おまとめローンの審査に落ちたら債務整理という選択肢

おまとめローンは、多重債務者の方にとって魅力的な商品といえるでしょう。借り入れ先が一カ所になり、多くの場合は金利が少なくなるからです。

しかし、消費者金融やカードローンで借り入れをするときと同様に申し込みをしたら審査が行われ、通った人のみが一本化できるようになります。銀行や大手消費者金融は審査が最も厳しく、中小消費者金融なら甘いともいわれていますが、場合によっては全て断られてしまうかもしれません。

多重債務者の方は、決しておまとめローンしかいい方法がないというわけではありません。困ったときは他にも選択肢を広げてみるのも一つの方法でしょう。その一つが、債務整理です。債務整理は最終手段というイメージがあるかもしれませんし、確かに信用情報にそのことが登録されてしまいます。

信用情報は永遠に記録が残されるわけではありませんが、登録されている間は新規で借金をしたり、自動車ローンや住宅ローンを組むことができなくなるなどのデメリットが発生します。その反面、債務整理をすることにはおまとめローンを利用するよりも有利なメリットもあります。

債務整理を始めると、利息制限法に従って引き直し計算というものが行われます。高金利で借金をしていた場合は、引き直し計算をすると返済金額が割安になる場合があります。過払い金があれば返ってきますので、ないつもりだったお金が戻ってきます。

おまとめローンを利用するとその前より金利が低くなることが多いのですが、債務整理なら原則的に金利が0%になります。ほとんどの債務整理をした方は、約3年を目安に借りたお金が長期分割されるので、困難だった返済が可能なものになっていきます。融資を受けたら利息をつけて、借りたお金より上乗せした金額を返すものです。債務整理は、借りた金額だけを返済できればいいので、わずらわしかった金利分に泣かされることがなくなります。

多重債務者の方にとってメリットが多い債務整理ですが、申し込む前にやはり慎重にならなければいけないのが信用情報に登録されることです。信用情報は、通称ブラックリストです。信用情報に掲載されたらどのようなリスクがあるのかを知り、債務整理を行った場合に得られるメリットとどちらを選ぶべきか、じっくり検討してみてください。