審査が案外と厳しいまとめローン

多重債務者でまとめローンを検討する方は多いです。
銀行や消費者金融で提供しているものですが、消費者金融の方が審査は通りやすいです。

消費者金融のまとめローン

まとめローンは、いくつか持っている債務を1つのローンにするものです。
基本的に元金は変わらないですが、金利が低くなることで返済額を小さくすることが目的です。
そして、多重債務は解消、1つのローンになることで、借入ができるかもしれないという期待も出てきます。

銀行と消費者金融では、銀行のまとめローンが低金利ですが、審査は厳しいです。
他の商品も同じですが、キャッシングに関しては、銀行が何かと有利です。消費者金融でのまとめローンの金利が、多重債務の金利と比較して低ければ、検討してみましょう。

大手消費者金融のまとめローン

すべての大手消費者金融でまとめローンは取り扱っていません。
アイフルやプロミスのまとめローンはおなじみです。

借り入れに対しては、消費者金融で存在している総量規制は対象外です。
年収3分の一以上の総額になっても良いです。多重債務の中の銀行カードローンの分は換算できないです。あくまでも総量規制の分だけです。

金利は、大手消費者金融のフリーローンより低いですが、上限で15%程度です。この数字は、銀行カードローンのフリーローンと同等ですが、消費者金融にしてみた背低い数字です。

審査の内容

大手消費者金融のまとめローンの審査で問題になるのは、信用情報はもちろんですが、収入です。高い収入であることよりも、勤続年数が長く、安定した収入が続くことです。ですから、フリーローンでOKのパートやアルバイトなどでは、いつ辞めるかわからないということで、審査に通らないことがあります。

正社員、公務員、上場企業などが断然有利です。銀行カードローンでも同じですが、銀行の場合そのハードルがとても高いものだと思って下さい。

大手消費者金融でも、属性段階で信用情報の確認に行く前に審査落ちが多いです。
フリーローンは50%程度の審査通過率ですが、まとめローンは10%程度だと言われています。
まさに、狭き門です。

担当者談

大手消費者金融の審査担当者の話では、フリーローンは総量規制が決まっていますが、まとめローンは多額の借り入れになります。安定収入が第一で、完済までに長い返済期間があることで、収入は安定が要件だと言います。

また、信用情報に関しては、事故情報があれば審査落ちは決定で、無理な多重債務(短期間に複数借りる)、延滞などの記録があると、絶対にまとめローンは通らないと言います。

収入が何よりもポイントになるのは、貸し倒れを防止するためです。申込者にしたら低金利で返済が楽になりますが、金融業者ではリスキーな商品としているため審査はとても慎重です。

銀行のまとめローン、現在は休止中

銀行のまとめローンに通らなかった理由を考えてみましょう。
まず、2017年から、銀行のまとめローンが凍結になり、新規申し込みがストップしている状態になっています。ですから、今の状態での銀行まとめローンの存在はないものです。

凍結の原因

まとめローンが原因ではないのですが、最近銀行カードローンに対する風当たりが強くなくなっています。専業主婦、返済能力のある人へのオーバーローンなどで、銀行カードローンの返済ができない方が急増しています。

総量規制がない銀行カードローンは、担当者によって、収入が高い方への融資のススメが多く、年収に近いキャッシングをしている方も多かったと言います。審査は厳しいですが、こんな状況になっているとは知らなかった方も多いことでしょう。

大手銀行などは、自主的に限度額の引き締めなどが行われていますが、その一つとして多額の融資が対象になるまとめローンの一時休止が決まったようです。すべての銀行ではないのですが、全国的に申し込みができない雰囲気になっています。

銀行カードローン審査に通過した人は良い

とはいっても、銀行カードローンができる人は良いでしょう。
少なくとも低金利のキャッシングができ、ステイタスもあります。
その上、まとめローンの商品も、もとは低金利のものでした。

審査内容は、“銀行カードローン審査”に通過した方が限定で、その中でもブラックではない、信用情報に一つの事故情報がないことが前提です。パートやアルバイトは原則審査落ちだったようですが、収入が高い、多重債務の内容が少ないなど完済の可能性が高い方が審査通過になったようです。消費者金融のまとめローンよりずっと低金利でしたから、人気がありました。

