甘くない?審査通らないおまとめローン

消費者金融会社のキャッシングや銀行カードローンなどで、複数の金融機関から借り入れをしていると、毎月かなりの返済額にかさんでしまうこともあるでしょう。

こうして多重債務者になって借金の負担が過度になってきた場合、月々の返済金額を減らしたり、金利を低くすることができるのがおまとめローンです。極端に借入総額がふくらみ、収入とのバランスが崩れるほどに達してしまったら、最終手段として債務整理の選択肢もありますが、おまとめローンで一本化するだけでも十分に負担を軽減することができます。

通常は、消費者金融などの貸金業者で借り入れをする場合、総量規制の対象であることから利用限度額は年収の3分の1までという上限が設けられています。しかし、おまとめローンは貸金業法の総量規制の対象外ですので、限度額の上限を気にすることなくまとまった金額の融資を受けることが可能です。

おまとめローンのテレビCMや宣伝を見ると、一本化することで借金の返済がラクになるといったようなイメージを抱いている方も少なくないのではないでしょうか。ラクになるということは、簡単に借り換えができると勘違いしてしまいそうですが、実際のところは一般的なキャッシングやカードローンより審査通らない可能性が高い商品だといわれています。

そもそもおまとめローンは、複数の金融業者から借り入れをしてしまい、多重債務者になっている人の救済措置といった側面があります。融資を受けている各金融会社が審査を行い、利用限度額の上限いっぱいまで借り入れをして、さらに別の業者で借りて返済に充てている人も少なくありません。

ということは、返済期間が守れなかったり、金融事故情報が個人信用情報機関に登録されている人の申し込みも多いことが考えられます。そのようなハイリスクの申込者が手続きをする可能性が高いということで、自然と審査通らない傾向がでてくるわけです。

複数の金融機関からの借り入れをまとめて借金をするのですから、貸し付けをする側は大きな金額の融資をすることになります。もし返済されなければ貸し倒れになったときの負債が大きな金額になるため、融資する側も慎重に審査を行わなければなりません。

したがって、救済措置の側面を持った商品だから審査が甘いだろうと軽く考えることなく、むしろ審査通らない可能性が高いのだと身構えて油断せずにしっかり挑めば、審査に通る可能性がアップします。