おまとめローンと総量規制

消費者金融系のおまとめローンは、総量規制対象のキャッシングのみに有効です。
ですから、銀行カードローンを含む多重債務者は含まれません。

総量規制の範囲

貸金業法の定める総量規制は、キャッシングならなんでも含まれません。
消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠が主なものです。

銀行カードローンは銀行法のキャッシングですから、おまとめローンの中に入れることができません。ですから、現在金融業者で消費者金融と銀行のキャッシングをしている場合、合算で一本化することが不可能です。ただし、クレジットカードのキャッシング枠との合算はできます。

総量規制と銀行カードローン審査

では、消費者金融の総量規制限度額に達したから、銀行カードローン審査に通るか?というと、それもできません。多重債務になることで、審査に落ちる可能性が高いです。それぞれ法律が違う貸金業者ですが、多重債務となると信用情報の確認により、より審査が厳しくなります。

おまとめローンにしても、借入情報から行くと、高い返済能力が求められ、フリーローンよりも審査は一層厳しいものなります。

中小消費者金融のおまとめローン

審査の甘い金融業者の中小消費者金融にも、おまとめローンは存在しています。こちらは消費者金融ですから、おまとめローンの対象になりますし、大手消費者金融との借入額との合算で融資もできます。

審査が大手よりも甘いことで、簡単に審査通過できる方も多いのは確かです。中小消費者金融としても、高い返済能力があれば、大手消費者金融の多重債務のおまとめローンは歓迎です。ここで借りる事ができれば、返済日一日で、毎月の負担も小さくできますよ、と言われることも多いです。

保証会社では、高い返済能力に対しては、総量規制対象外の高額な借入額は歓迎です。信用情報機関に多少の金融事故があった方でも、審査基準をクリアするものであれば利用することができます。

中小消費者金融でもカードローンができる場合もありますが、おまとめローンは返済専用ですからカード発行なしの貸付証券です。振込キャッシングでもなく、完済した金額に利息を足したおまとめローンを返済していくだけです。

では、中小消費者金融のおまとめローンにしよう

シミュレーションをしてみてからの検討をおすすめします。
消費者金融側としては、完済見込みがある利用者に対しては、強く勧めることも多いです。

ただ、借入額は借金の合算ですが、問題は金利です。
今の多重債務以上の中小消費者金融の金利負担であるのなら、メリットは少ないです。

多重債務の解消+金利負担の減少がおまとめローンのメリットですが、大手消費者金融の多重債務が中小消費者金融のおまとめローンになることで、金利負担が大きくなってしまうことは返済総額の増加ということになってしまいます。ですから、簡単に决めないほうが良く、中小消費者金融の勧めにも検討する時間を設けたほうが良いです。