消費者金融のまとめローンは審査が多少甘い

この多少甘いと言うのは、ほとんど銀行のまとめローンの審査内容と同じだからです。
フリーローンと違い、収入の安定はもちろんですが、多重債務の額が多すぎても審査落ちです。
返済能力は、どのくらい収入があり返済負担率などの計算で、低所得のまとめローンは厳しいです。

金融機関にとっては、まとめローンは回収率が低いとされるリスクがあります。
また、金利も低い設定になることで、あまり積極的ではないと言われています。

力を入れていますという消費者金融もありますが、実は大したことはないでしょう。申し込みをしたとしても簡単に審査落ちになってしまいますし、返済能力の審査は一段と厳しいです。
事故情報があるとNGですが、消費者金融全体で低金利になる借り換えの宣伝はあまりないです。
フリーローンほど力を入れていないのは、回収不能になることを回避したいためのようです。

大手消費者金融のまとめローンはなかなかきびしいいよ

キャッシングは簡単にできる時代になりました。
原則多重債務を禁止していない消費者金融では、総量規制範囲内の借り入れは自由です。

申込者は、信用情報で金融事故、ブラックリストではない限り、いくつかの金融業者殻の借り入れができます。ところが、ある時、まとめローンの商品を見つけたとしたら…。

まとめローンの魅力

多重債務の必要性としては、1つの消費者金融でキャッシングをしていたけれど、他社のカードローンも欲しくなった、無利息キャッシングができた、たまたま。などあまり深い意味がないことが多いです。

違い消費者金融のキャッシングでは、金利も返済日もバラバラで、なんとかしたいと思っている方もいることでしょう。まとめローンは、文字通り1つのローンにまとめることです。
そして、注目は金利で、各消費者金融のフリーローンと比較をしても低いのが特徴です。
その理由の1つは、100万円を越えるキャッシングでは、利息制限法で法定利息が下がります。
あとは、金融業者独自で数%を下げて商品化しています。

借り換えでお得

まとめローンの借り換えは、返済専用と元金だけの借り入れで現金が振り込まれる場合があります。

消費者金融Aでは、消費者金融で借入先に完済をして、その分のキャッシングをまとめローンとします。消費者金融Bでは、多重債務の元金のみのキャッシングになり、各金融業者には自分で完済することになります。この場合、使ってしまって完済しない場合、フリーローンの金利になります。

完全な違反行為です。
ここは自己責任ですが、完済してくれる借り換えは、まとめローンでも返済専用になります。
キャッシングではないのですが、今までより、毎月の返済負担が小さくなって行く魅力的な内容です。

簡単に審査は通さない

総量規制対象外のまとめローンの審査は厳しいです。借入額が大きいほど、金融業者のリスクは大きく、返済専用にしても完済できる保証が信用情報などで裏付けができる方限定になります。

審査通過率は低く、簡単に審査は通らないです。審査のポイントになるのは、勤続年数と年収です。特に、フリーローン以上に勤続年数はチェックされて、長く勤めていて。これからも退職しないだろうという職種が有利です。

パートやアルバイトは、申込対象とはなっていますが、実際には借入額が大きい、勤続年数が少ないなどで審査落ちになることが多いです。フリーローンよりも長い返済期間になることが多いため、確かに返済ができる無事を独自審査で判断します。

フリーローンように簡単に申込みができるものではないと言うは確かです。
申込者にとって魅力なものは、提供する金融業者にとっては、リスクを伴う場合が多く、審査で引き締めることが多いです。

金利面でもまとめローンは魅力、でも注意点がある

キャッシングもカードローンも銀行は低金利で限度額も大きいです。消費者金融は貸金業者としてキャッシングではおなじみですが、銀行カードローンの法が何かにつけて魅力は大きいです。
しかし、審査面では、銀行ではなかなか通過が出来ず、結局消費者金融でのカードローン、キャッシングになってしまう方は多いです。

まとめローンも同じ

フリーローンとは違い、多重債務を1つのローンの借り換えをするまとめローンは、フリーローンより低金利の商品です。借入先に完済した後の返済専用の貸付もあり、キャッシングとして借り入れができない場合があります。

お金が欲しくてまとめローンではなく、本来の目的は返済負担を小さくするためのものです。
できるだけ金利が低いものを選択することが必要です。
銀行でダメなら、消費者金融の申込みができます。

