということです。返済負担率が、金利が低い分少なくなります。

そこでの審査としては、今までの事故情報です。返済額よりも延滞をしていない、勤務先の会社の状態、正社員やパートなどの属性から、審査通過の可能性はあります。

ブラック情報が絶対にないことと、勤続年数が長いこと。
200万円以上の年収の決まりを定めているところがほとんどです。
それだけ揃えば、銀行カードローンをおまとめローンとすることはできます。
ただし、新規キャッシング申し込みは間違いなく審査落ちです。

大手消費者金融より金利が低い

大手消費者金融のおまとめローンも銀行カードローン審査とほぼ同じです。
同じ審査内容で、銀行カードローンの方が良いのは、金利が低いからです。
返済しなくてはならない元本が同じなら、金利は低い方が良いでしょう。

普通、消費者金融の審査は銀行カードローン審査より甘いとされていますが、おまとめローンの場合は、銀行カードローン審査と同じくらい厳しくなります。
返済額が大きいのが理由ですが、借入先が多い多重債務者の返済リスクのためです。

ブラックではないのなら

多重債務者で、新たなキャッシング申し込みをしたいけれど審査落ち。
それが、金融事故が原因ではないのなら、試しにおまとめローンの申し込みだけでもしてみましょう。銀行カードローン審査も同様ですが、厳しいのは前提としても、もし審査通過ができれば、それに越したことはないことです。

ブラック、延滞をしていない、過去に延滞記録もない、債務整理後ではない、多重債務でも3社を越えていないというのが、一応の審査基準です。

おまとめローンはなかなかできないのが実情

おまとめローンの内容は、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠です。
銀行カードローン以外の借入額は含まれません。キャッシング利用者の中には、すべての借入がおまとめローンにできると思っている方も多いです。

もし、銀行カードローンの借り入れが多いとおまとめローンをしてもムダな場合があります。
自身の借金の内容確認をしてから、申し込み検討しましょう。

審査は厳しいおまとめローン

おまとめローンは総量規制対象外で、消費者金融としては、その時点から審査は厳しくなります。返済負担率が大きく関係するだけではなく、年収が低いのにおまとめローンの額があまりにも大きいということはないです。

延滞をしていたり、収入が安定していない方は審査落ちになります。
また、年金受給者やパートやアルバイトなどは、おまとめローンの申し込み対象外になります。
それは、安定した収入ではないことが理由です。

貸金業者のリスク

高いリスクは借入額が大きいからです。信用情報などでも低金利の商品に関しては、審査は厳しくするのは完済実績の可能性が低いからです。
そのリスクを払拭するには、正社員であること、勤続年数が長いことなどが要因です。

事故情報があっても、多重債務も3社などでは審査落ちです。
それもこれも消費者金融側の都合であり、おまとめローンの実態です。

中小消費者金融のおまとめローン

キャッシング利用をしていてブラックになった場合、中小消費者金融の甘い審査が魅力的です。
アコムなどとは違い、名前が知られていない金融業者ですが、おまとめローンも存在しています。こちらも総量規制対象外で、商品によっては、大手消費者金融と同様の金利であれば、審査をうけてみましょう。

甘いと言ってもフリーローンほどの甘さはないのですが、借りられる可能性は高いです。
高い金利のおまとめローンほど、審査は通りやすいのですが、総返済額が大きくなることがあり、おまとめローンのデメリットになってしまうこともあります。

そして、債務整理を考えている方が、中小消費者金融のおまとめローンを検討する場合があります。この場合、おまとめローン専用で金利が低い中央リテール以外は、考えないほうが良いです。債務整理をした方が、今後の返済が楽になります。

また、中央リテールは、極端なブラックを対象にしていますが、延滞者や収入が安定していないと審査落ちという内容。ある意味では、ブラックにも厳しい審査です。債務整理とおまとめローンの天秤はしないことです。