消費者金融のまとめローンで気をつけたいこと

少額のまとめローンはフリーローンと金利が変わりません。
これは、せっかくの借り換えが無駄になることを意味しています。
金融商品の金利の書き方とした、一律◯%ではなく、◯%~◯%となっています。

高額ほど低い金利です。ですから、消費者金融でのまとめローンは、本当にある程度借入額が多くなければ、その恩恵はないということになります。

商品内容を確認して、今、まとめローンをすると何%になるかをわかってからの申込みが必要です。返済負担が同じならわざわざ行う必要はないです。

多重債務の内容で、銀行カードローンの分はまとめローンの対象外です。
総量規制対象外の銀行カードローンは、消費者金融のまとめローンでも対象外になります。
ですから、消費者金融A、銀行カードローンBのまとめローンの場合、2つのまとめローンはできないことになります。

消費者金融ではここを注意する必要があります。金利と銀行カードローンの存在で、まとめローンそのものに申込みをすること事態マイナスになることがあります。

銀行カードローンがどうなる?

銀行のキャッシング事情が変わろうとしています。金融庁の通告より、キャッシングの限度額の抑制の要請があったことで、現在はまとめローンの申込みができないところが多いです。

低金利の魅力はありましたが、消費者金融にしてみればやっと横並びになるということです。
元々銀行カードローンの審査は厳しいですが、商品全般は金利が低いものばかりでした。
収入が安定していて高い方対象の商品ばかりでしたが、ここにきて。審査基準の見直しが検討されています。

消費者金融のまとめローンが借りやすいとされてきたのは、審査基準が少し低いからですが、フリーローンの審査に比べると断然厳しいです。総量規制対象外というだけでも、よほどの安定収入が必要で、ブラックは原則審査落ちです。

中小消費者金融のまとめローンは気をつけて

まとめローンは審査の甘い中小消費者金融でもあります。審査の甘いと聞いて、断然審査通過率が高くなるのは予想通りで、比較的簡単に契約ができます。

中小消費者金融のまとめローン

中小消費者金融のフリーローンは、大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの方でも借りられる、ブラック対応の金融業者として知られています。実際にホームページなどに、他社で断られた方、自己破産者、任意整理返済中の方も相談に乗りますとあります。

これで、金融庁に届け出をしている正規金融業者ですが、総量規制範囲内であれば、ブラックでも借りられるとされています。

この中小消費者金融のまとめローンですが、審査は甘いです。
金利に関しては、大手消費者金融と同様に100万円以上の場合は、15%の金利になります。
実は、大手消費者金融も中小消費者金融もまとめローンはあまり差がないのです。

フリーローンの情報では、中小消費者金融は金利が高いとされていますが、まとめローンは大した変わりはないです。返済専用のまとめローンなどでは、大手消費者金融よりも金利が低い商品もあります。

まとめローンに申込みをする前に

フリーローンとは違い、借り入れ金額が大きく、返済期間が長いまとめローンは1%でも金利は低いほうが良いです。

そして、数字で15%と12%では3%も違うのですが、返済期間が長いと差がなくなっていきます。これが、15%と7%ですと大差はありますが、数%の差は返済期間が長くなると反対に総返済額が多くなります。

ということは、毎月の返済負担だけを軽減するためなら、中小消費者金融などのまとめローンも良いでしょう。総返済額が大きくなったとしても、完済記録ができ、ブラックにもならないのです。ここは割り切りで、返済負担が大変すぎる場合は、債務整理も検討されます。

多重債務者の大きな悩み

特に、中小消費者金融のまとめローンと債務整理と比較されることが多いです。
総返済額が多くなっても完済にこだわるのなら、まとめローンですが、ブラック対応の中小消費者金融でも返済能力が低い方は審査落ちです。ブラックでも難しい場合があります。

反対に、超ブラックでもフリーローンではなく、まとめローンの審査に楽々通る場合もあります。それは良いと思うのは早計で、ここは闇金です。総返済額が多くなることを見込んで、総量規制対象外として多額の借り入れを進める金融業者もいます。

まとめローンは毎月の返済負担を小さくすることができます。返済期間が少しだけ長くなる程度のものであれば、メリットはありますが、返済期間の長期化はどうしても不利です。

そうなると、ブラックリスト覚悟の債務整理がお勧めな方もいます。
闇金のうまい話には乗りませんように。